佐藤秀峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐藤 秀峰
生誕 1973年12月8日(41歳)[1]
日本の旗 日本北海道[1]
活動期間 1998年(平成10年) -
代表作 ブラックジャックによろしく
受賞 第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞(「ブラックジャックによろしく」)
テンプレートを表示

佐藤 秀峰(さとう しゅうほう、1973年12月8日[1] - )は、日本漫画家北海道[1]中川郡池田町出身。東京都武蔵野市在住[2]札幌市立手稲宮丘小学校札幌市立宮の丘中学校北海道札幌西高等学校卒業、武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。漫画家の佐藤智美は元妻[3]2013年にブログにて、元妻へのインタビューというかたちで、自身の「不貞行為」による離婚を報告して話題になった。

左利き。幼少の頃から絵を描くのが好きだった。大学在学中より漫画家を志し、福本伸行高橋ツトムアシスタントを経て1998年週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。インタビュー等で「漫画やアニメを見る様な趣味らしい趣味は無い」と述べたように、人物の顔面筋肉や皮膚の弛みなどを省略せずに生々しく描くのが画風の特徴として挙げられる。「ブラックジャックによろしく」では悶絶する患者を麻薬中毒者の様な表情で描く事から暗く沈んだ画風とも言える。

2002年、『ブラックジャックによろしく』で第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。

略歴[編集]

執筆条件・権利問題に関する言動[編集]

  • 「ブラックジャックによろしく」は、当初『モーニング』で連載され単行本も講談社から刊行されていた。その後、休載をはさんで『ビッグコミックスピリッツ』で「新ブラックジャックによろしく」となって連載が再開されて、単行本も小学館から刊行されることになった。この経緯について佐藤は、公式サイトの「プロフィール」で漫画にしており、「原稿料の増額交渉」「作品の二次使用権の無断許可」「編集部の取材資料の誤り」「ネーム(セリフ)の無断改変」など数々のトラブルの末に「モーニング編集部への不信感が頂点に達した」としている。漫画家が出版社とのトラブルを公にしたとして話題になった[5][6]
  • 2009年4月4日、公式サイトで漫画家の内情を公開した[7]。また、これからはインターネット上で漫画を連載していく考えがあることを述べている[8]
  • 2011年3月30日、原作を担当した漫画「ボクマン」について、作画担当の一色登希彦とお互いの権利や、制作方法について、双方が合意できる着地点が見つからなかったため、原作を降板。3話で連載終了が決定した[9]
  • 2011年12月22日、書籍の自炊問題については「自分の著作は自由に自炊も代行もしてもらって構わない」と述べた[10]
  • 2012年10月、漫画onWebにおいて「ブラック・ジャックによろしく」が全巻無料ダウンロードが開始された。
  • 2012年10月26日フジテレビとの絶縁をTwitterで宣言。以前より「アポ無しで取材に押しかけられる」「自宅周辺を張り込みされ、外出もままならない状態にされる」など、様々な問題を起こされたことから取材拒否の姿勢を取っていたが、同局のチーフプロデューサーが謝罪したことから一時は和解した。しかし、映画『海猿』の関連書籍を許可無く出版されたことでついに業を煮やし、正式に絶縁宣言をするに至る。同時に「なので、映画『海猿』の続編などは絶対にありえません」と、大ヒットシリーズであっても一切容赦せず、版権を許諾しないことを宣言した[11]。さらに「ニコニコ動画」でもこの一件について動画メッセージを寄せ「映画の契約はしっかりしており、ロイヤリティもきちんと受け取っている」と、映画製作部門のスタッフのフォローはしつつも「報道に対しては本当にクソみたいな会社ですし、すぐになくなってほしいと思います」「映画のファンの方には非常に申し訳ないなと思いますが、僕もそういうところ(映画製作以外の部分)を“なあなあ”にして今後ビジネスはしていけないのでお付き合いできない」とコメントしている[12]
  • 2013年2月18日、Twitterで「知らない人からメールや手紙をいただいたり、飲み会に呼ばれて行ったら、どこぞの社長がいて「私がフジテレビとの仲介をしてあげよう」みたいのがすごく多いのですが」と明らかにし、「フジテレビとは二度と仕事をしません」と、改めて宣言した[13][14]
  • 2014年3月7日、ブロマガ「少年 佐藤秀峰」で、自身が表紙画を描いた堀江貴文の小説『拝金』、『成金』の2冊がゴーストライターの筆によるものであることを明かし、「僕としては、自分の著作ではないとは言え、自分が関わった仕事でそのような事実があったことを、非常に恥ずかしく思っております。当時、担当編集者からは「小説の世界ではよくある制作手法で、何ら恥ずべきことだとは思っておりません」と言われましたが、やはり恥ずべきことであろうと感じます。また、それを知りながら読者の皆様に今まで何も申し上げなかったことについて、深く反省するとともに心よりお詫び申し上げます」と謝罪した[15]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

エッセイ[編集]

漫画原作[編集]

表紙画[編集]

人物関係[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 佐藤秀峰. “佐藤秀峰|漫画 on Web”. 有限会社 佐藤漫画製作所. 2013年2月11日閲覧。
  2. ^ 本人Twitterのプロフィールより。
  3. ^ 『ブラックジャックによろしく』作者・佐藤秀峰が出版社移籍の経緯と実情を漫画化”. ニュース-ORICON STYLE- (2009年2月28日). 2009年3月1日閲覧。
  4. ^ 「ボクマン」連載終了。”. 漫画 on Web 佐藤秀峰 日記 (2011年3月30日). 2013年2月19日閲覧。
  5. ^ 「ブラックジャックによろしく」休載の裏側、作者がWeb漫画で告白”. ITmedia News (2009年3月3日). 2013年2月19日閲覧。
  6. ^ なお雷句誠は佐藤とは逆に小学館とのトラブルで講談社に移籍している(詳細はこちら)。
  7. ^ 経費が1800万円!? 人気漫画家が原稿料と印税を暴露!”. 未来検索ガジェット通信 (2009年4月4日). 2013年2月19日閲覧。
  8. ^ 『新ブラックジャックによろしく』が最後の作品になると思います]”. 未来検索ガジェット通信 (2009年4月13日). 2013年2月19日閲覧。
  9. ^ 「ボクマン」連載終了。”. 漫画 on Web 佐藤秀峰 日記 (2011年3月30日). 2013年2月19日閲覧。
  10. ^ 自炊代行について。”. 漫画 on Web 佐藤秀峰 日記 (2011年12月22日). 2013年2月19日閲覧。
  11. ^ 「海猿」佐藤秀峰氏がフジテレビに怒りの絶縁宣言! 「信頼に値しない企業」” (2012年10月26日). 2013年2月19日閲覧。
  12. ^ 『やっぱり「海猿」続編なし! 原作者・佐藤秀峰氏があらためて明かす 「本当にクソみたいな会社」』”. RBBTODAY (2012年11月5日). 2013年2月19日閲覧。
  13. ^ 「海猿」佐藤秀峰氏、フジテレビとの“和解”画策する動きに不快感……「二度と仕事をしません」”. RBBTODAY (2013年2月18日). 2013年2月19日閲覧。
  14. ^ 「海猿」報道についてのご報告”. ブロマガ 少年 佐藤秀峰 (2013年2月19日). 2013年2月19日閲覧。
  15. ^ 堀江貴文氏「拝金」の代筆問題について”. ブロマガ 少年 佐藤秀峰 (2014年3月7日). 2014年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]