木藤茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もくどう しげる
木藤 茂
木藤 茂
1923年の写真。
本名 松本 房雄 (まつもと ふさお)
生年月日 1901年11月11日
没年月日 1983年3月31日(満81歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市本所区入江町(現在の東京都墨田区
死没地 日本の旗 日本 東京都小平市花小金井南町
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 新派劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1914年 - 1941年
主な作品
出演
少女の決心
京屋襟店
愛に甦る日
監督
爆弾三勇士
佐賀怪猫伝
いろは仮名 四谷怪談

木藤 茂(もくどう しげる[1][2][3][4]1901年11月11日 - 1983年3月31日)は、日本の映画監督、脚本家、元俳優である[1][2][3][4][5][6][7]。本名松本 房雄(まつもと ふさお)[1][2][3]溝口健二の現存する最古の映画『ふるさとの歌』に主演した俳優であり[8]、溝口に師事して監督に転向した[1][3]

人物・来歴[編集]

1901年明治34年)11月11日東京府東京市本所区入江町(現在の東京都墨田区)に生まれる[1][2][3]。『現代俳優名鑑』(揚幕社)には、2年早い生年月日が記されている[2]

1913年(大正2年)3月、東京市二葉高等小学校(現在の墨田区立二葉小学校)を卒業し、満11歳のときに浅草区公園六区(現在の台東区浅草)にある映画館の看板描きに弟子入りする[1]。翌1914年(大正3年)には、新派の小柳龍の一座に女形として参加、満12歳で初舞台を踏み、東京近郊を巡業した[1]。『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社)の田中純一郎の記述によれば、同年、小柳の一座は解散し、新派の正木秀夫(正木秀雄)の一座に参加して、地方を巡業したとあるが[1]、『現代俳優名鑑』によれば、正木秀雄に師事したのは1917年(大正6年)で、満16歳を迎える同年、長野県松本市で初舞台を踏むと記されている[2]

次に日活向島撮影所で映画に出演する経緯であるが、『日本映画俳優全集・男優編』では、正木の紹介で1915年(大正4年)に同撮影所の女形・藤川三之助(本名 平田三弥、藤川三之祐とは別人[9])と出会い、同年2月に公開された『瀧の白糸』(監督細山喜代松)にエキストラとして出演して、映画界にデビューしたとしている[1]。『孝女白菊』(1916年)、『浮かれ胡弓』(1917年)等に出演するうちに、1919年(大正8年)4月21日に公開された『生さぬ仲 前篇』(監督小口忠)に出演したことを契機に、藤川の紹介で「子役・女形」として同撮影所に入社したとある[1]。『現代俳優名鑑』によれば、1918年(大正7年)に入社、とある[2]

1922年(大正11年)12月30日に公開された田中栄三監督による大作『京屋襟店』、1923年(大正12年)2月4日に公開された溝口健二の第1回監督作品『愛に甦る日』に出演して、頭角を現した[1]。同年に発行された『現代俳優名鑑』では、本所区松坂町1丁目9番地(現在の墨田区両国)に住み、身長は5尺2寸(約157.6センチメートル)、体重12貫800匁(約48キログラム)、将来は山本嘉一藤野秀夫の指導を得て活躍したい旨を語っている[2]。同年9月1日に起きた関東大震災で同撮影所は壊滅、全機能を日活京都撮影所(日活大将軍撮影所、現存せず)に移し、現代劇を製作する第二部を創設した際に、木藤も異動している[1][5][6][7]。1925年(大正14年)2月26日に公開された『貧者の勝利』(監督三枝源次郎)では、木藤の書いた脚本が採用されている[5][6][7]

1927年(昭和2年)、演出部に転向、溝口健二、阿部豊に師事して演出助手(助監督)を務め、村田実の推薦で監督部に異動になり、同年4月17日に公開された『A38号室』を演出して、満25歳で映画監督としてデビューする[1][3][5]。1929年(昭和4年)には撮影所移転のため、日活太秦撮影所(のちの日活京都撮影所、および大映京都撮影所、現存せず)に異動する[5][6][7]。1933年(昭和8年)1月10日に公開された『恋すればこそ』は、本名の「松本 房雄」名義で監督したが[5][7]、同作を最後に日活を離れた[5][6][7]

4年のブランクの後、新興キネマ京都撮影所(現在の東映京都撮影所)に入社、1937年(昭和12年)2月3日に公開されたトーキー佐賀怪猫伝』を監督して復帰[5][6]、同作は大ヒットを記録した[10]。以降、時代劇に転向し、同年6月17日に公開された『いろは仮名 四谷怪談』は『四谷怪談』ものの初のトーキー作品となった[11]鈴木澄子を主演に多くの映画を監督したが、 満40歳を目前にした1941年(昭和16年)9月28日に公開された『紅葉狩』を最後に、以降の監督および出演の記録は見当たらない[5][6]第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)5月に、梅野井秀男一座・市川男女之助一座・新生劇の3派が合流して結成した「新興新派」の京都座での結成第1回公演において、堤千代の原作を川口松太郎が脚色した『小指』の演出を、木藤が行なった記録がある[12]

晩年は、東京都小平市花小金井南町に居住し[1]1983年(昭和58年)3月31日老衰のため自宅で死去した[3][13]。満81歳没。

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外のクレジットはすべて「出演」あるいは「監督」(1927年以降)である[5][6]。公開日の右側には役名[5][6]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[4][14]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

日活向島撮影所[編集]

すべて製作は「日活向島撮影所」、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[5][6][7]

出演

日活京都撮影所第二部[編集]

ふるさとの歌』(1925年)出演時、満23歳。左は高木桝次郎

特筆以外すべて製作は「日活京都撮影所第二部」(現代劇部)、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[5][6][7]

出演
  • 街の物語』 : 監督細山喜代松、製作日活京都撮影所、1924年2月15日公開 - 青年
  • 暁の死』 : 監督溝口健二、1924年2月29日公開 - 橋本清
  • 坩堝は沸る』 : 監督鈴木謙作、1924年3月21日公開 - 幸児の甥龍也
  • 現代の女王』 : 監督溝口健二、1924年3月28日公開 - 音楽家、音楽家
  • 女性は強し』 : 監督溝口健二、1924年4月11日公開 - 幸一
  • 冷火』 : 監督細山喜代松、1924年5月30日公開 - 山野(不良少年)
  • 民族の黎明』 : 監督三枝源次郎、1924年7月4日公開 - 弟鹿文
  • 永遠の悲哀』 : 監督三枝源次郎、1924年製作・公開 - 若き下僕
  • たけくらべ』 : 監督三枝源次郎、1924年8月1日公開 - 三五郎
  • 島の哀れ』 : 監督細山喜代松、1924年8月15日公開 - 権六
  • 青春を賭して』 : 監督大洞元吾、1924年10月17日公開 - 仲小路良磨
  • 白鸚鵡夫人』 : 監督三枝源次郎、1925年1月5日公開 - 北堀川篤麿
  • 君国の為に』(『君国の為めに』[7]) : 監督若山治、1925年1月14日公開 - 伜種一(歩兵上等兵・中澤種一[7]主演
  • 貧者の勝利[5][7](『勇者の勝利』[6]) : 監督三枝源次郎、原作宮島保、1925年2月26日公開 - 脚本のみ
  • 法を慕ふ女』 : 監督村田実・三枝源次郎、1925年3月20日公開 - 多感な若き商人 田村芳雄
  • 心配御無用』 : 監督鈴木謙作、1925年6月28日公開 - その甥
  • ふるさとの歌』 : 監督溝口健二、製作日活関西撮影所教育部、1925年9月17日公開(1926年12月3日公開[7]) - 青年馭者・竹田直太郎(主演)、50分尺で現存(NFC所蔵[4]

日活大将軍撮影所[編集]

すべて製作は「日活大将軍撮影所」(現代劇)、配給は「日活」、すべてサイレント映画である[5][6][7]

出演
監督

日活太秦撮影所[編集]

すべて製作は「日活太秦撮影所」(現代劇)、配給は「日活」、特筆以外すべてサイレント映画である[5][6][7]

監督

新興キネマ京都撮影所[編集]

有馬猫』(1937年)のスチル写真、中央は鈴木澄子

特筆以外すべて製作は「新興キネマ京都撮影所」、配給は「新興キネマ」、すべてトーキーである[5][6]

監督

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r キネマ旬報社[1979], p.584.
  2. ^ a b c d e f g h i 揚幕社[1923], p.36-37.
  3. ^ a b c d e f g 木藤茂jlogos.com, エア、2013年3月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 木藤茂東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年2月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 木藤茂日本映画データベース、2013年3月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 木藤茂、日本映画情報システム、文化庁、2013年3月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 木藤茂日活データベース、2013年2月27日閲覧。
  8. ^ ふるさとの歌、東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年2月27日閲覧。
  9. ^ キネマ旬報社[1979], p.502-503.
  10. ^ 東映京都撮影所立命館大学、2013年3月5日閲覧。
  11. ^ 世界大百科事典『鈴木澄子』 - コトバンク、2013年3月5日閲覧。
  12. ^ 国立劇場[2005], p.143.
  13. ^ 川部[1983], p.124.
  14. ^ a b c 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年3月5日閲覧。
  15. ^ 雪枝夫人、日活データベース、2013年2月27日閲覧。
  16. ^ a b 玩具映画プロジェクト報告太田米男大阪芸術大学、2013年3月5日閲覧。
  17. ^ 大人になってもやっぱり怖い「化け猫」たちの夜神保町シアター、2013年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]