教育 (東京事変のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
教育
東京事変スタジオ・アルバム
リリース 2004年11月25日
ジャンル J-POP
時間 42分11秒
レーベル 東芝EMI/Virgin Music
チャート最高順位
  • 2位(オリコン
  • 2005年度年間33位(オリコン)
ゴールド等認定
東京事変 年表
- 教育
(2004年)
大人
(アダルト)

(2006年)
教育 収録の シングル
  1. 群青日和
    リリース:2004年9月8日
  2. 遭難
    リリース:2004年10月20日
テンプレートを表示

教育』(きょういく 英題:education)は、2004年11月25日に発売された日本バンド東京事変の1作目のスタジオ・アルバム。発売元は東芝EMI/Virgin Music

初回限定盤は三部作インデックス仕様。

概要[編集]

本作は9月に発表されたデビューシングル「群青日和」、そして10月に発売された2枚目のシングル「遭難」に続く3ヶ月連続でのリリースとなる、椎名の以前からの夢であったというバンド形態での初のアルバム。椎名自身「〈おもちゃ箱をひっくり返したような〉と言ってもらえるようなアルバムを作りたかった」と話している[1]

シングル曲以外には、夏に行われたロック・フェスティバルで既に披露されていた楽曲(「林檎の唄」、「サービス」、「駅前」、「御祭騒ぎ」)が収録された。また椎名のソロでの作品に倣い、本作でも6曲目「現実に於て」と7曲目「現実を嗤う」を中心に曲目の配置がシンメトリーにされているほか、各曲の演奏時間や英題も左右対称にされている。

収録曲[編集]

  1. 林檎の唄(a song of apples)
    椎名が2003年のソロ活動停止前に発表したシングルの表題曲「りんごのうた」のアレンジ・セルフカバー。原曲の歌詞は全てひらがな表記であるが、本楽曲では漢字も使用されている。
  2. 群青日和(ideal days for ultramarine)
    デビューシングルの表題曲。
  3. 入水願い(the suicide)
    タイトルは「じゅすいねがい」と読む(入水の意味はこちらを参照)。
  4. 遭難(a distress)
    2枚目のシングル表題曲。
  5. クロール(crawl)
  6. 現実に於て (back to earth)
    ピアノのみの器楽曲で、東京事変の全楽曲で最も演奏時間が短い曲。次曲「現実を嗤う」と音が繋がっている。
  7. 現実を嗤う (laugh at facts)
    歌詞は全編英語である(和訳詞も記載されている)。
  8. サービス (service)
    アルバム曲で唯一ミュージック・ビデオが制作され、ミュージック・ビデオ集「tokyo incidents vol.1」に収録された。
    2006年に行われたコンサート「DOMESTIC! Virgin LINE」および、ツアー「“DOMESTIC!” Just can't help it.」では、椎名が編曲した「サービス 顔見世篇」が使用され、メンバー全員で踊りながら拡声器を使って歌った(振り付けは伊澤一葉が自宅の鏡の前で考えたという)。なお「顔見世篇」の音源は、CD-BOX『Hard Disk』に付属されているUSBメモリーに初めて収録された。
  9. 駅前(a station)
    椎名曰くこの曲のイメージは神奈川県横浜市港北区にある東急東横線日吉駅(発売当時)とのこと。
  10. 御祭騒ぎ(the carnival)
    椎名曰く「一生書けないようなポップな曲」[1]
  11. 母国情緒(feelings for my motherland)
  12. 夢のあと(a scar of dreams)
    2007年に椎名林檎×斎藤ネコ名義で発表されたアルバム『平成風俗』にてセルフカバーされた。

詳細

  • 全編曲:東京事変
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「林檎の唄」   椎名林檎 椎名林檎 2:52
2. 「群青日和」   椎名林檎 H是都M 3:33
3. 「入水願い」   椎名林檎 椎名林檎 3:23
4. 「遭難」   椎名林檎 椎名林檎 3:23
5. 「クロール」   椎名林檎 椎名林檎 4:04
6. 「現実に於て」     H是都M 1:11
7. 「現実を嗤う」   椎名林檎 椎名林檎 4:24
8. 「サービス」   椎名林檎 H是都M 4:04
9. 「駅前」   椎名林檎 椎名林檎 3:53
10. 「御祭騒ぎ」   椎名林檎 椎名林檎 3:33
11. 「母国情緒」   椎名林檎 椎名林檎 3:03
12. 「夢のあと」   椎名林檎 椎名林檎 4:44
合計時間:
42:11

脚注[編集]

[ヘルプ]