五十日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五十日(ごとおび)とは、毎月5日10日15日20日25日と、30日または月末日のことである。

つまり、日の1の50の日である。ただし30日は例外で、旧暦ではその月の長さに関わらず月末日(小の月では29日、大の月では30日)を充てる。新暦でも小の月(30日以下の月)では月末日だが、大の月(31日の月)では30日とすることと月末日の31日とすることがある。

「ごじゅうにち」と区別するため五・十日とも書く。関西で生まれた言葉で、関西などでは「ごとび」と読む。よく ご「とう」び と記されるが、ご「とお」びである。

五十日の慣習[編集]

日本ではこれらの日に決済を行う企業が多い。これを五十払いという。給与賞与日払いでない場合の支払日も、ほとんどの企業で五十日である。そのため金融機関の窓口が混みあったり企業の営業車により道路が渋滞したりする。

証券市場でも五十日はアメリカドルなどの外貨買いの需要が高くなり、仲値が高めになる傾向がある。

由来[編集]

赤山禅院の五日に由来するとの説がある。赤山明神の祭日に当たる五日に参詣して懸け取りに回るとスムーズに集金できるという謂われより。

一六日[編集]

一六日(いちろくび)は、毎月1日)・6日11日16日21日26日で、五十日の翌日である。

官庁の定休日は、明治時代に土曜日午後と日曜日が休みとされる以前は一六日だった。