板倉光馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板倉 光馬
Daigo Tadashige with I-36 Kaiten crew.jpg
後列左端が板倉
(回天轟隊隊員との記念写真)
生誕 1912年11月18日
死没 2005年10月24日(満92歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1935 - 1945
最終階級 海軍少佐
除隊後 海上自衛隊幕僚技術部
三菱重工業神戸造船所
テンプレートを表示

板倉光馬(いたくら みつま、1912年(大正元年)11月18日 - 2005年(平成17年)10月24日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少佐[1]福岡県小倉市(現、北九州市)出身。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

3人兄弟の次男。当初は画家を志していたが、関門海峡を通過する聯合艦隊の美しさに魅せられ、海軍兵学校に志望を変更したという。旧制福岡県立小倉中学校より海軍兵学校の第61期に入校した。卒業席次は116名中7位。士官候補生時代には問題児として名を馳せ、遠洋航海時には始末書を8枚という記録を作った。一方では、誰もが調査を諦めた訓練時のトラブルの原因を、根気よく調べ続けてついにつきとめるといった功績も残している。

1935年(昭和10年)少尉任官。戦艦「扶桑」乗組。続いて重巡洋艦「最上」乗組。この時第四艦隊事件に遭遇する。また、上陸時の帰艦時刻にルーズな高級士官の行状に憤り、酔った勢いも手伝って帰艦してきた艦長鮫島具重大佐を殴りつけ、鮫島大佐の温情でかろうじて重巡洋艦「青葉」への転勤で済まされている[2] 。この間に潜水艦志望の意を固める。

1936年(昭和11年)中尉昇進、伊68号潜水艦、空母「加賀」、駆逐艦「如月」で勤務。「如月」で急性胃潰瘍を患い一旦は佐世保で入院を命じられたものの、ビールを瓶1ダース飲んで完治を確認、第59回遠洋航海に練習艦「八雲」主任指導官付として乗組(ただし、酔って「八雲」の来客用洋食器を全て叩き割る騒ぎを起こし、教官不適とされる)。

1939年(昭和14年)、伊5号潜水艦を経て水雷学校高等科学生を首席[3]卒業。呂34号潜水艦勤務の後、1940年(昭和15)潜水学校乙種学生。卒業論文では「潜水艦の防水対策」をテーマとし、区画ブローを中心とした効率的なダメージコントロールを提案した。これは後に高く評価され、潜水艦の応急処置として正式採用されている。そのほかにも上官が「おまえのような強情な部下は初めてだ」と言われると、「失礼ながら、あなたのような人が上官に居ては今後の潜水艦作戦がダメになる」と言い放ち、大目玉を食らう[2]など、逸話も多い。

太平洋戦争[編集]

潜水学校を卒業の後、1941年(昭和16年)11月、伊号第169潜水艦水雷長兼分隊長。その後先任将校として、12月8日の真珠湾攻撃に参加。駆逐艦攻撃に失敗し反撃され損傷。その後防潜網にかかり海底に沈下、哨戒艇にも発見されながらも、間一髪で真珠湾を離脱した[2]

1942年(昭和17年)1月にはミッドウェー方面で通商破壊に従事、ただし戦果に恵まれず、ミッドウェー島の米軍基地を砲撃後日本帰還。同年5月、ミッドウェー海戦の支援のため同海域に展開。7月以降ヌメア方面を始めとするオーストラリア方面通商破壊作戦を行った。

1943年(昭和18年)3月、潜水学校甲種学生を経て伊号第176潜水艦艦長に就任。だが着任前にラエで伊176潜が米軍の執拗な爆雷攻撃により損傷したため、日本まで回航後、同4月伊2潜艦長。5月にはケ号作戦(アリューシャン方面の戦い)のためにアリューシャン方面に向かい、キスカ輸送を2回、及び撤収作戦(アダック島付近での気象通報)に参加[2]。このとき隊内で発生した水難事故を契機に、艦内の酒をすべて処分しようとして、乗員と共に艦内の酒を飲み尽くした。しかし当の板倉が泥酔し、甲板から立ち小便の最中に0度近い水温の海に落下し気絶。見張り勤務の部下に救出され、甲板上で蘇生措置を受けて九死に一生を得た。板倉は一生一代の大恥としているが、逆に「不死身」のあだ名を奉られる[2]

同年6月、少佐昇進。10月以降は再度アリューシャン方面にて通商破壊戦に従事。輸送船1隻撃沈(ただし米側に該当船舶なし)。同年12月に伊41潜に移り、ラバウル方面での作戦輸送任務を命じられラバウル移動。途中で肉薄してきたB-24の爆撃に対して、B-24に逆に帽子を振れと部下に命令することによって、味方と誤認させることにより回避に成功[2]

1944年(昭和19年)1月より4月まで、ラバウルで輸送任務。その間、スルミに1回、ブーゲンビル島ブインに3回の輸送を行った[2]。ブインへの回数が多いのは、ぜひ伊41号潜水艦をという第八艦隊司令長官・鮫島具重中将(かつて板倉が殴った「最上」艦長)のたっての希望による(この時板倉は鮫島に手土産としてウィスキーを届け、鮫島は戦後その空き瓶を持って日本に帰還。死ぬまで大事にしていたという[2])。さらに、ラバウル撤収における第7潜水戦隊司令部要員をトラックへ輸送後、同年4月、内地に帰還。同じ任務に当たった潜水艦が次々と撃沈または消息を絶つ中、これだけの成功をおさめたのは、米軍のレーダー探知に対抗するため、昼間は水上航走、夜間に潜航という、従来の潜水艦の警戒方法とは逆のパターンを取ったためと言われる。

帰還後は、海軍が開発した水陸両用戦車特四式内火艇を使った特攻作戦「竜巻作戦」の支援を命じられるが、特四式内火艇の完成度が低く、実用に耐えないと判明したため作戦は中止された[2]

同年5月にはあ号作戦支援のため出撃、アドミラルティ付近を始め各所を点々とするが、戦果はなく、グアム島の不時着搭乗員を収容の後、6月に内地帰還。

同年8月、第一特別基地隊参謀兼大津島分遣隊長。回天隊水雷参謀兼指揮官として、発案者である黒木博司中尉、仁科関夫少尉と共に回天隊の立ち上げに当たる。その後終戦まで、回天隊指揮官として、訓練、出撃、整備など現場の管理統括を行った。この間、ずっと自らも出撃を希望し続けていたが遂に叶わず、また、終戦時には自決を企図したが説得されて回天隊の戦後処理に当たった。

戦後[編集]

戦後は海上自衛隊幕僚技術部、三菱重工業神戸造船所勤務。

1963年(昭和38年)4月、海上自衛隊潜水艦はやしおの深々度公試で操艦を指揮。

人物像[編集]

厳しい鬼指揮官、鬼参謀と言われたが、人情味があったと言う部下の談話も多い。なお、回天隊の指揮官を務めていた時は「一度死を本気で決心した後、生の喜びを味わい、「生きている事の本当の意味」が解った者に、再び死の覚悟をさせるのは余りにも残酷すぎる」と言う理由で「不可避の理由により、出撃が不成功に終わったものは、以降の特攻を免除する」との指示を出している。しかし、黒木らの強い希望を入れたことで慣例ができ、再度の出撃が暗黙に強制された。彼はこのことを後悔していた。

頭脳明晰で、夫人が語るところによれば「秋山真之の再来」などと言われたこともあったという。また努力家で研究熱心でもあり、常に独自の創意工夫を重ねて任務の達成に努めていた。

一方では非常識な程の大酒飲みで、同僚などの間では「酒乱」ともっぱらの評判であった。夫人との縁談の時にも一度は「酒乱だそうですから」と断られたという逸話がある。任務中には酒を口にすることはなかったが、酒に関しては種々の失敗談を残している。

軍人としての能力、才能は誰もが高く評価するが、激しい気性と、正しいと考えることを横紙破りとも言える強さで押し通すやりかたは好悪が分かれた。特に回天指揮官時代については、兵学校出身などのいわゆる生粋の軍人は板倉の立場に理解を示し、またその人間性や手腕を讃えているが、学徒兵などからは、高圧的で我が強く、自分の事を棚に上げて相手構わず無理を強制する典型的な「戦争末期の軍人」と受け取られていたようである。

自らも出撃を望みながら果たせず、終戦まで指揮官として回天隊を指揮したが、敗戦を迎えてそれら全てが無駄となった時、多くの若者を死に送り込んだ事、そして自分が生き残った事について板倉が何を考えたかについては、著書では全く触れていない。

戦後、海上自衛隊設立時に幹部としての招聘を受けた際、「特攻が戦争犯罪のように扱われているこの時に、回天指揮官という立場の者が自衛隊に入るべきではない」という夫人の強い反対により入隊を断念している。だが一方では「自分の指揮下、自分の指示によって、死地に追いやろうとした人達に対して、もう一度指揮官として顔をあわせられるものではない」と言っていたという話も伝わっている。

年譜[編集]

主要著述物[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『不沈潜水艦長の戦い』著者略歴、『艦長たちの太平洋戦争』408頁
  2. ^ a b c d e f g h i 板倉光馬 あ丶伊号潜水艦 : 海に生きた強者の青春記録 光人社
  3. ^ 『日本陸海軍総合事典』640頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]