東三条殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東三条殿復元図

東三条殿(ひがしさんじょうどの)は、平安時代平安京左京3条3坊1町及び2町(二条大路西洞院大路東)の南北2町に跨って建てられた邸宅。現在の京都市中京区押小路通釜座西北角の付近にあたる。摂関家の当主の主要な居宅の一つであるとともに、後院里内裏としても用いられた。

人臣最初の摂政である藤原良房によって建てられたと伝えられている。以後、基経忠平の所有となり、陽成上皇宇多上皇の後院としても用いられた。後に忠平の娘婿重明親王に譲られるが、その没後は忠平の孫である藤原兼家の所有となり、安和2年(969年)この屋敷を改築した兼家はここを自分の屋敷と定め、このため、兼家のことを「東三条殿」とも号す。当時の邸宅は中央に寝殿が置かれてその左右に東西の対が連なる本院と、敷地の南側に別邸である南院を配置していたとされる。

天延4年(976年)、冷泉天皇女御であった兼家の娘藤原超子がここで居貞親王(後の三条天皇)を生み、同じく超子の生んだ為尊親王敦道親王も東三条殿で育った。また、円融天皇の女御であった兼家の娘藤原詮子は南院を里第とし、天元3年(980年)にはここで懐仁親王(後の一条天皇)を生んだ。永観2年(984年)3月、東三条殿本院は焼亡する[1]。南院に居住していた懐仁親王は、同年8月、立太子とともに内裏の凝華舎へ移った[2]。懐仁親王が一条天皇として即位し、兼家が摂政に就任した後の永延元年(987年)、兼家は本院を再建した。『大鏡』によると、兼家は東三条殿の西対を内裏清涼殿に模して建てたために批判を浴びたという。一方、居貞親王は南院に居住し、ここで元服・立太子した。また、『大鏡』によれば、詮子は源高明の娘明子を東三条殿の東対に住まわせて家司を分け与えて養女同然にした。

正暦元年(990年)の兼家の死後、本院は詮子に、南院は父の後を継いで関白となった嫡男道隆に継承された。翌年、詮子は出家して日本最初の女院となり、この居宅の名より「東三条院」と呼ばれた。一方、この時代の南院において、道隆の弟・道長と嫡男・伊周の勝負をした逸話が『大鏡』に伝えられている。南院は正暦4年(993年)に再度火災で焼失して翌年には再建されたが、わずか1年で道隆はここで病死する事になる。

道隆の死後、東三条院が全てを所有していたが、死にあたって自らが後見して政界の実力者に押し立てた弟の道長に譲渡した。幼少時をここで過ごした道長は建物を建て替え、敷地の西側にあったの水を庭園に活用するために西対を廃した。寛弘2年(1005年)に道長は土御門殿から東三条殿に移り住んだが、直後の11月末から約3ケ月は内裏の火災のため、一条天皇の里内裏となった。また、三条天皇は、寛弘8年6月、一条院内裏で践祚の後、寛弘3年に完成したものの使用されていなかった内裏に移るまでの約2ケ月を東三条殿で過ごした。

一方、南院は『栄花物語』に敦道親王の居宅として見えるほか[3]敦康親王も南院で死去したとされる。また、寛弘3年以前より冷泉上皇の御所となり、同年10月焼亡の後、再建され、寛弘5年12月より再び冷泉上皇の御所となって、寛弘8年(1011年)に上皇はここで崩御した。ただ、これらの事項は史料上「南院」「みなみの院」等とのみ記されることが多く、東三条殿の南院であるかどうかには異論もある。

長和2年(1013年)に火災で再度焼失すると、道長は嫡男・頼通に東三条殿を譲ったが、頼通は高陽院という居宅を有していたために再建には熱心ではなく、再建途中の長元4年(1031年)には再度焼失し、完成したのは30年後の長久4年(1043年)であった。この年12月、内裏であった一条院が焼亡すると、後朱雀天皇の里内裏となり、寛徳2年(1045年)に天皇は東三条殿で崩御した。頼通は東三条第に住まなかったが、このころから東三条殿は摂関家を象徴する邸宅となり、一時期頼通の娘藤原寛子後冷泉天皇皇后)に譲られた後、藤原師実以後は代々藤氏長者(摂関家当主)の所有となった。また、康平3年(1060年)頃より摂関家の大饗藤氏長者就任の儀式、立太子立后元服など、摂関家関連の重要行事はここで行われる慣例となった。

12世紀半ば、摂政藤原忠通の所有となっていた東三条殿は、久安5年(1149年)12月末から1ヶ月間、近衛天皇の元服のためにその里内裏となった。翌6年(1150年)、藤原忠実源為義らを引き連れて嫡男である関白忠通が居住する東三条殿に乗り込み、忠通に対して勘当と藤氏長者と東三条殿の没収を通告した。その後、忠実は没収した藤氏長者や東三条殿等を寵愛する次男の頼長に与えた。ところが、保元元年(1156年7月8日、頼長の宇治滞在中に、後白河天皇側の軍が東三条殿を接収して、3日後には天皇と藤原忠通以下、天皇側の文武百官がここに立て籠もり[4]、これをきっかけに後白河天皇側と崇徳上皇側による保元の乱が勃発した。この乱で勝利した天皇は忠通に東三条殿を返還した。

乱の翌年、忠通は東三条殿の修理を行ない、7月から1月ほど後白河天皇が里内裏として利用した後、忠通娘の藤原聖子(皇嘉門院)に譲られた。里内裏とした際には、寝殿を紫宸殿、東対を清涼殿に充てて、遣水の上にある御車寄廊を常御所として用いたことが、『兵範記』に記録されている。その後、二条天皇も一時期里内裏として利用した。皇嘉門院からは忠通嫡男の近衛基実に譲られたが、仁安元年(1166年)12月、皇太子憲仁親王(後の高倉天皇)の御所であった時に火災で焼失、以後は再建されずに荒廃した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本紀略』永観2年3月15日条等。
  2. ^ 『日本紀略』永観2年8月27日条等。
  3. ^ みはてぬゆめ、はつはな。
  4. ^ ただし、『兵範記』によれば、文官で集まったのは藤原忠通・基実親子と信西のみで大半の公卿は合戦開始の報を聞いて慌てて参集したとしている。

関連項目[編集]