川井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川井駅
駅舎(2011年3月)※現在は駅名板が交換されている
駅舎(2011年3月)
※現在は駅名板が交換されている
かわい - Kawai
御嶽 (2.8km)
(1.6km) 古里
所在地 東京都西多摩郡奥多摩町川井278
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 青梅線
キロ程 30.0km(立川起点)
電報略号 カイ←カヰ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
233人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1944年昭和19年)7月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)

川井駅(かわいえき)は、東京都西多摩郡奥多摩町川井にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅である。自動券売機、簡易Suica改札機設置駅。現駅舎は、2010年平成22年)11月[2]より建て替え工事が行われ、2011年(平成23年)3月1日に供用開始[1]されたものである。駅施設としてのトイレは設置されていないが、改札外に公衆トイレ(奥多摩町管理)が設けられている。

青梅駅管理の無人駅であるが、キャンプなど行楽シーズンには特別改札が行われることがある[要出典]

ホーム設置場所の線形は曲率半径が小さくなっていることから、列車とホームの間隔が比較的大きい。1999年(平成11年)10月29日には、旅客が転落したまま電車が発車してしまい死亡するという事故が発生した[3]ことから、転落検知器や照明が整備された。また、列車接近時・到着時には列車とホームの間隔について注意を促す自動放送がなされている[4][出典無効]

御嶽駅寄りにあった東川井信号所は奥多摩からの石灰石貨物輸送廃止に伴い、2001年(平成13年)3月20日に廃止された。

自動放送・発車メロディー[編集]

発車ベルは、上りが旅の予感、下りは佐倉駅4番線と同じ「シーウインド」を使用している(軍畑駅も同様)。

利用状況[編集]

2010年(平成22年)度の1日平均乗車人員は233人である。近年の推移は下記の通り。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1992年 282 [5]
1993年 285 [6]
1994年 252 [7]
1995年 265 [8]
1996年 260 [9]
1997年 242 [10]
1998年 241 [11]
1999年 219 [12]
2000年 208 [13]
2001年 197 [14]
2002年 216 [15]
2003年 221 [16]
2004年 230 [17]
2005年 225 [18]
2006年 227 [19]
2007年 224 [20]
2008年 227 [21]
2009年 233 [22]
2010年 233 [23]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

「川井駅」が最寄りのバス停である。

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
青梅線
快速(青梅線内は各駅に停車)・各駅停車
御嶽駅 - 川井駅 - 古里駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]