東京コレクション (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京コレクション
東京事変ライブ・アルバム
リリース 2012年2月15日(日本)
ジャンル オルタナティヴ
時間 61分59秒
レーベル EMIミュージック・ジャパン/Virgin Music
プロデュース 東京事変井上雨迩
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2012年2月度月間7位(オリコン)
  • 登場回数2回(オリコン)
東京事変 年表
color bars
(2012年)
東京コレクション
(2012年)
深夜枠
(2012年)
テンプレートを表示

東京コレクション』(とうきょうコレクション)は、2012年2月15日に発売された東京事変のライブベストアルバム。発売元はEMIミュージック・ジャパン/Virgin Music

初回生産分のみ紙ジャケット仕様。同日にはライブ・ビデオ「Discovery」も同時発売された。

概要[編集]

これまで行ってきたライブの中から厳選された音源が収録されたライブベストアルバム。新曲「三十二歳の別れ」を含む全14曲収録。元々、椎名の「ベストアルバム嫌い」があったため、2008年にバンド結成5周年を迎えても発売されていなかったが、解散を機にライブベストとして変わった形でのリリースとなった(ソロでも5周年時にカバーアルバム唄ひ手冥利~其ノ壱~』や、10周年時にアルバム未収録曲集『私と放電』を発売し、ベストアルバムは未発表である)。選曲は、シングル曲は含まれるものの全てを網羅してはいない。なお、曲順は当時最新のライブ音源から初期のライブ音源へ、遡るように収録されている。

東京事変のアルバムチャート首位獲得は、『大発見』以来通算4作目となった。ライブアルバムの首位獲得は2000年9月25日付で椎名林檎の『絶頂集』が記録して以来、11年5ヶ月ぶりとなった[1]

収録曲[編集]

  1. 三十二歳の別れ (A Separation)
    (作詞・作曲:椎名林檎
    • タイトルの年齢は楽曲製作当時の椎名の年齢である(発売当時は33歳)。
    • 東京事変 Live Tour 2011 Discovery」のツアー中盤に発表されていた曲。
    • この曲のみ観客不在での収録であり、『color bars』発売時に収録されることが明かされていた。
  2. 禁じられた遊び
    (作詞:椎名林檎 作曲:伊澤一葉・椎名林檎)
  3. かつては男と女
    (作詞:椎名林檎 作曲:浮雲
  4. キラーチューン
    (作詞:椎名林檎 作曲:伊澤一葉
  5. OSCA
    (作詞・作曲:浮雲)
  6. ミラーボール
    (作詞・作曲:浮雲)
  7. 復讐
    (作詞:椎名林檎 作曲:浮雲)
  8. ピノキオ
    (作詞・作曲:伊澤一葉)
  9. 閃光少女
    (作詞:椎名林檎 作曲:亀田誠治
  10. 透明人間
    (作詞:椎名林檎 作曲:亀田誠治)
  11. 丸の内サディスティック
    (作詞・作曲:椎名林檎)
  12. スーパースター
    (作詞:椎名林檎 作曲:亀田誠治)
  13. 群青日和
    (作詞:椎名林檎 作曲:H是都M
  14. 夢のあと
    (作詞・作曲:椎名林檎)

詳細[編集]

脚注[編集]