自炊 (電子書籍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電子書籍に関する自炊(じすい)とは、自ら所有する書籍雑誌イメージスキャナ等を使ってデジタルデータに変換する行為(デジタイズ)を指す俗語[1]。デジタル化(スキャン)の効率化のために、書籍や雑誌を裁断機ホットプレートアイロン等で分解する行為までを含む。

もともとはP2Pソフトウェアで不特定多数に配布(当然著作権侵害となる)目的で書籍を自身でスキャニングするというネットスラングだった。[2]

一方で自身では器材を揃えず、書籍のデータ化作業を他人である業者に依頼することを「スキャン代行」[3]、「自炊代行」[4]と呼ぶ。

概要[編集]

書籍の電子化の際、データを「自ら吸い込む」ことから「自炊」と呼ばれるようになった[5]

メディアが取り上げる背景としてAmazonKindleやアップルのiPadなどの電子ブックリーダーの登場と、それにあわせて富士通PFU)やキヤノンなどのメーカーが民生向けのドキュメントスキャナを安価に投入するなどの動きにより個人が「自炊」をする際のハードルが低くなったためである。

電子ブックリーダーやパソコンで読める電子書籍の流通量は紙の書籍・雑誌に比べて少なく、こういった機器の一部の利用者は、自ら保有する紙製の本を「自炊」することでPDFファイル等に作り変え、情報の携帯性と永続性[注 1]に加えて保管場所の縮小という利便性を得ている。「自炊」によってオリジナルの本は裁断されるため破棄されることが多いとされるが、ネットオークションでは「裁断済」の本を出品する者もいる[6]

破壊的スキャン[編集]

2010年現在、「ドキュメントスキャナ」などと呼ばれる両面読み取りに対応したフィーダー機構付きのイメージスキャナ(ADFスキャナ)が比較的安価になってきているのでスキャン作業[注 2]は比較的容易になっている。しかし、このADFスキャナは製本された本を直接スキャンすることはできず、本の裁断(分断)作業が不可欠になっている。

裁断(分断)[編集]

分厚い本の背を裁断するための本格的な業務用電動式裁断機は価格や置き場所などから個人保有は現実的ではないが、手動の裁断機やディスクカッターは1万円から数万円程度で購入できるため、このようなものの利用が進んでいる。裁断以外にも、多くの書籍の製本で採用されている背部分の糊(ホットメルト)をアイロンなどの熱で溶かして分断する方法がある。

スキャン[編集]

きれいにスキャンするには紙質による制約や裏写りなども考慮せねばならず、相応の技術を要する。

不得手な対象媒体
折込まれたページ
光沢を持った紙
裏写りするページ
滑りの悪いあるいは滑りすぎる紙質

また、電子ブックリーダーの多くが書籍・雑誌の片面=1ページを主に扱うようになっているため、左右の見開きページによるレイアウト(綴じる側の余白が大きくとってある)は電子書籍にとって読み難くなる傾向がある。

非破壊的スキャン[編集]

書画カメラによる書籍スキャン

書画カメラを使用して、製本された書籍を見開きの状態でスキャンする手法も存在する[7]。この場合はページめくりは自動化されず、その分の手間がかかってしまう。しかし、書籍を破壊(裁断)しないで済むという利点があり、古書のような存在そのものに価値のあるものに対してはこの手法が適用される傾向にある。

「スキャン代行業」の法的問題[編集]

自ら所有する書籍を自分で利用するためにデジタル化する行為(いわゆる「自炊」)は、現時点では著作権法上の問題はないとされている[8]

しかし、自炊増加に伴い登場した新業態の「スキャン代行ビジネス」については、著作権との関連で法律的な議論が発生している[3]

代行したかどうかとは無関係だが、スキャンされたデータはコピーが容易で劣化せず、またインターネットに違法アップロードされる危険があるとして、出版業界には電子書籍化行為のビジネスへの影響を懸念する意見がある。出版業者や作家の一部は、業務として書籍を電子化し、依頼者へデータを譲渡するスキャン代行行為は「複製権」を侵害する行為であり、違法である可能性があると主張している[9][10][11][12]

スキャン代行を拒否することを表明している出版社・著作者の書籍や、権利関係が複雑で表紙と中身が異なることの多い雑誌のスキャンを断る業者もある。

訴訟[編集]

2011年9月5日付で、日本の大手出版社7社(角川書店講談社光文社集英社小学館新潮社文藝春秋)と作家122人はスキャン代行業者約100社に対し、該当する出版社・著作者の自炊代行ビジネスを継続するか否か、私的利用であることをどのように確認しているか、法人からの発注を拒否しているかどうかを問い質す質問状を一斉に発送し、9月16日までの回答を求めた[9][10][3]。質問状に対し一部スキャン代行業者は「あまりにも一方的」などと反発している [注 3]

2011年12月20日、上記質問状の回答を元に作家7人(東野圭吾浅田次郎大沢在昌林真理子永井豪弘兼憲史武論尊)がスキャン代行業者2社を東京地方裁判所に提訴した[13]が、業者廃業に伴い同訴訟は2012年5月22日に取り下げられた[注 4]。再度、2012年11月27日に、スキャン代行業者7社を東京地方裁判所に提訴した[14]。2013年9月30日、「自炊」代行は違法であるとの判決が下った[15]

協会[編集]

2013年3月26日、著作権利者側は、蔵書電子化事業連絡協議会(Myブック変換協議会)を設立[16]

2013年6月3日、スキャン代行側は、株式会社ブックスキャン・山セ・FIVE GIVES・SGIシステムなど4社で、一般社団法人 日本蔵書電子化事業者協会(JABDA)を設立[17]

2013年6月14日、蔵書電子化事業連絡協議会(Myブック変換協議会)と日本蔵書電子化事業者協会の間で、「蔵書の電子化における基本方針」が作られた[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ デジタルデータそのものは紙製の書籍類と異なって経年劣化しないが、データを記録するメディアはCDDVDBDHDDのいずれであってもその寿命は有限であり、データが読み出せなくなる前に新たなメディアへ書き写さないと情報は失われる可能性がある。
  2. ^ スキャン作業によってJPGPDFなどの画像データに変換する。
  3. ^ 2011年9月19日付け朝日新聞(3面(社会面))「本の『自炊』代行対決色」。この記事内の「キーワード説明用囲み記事」:「自炊」には、「語源はデータを自ら『吸い出す』ことに由来する(「炊」は当て字)との説が有力だ。」と掲載されている。
  4. ^ 「自炊」代行訴訟が終結 業者が廃業、作家側訴え取り下げ”. IT Media (2012年5月22日). 2013年6月21日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ Impress PC Watch (2011年2月18日). ““自炊”のための「ドキュメントスキャナ再入門講座」”. 2011年4月15日閲覧。
  2. ^ じすい【自炊】モニ太のデジタル辞典
  3. ^ a b c 西尾泰三 (2011年9月6日). “出版社からスキャン代行業者への質問状を全文公開、潮目は変わるか”. ITmedia. 2011年9月8日閲覧。
  4. ^ 【出版】電子書籍元年2つの落とし子 アップストア海賊版と「自炊代行」業者”. 朝日新聞. www.asahi.com (2011年2月10日). 2011年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  5. ^ 産経新聞 2010年12月6日付 第15面(生活面)「賢く節約 マル得のススメ 蔵書の電子ファイル化」より。
  6. ^ “やじうまWatch 自炊ブームの余波? 裁断済みの書籍がヤフオクで取引中”. INTERNET Watch. (2010年8月18日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20100818_387630.html 2010年11月19日閲覧。 
  7. ^ 裁断なしのデジタルデータ化――お手軽“自炊”スキャナ「Simply Scan A3」を試す” (2011年3月8日). 2013-06018閲覧。
  8. ^ 書籍の電子化、「自炊」「スキャン代行」は法的にOK? ~福井弁護士に聞く著作権Q&A”. インプレス (2010年9月17日). 2013年6月16日閲覧。
  9. ^ a b “スキャンし電子化、「自炊」業者に質問書 作家や出版社”. 朝日新聞. (2011年9月5日). オリジナル2011年9月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110905172604/www.asahi.com/national/update/0905/TKY201109050466.html 2011年9月8日閲覧。 
  10. ^ a b 増田覚 (2011年9月5日). “「書籍の“自炊”代行は複製権侵害」出版社7社と作家122人が業者に質問状”. Impress INTERNET Watch. http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110905_475415.html 2011年9月8日閲覧。 
  11. ^ スキャン代行サービスが、サービス提供者が明らかに使用主体ではなく、そのうえ、著作権法第30条1項1号「公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器を用いて複製する場合」に該当する故、同条が使用者に認める私的使用の範囲を逸脱し、業者の可罰的違法性ならびに依頼主体の違法性が存在するとしている (ITmedia)
  12. ^ 松田政行弁護士は、ソニーロケーションフリーを利用し海外での日本のテレビ番組視聴を可能にするサービスの提供業者が著作権侵害(テレビ放送局が保持する送信可能化権の侵害)に問われたロケーションフリー裁判の最高裁判決の例を挙げた上で、違法と判断される可能性は高いとしている「自炊」代行者と出版社対立 - asahi.com
  13. ^ 書籍スキャン代行業者を提訴=著名作家7人が差し止め請求-東京地裁” (2011年12月20日). 2013年6月21日閲覧。
  14. ^ 確たる判決を求めて――作家7名がスキャン代行業者7社を提訴 - ITmedia eBook USER
  15. ^ 「自炊」代行めぐる著作権訴訟、作家側が勝訴 東京地裁 - 朝日新聞 2013年9月30日
  16. ^ 「自炊」代行を認めるルール作りへ、作家など「Myブック変換協議会」設立 - ITmedia
  17. ^ ブックスキャンら4社、「日本蔵書電子化事業者協会」設立 - ITmedia eBook USER
  18. ^ 6月16日 蔵書の電子化における基本方針に合意についてのお知らせ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]