トロント=アイナル・エルデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ノルウェーの旗 ノルウェー
男子 ノルディック複合
オリンピック
1992 Albertville 3 x 10km team
ノルディックスキー世界選手権
1989 Lahti 15km individual
1989 Lahti 3 x 10km team
1993 Falun 3 x 10km team
1999 Ramsau 4 x 5km team
1993 Falun 15km individual

トロント=アイナル・エルデン(Trond Einar Elden、1970年2月21日 - )はノルウェーヌール・トロンデラーグ県Namdalseid出身の元ノルディック複合クロスカントリースキー選手。兄のBård Jørgen Eldenも元ノルディック複合選手。

プロフィール[編集]

1989年、19歳の誕生日を目前に控えたエルデンは世界選手権フィンランドラハティ)で個人、団体の2冠に輝いた。続くジュニア世界選手権でも金メダルを獲得。ワールドカップでも2勝をあげて総合6位となった。

1989年と1991年のホルメンコーレン大会ノルディック複合で優勝、1991年にはホルメンコーレン・メダルを獲得した(ベガール・ウルバンエルンスト・フェットーリイェンス・バイスフロクと同時受賞)。

1992年アルベールビルオリンピックで団体銀メダルを獲得、1993年の世界選手権では個人銅メダル、団体銀メダルを獲得した。 ワールドカップ総合では1990-1991シーズンの3位が最高位である。

エルデンはジャンプよりもクロスカントリーを得意とし、実に42回クロスカントリーで首位となっている。 その走力を生かし2000-2001シーズンからクロスカントリー専門に転向、おもにスプリント種目で活躍しこのシーズン種目別総合で5位となった。

2004年にはw:en:Egebergs Ærespris(ノルウェー人で複数のスポーツにおいて優秀な成績を残した選手に贈られる賞)を受賞した。

2005年1月に現役引退、複合のノルウェーナショナルチームコーチを務めている。

外部リンク[編集]