楊洲周延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楊洲 周延(ようしゅう ちかのぶ、天保9年8月8日1838年9月26日〉 - 大正元年〈1912年9月29日)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

歌川国芳三代歌川豊国及び豊原国周の門人。姓は橋本、通称は作太郎、は直義。楊洲、楊洲斎、一鶴斎と号す。

越後国高田藩(現新潟県上越市)江戸詰の下級藩士橋本弥八郎直恕(なおひろ、家禄5石6斗2人扶持)の長男として生まれる。弥八郎は中間頭を務め、目付を兼任した。文久2年(1862年)の記録によれば、25歳の周延も「帳付」という役職についている[1]

嘉永5年(1852年)15歳で国芳に絵を学び、安政2年(1855年)頃から三代目豊国につき、二代目歌川芳鶴、一鶴斎と称して浮世絵師となった。その後、豊原国周門下に転じて周延と号した。周延の作画期は文久頃から明治40年(1907年)頃までの約45年に及んだ。周延は3枚続の風俗画を得意とし、美人画に優れていた。

慶応元年(1865年)、幕府の第二次長州征討に従軍。慶応3年(1867年)橋本家の家督を相続した。幕末の動乱期には高田藩江戸詰藩士が結成した神木隊に属し、慶応4年(1868年)5月上野彰義隊に加わる。8月朝日丸品川沖を脱走、すぐに長鯨丸に乗り換え、11月北海道福島に上陸、陸路で箱館を目指し、翌1月5日亀田村に到着。榎本武揚麾下の滝川具綏指揮第一大隊四番小隊のもとで官軍と戦ったが、3月の宮古湾海戦において回天丸に乗り込み重傷を負う。戊辰戦争終結後に降服、未だ傷が癒えていなかったので鳳凰丸で明治2年(1869年)8月に東京へ送られ、高田藩預かりとなった。故郷の高田で兵部省よりの禁錮50日、高田藩から家禄半知または降格、あるいは隠居廃人の処分を受けた後、いつ頃かは不明だが東京に戻り、以降は作画に精励した。

当初は武者絵や「征韓論之図」、「鹿児島城激戦之図」などといった西南戦争の絵を描いて評判を取る。明治15年(1882年)には橋本周延として第1回内国絵画共進会に出品した作品が褒状を受けている。また、明治17年(1884年)の第2回内国絵画共進会では「人物」、「景色」が銅章を受けている。明治28年(1895年)から明治30年(1897年)にかけて、江戸っ子が知らない江戸城の「御表」と「大奥」を3枚続の豪華版の錦絵で発行、江戸城大奥風俗画や明治開化期の婦人風俗画などを描き、江戸浮世絵の再来と大変な人気を博した。代表作として「真美人」大判36図、「時代かがみ」、「大川渡し舟」などの他、「千代田の大奥」107枚、「千代田の御表」115枚、「温故東之花」などの江戸時代には描くことができなかった徳川大奥や幕府の行事を記録したシリーズ物は貴重な作品として挙げられ、特に「千代田の大奥」は当時ベストセラーとなった。明治30年の第一回日本絵画協会共進会に出品し、三等褒状を受けている。

また明治維新後は、「外国と対等に付き合うには女性も洋服を着なければならない」と公の場では華族や新政府の高官の夫人、令嬢は華やかなロングドレスを身に纏うようになった。周延は、女性の注目を集めたこのニューファッションを取上げて錦絵に描いた。例として「チャリネ大曲馬御遊覧ノ図」や「倭錦春乃寿」、「女官洋服裁縫之図」などといった宮廷貴顕の図があげられ、周延はこれらも多く描いている。これにより、周延は明治期で人気一番の美人画絵師となっている。ただしこの文明開化の新時代に浮世絵に描かれた女性たちは、その髪型や着るものは新しいデザインであっても、その容貌は未だ江戸美人のままであった。美人画以外にも子供絵歴史画役者絵挿絵などの作品があり、周延の錦絵の作品数は錦絵820点、版本30種[2]と多数に上り、数少ない優れた明治浮世絵師の中においても屈指の人であった。門人には楊斎延一吉川霊華鍋田玉英らがいた。

大正元年(1912年)9月29日、胃がんにより死去[3]。享年75。墓所は台東区無縁坂の浄土宗講安寺であったが、豊島区雑司が谷の雑司が谷霊園に移された。法名は覚了院直誉義誓居士。

作品[編集]

錦絵[編集]

  • 千代田の大奥」 大判 東京国立博物館所蔵
  • 「千代田の大奥」 静岡県立中央図書館所蔵
  • 東京不忍大競馬之図」 東京国立博物館所蔵
  • 天皇陛下御幸図 東京国立博物館所蔵
  • 「十二ひと絵」 静岡県立中央図書館所蔵
  • 「倭風俗」 静岡県立中央図書館所蔵
  • 「日清戦争」 国立国会図書館所蔵
  • 「貴顕舞踏の略図」 大判3枚続 神戸市立博物館所蔵
  • 「鹿児嶋戦記」 早稲田大学図書館所蔵 明治10年(1877年3月23日
  • 「鹿児嶋征討」 国立国会図書館所蔵 明治10年(1877年)
  • 「征韓論之図」 国立国会図書館所蔵 明治10年(1877年)
  • 「雪月花」 静岡県立中央図書館所蔵 明治17年(1884年
  • 「東錦昼夜競 玉藻前」 浮世絵太田記念美術館所蔵 明治19年(1886年) 浮世絵の題字は「昼」の旧字体「晝」となっている
  • 「東錦昼夜競」 静岡県立中央図書館所蔵 明治19年(1886年)
  • 「東錦昼夜競」 山口県立萩美術館・浦上記念館所蔵 明治19年(1886年)
  • 「鬘附束髪図会」 静岡県立中央図書館所蔵 明治20年(1887年
  • 「欧洲管弦楽合奏之図」 浮世絵太田記念美術館所蔵 明治22年(1889年
  • 「温故東の花 第三篇 旧幕府御大礼之節町人御能拝見之図」 浮世絵太田記念美術館所蔵 明治22年(1889年)頃
  • 「江戸風俗十二ヶ月之内」 静岡県立中央図書館所蔵 明治22年(1889年)
  • 「東風俗福つくし」 国立国会図書館所蔵 明治22年(1889年)
  • 「東風俗」 静岡県立中央図書館所蔵 明治23年(1890年
  • 「女礼式」 静岡県立中央図書館所蔵 明治23年(1890年)
  • 「幻燈写心競」 山口県立萩美術館・浦上記念館所蔵 明治23年(1890年)
  • 「二十四孝見立画合」 静岡県立中央図書館所蔵 明治24年(1891年
  • 「倭風俗」 静岡県立中央図書館所蔵 明治25年(1892年
  • 「見立十二支」 国立国会図書館所蔵 明治26年(1893年
  • 「徳川時代貴婦人の図」 静岡県立中央図書館所蔵 明治27年(1894年
  • 「日本名女咄」 山口県立萩美術館・浦上記念館所蔵 明治27年(1894年)
  • 「四季の詠」 国立国会図書館所蔵 明治27年(1894年)
  • 「あつま」 静岡県立中央図書館所蔵 明治29年(1896年
  • 「時代かがみ 明治 慈善会」 浮世絵太田記念美術館所蔵 明治30年(1897年
  • 「千代田之御表」 静岡県立中央図書館所蔵 明治30年(1897年)
  • 「雪月花」 国立国会図書館所蔵 明治33年(1900年

肉筆浮世絵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 周延の出自については江戸幕府御家人であると広く流布されているが、上越市立高田図書館所蔵の高田藩の分限帳「江戸役録(禄)帳」文久2年(1862年)頃の項目に帳付・橋本作太郎の名があり、御家人説は誤りだと考えられる。また、天保15年(弘化元年〈1844年〉)中とされる「高田江戸分限帳」中にある「江戸三屋敷分限帳」に、父橋本弥八郎の名があり江戸中屋敷勤めであったと考えられる。
  2. ^ 吉田漱・千頭泰共編 「揚州周延論・同錦絵目録〈未定稿〉」「揚州周延・錦絵目録〈2〉」、『季刊 浮世絵』43,44号所収、画文堂、1970,71年
  3. ^ 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、95頁

参考文献[編集]

単著
論文

関連項目[編集]

外部リンク[編集]