左胸心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左胸心
分類及び外部参照情報
ICD-10 Q24.1
ICD-9 746.87
MeSH D007979
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

左胸心: Levocardia)とは、心臓胸郭内での位置の分類の一種であり、心臓が身体に対して正位(左側)を向いている状態を指す。

正確に言えば心臓の位置・方向は胸郭内での位置と心基部・心尖部の軸方向により右胸心(Dextrocardia)、正中心または中間位心 (Mesocardia)、左胸心(Levocardia) に分類され、左胸心は心尖部が左側を向いている状態である。

実際には、修正大血管転位症内臓逆位situs inversus)などの病態のためにその他の関連臓器の位置異常を伴う状態を指すことも多い[1]

単に右胸心ではない状態、したがって内臓正位situs solitus)で心臓も正しい位置にある状態を指すこともある。

脚注[編集]

  1. ^ Isolated levocardia: prenatal diagnosis and management.”. Web. US National Library of Medicine. 2014年2月3日閲覧。

関連項目[編集]