小作駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小作駅
西口(2005年6月12日)
西口(2005年6月12日)
おざく - Ozaku
羽村 (2.4km)
(1.8km) 河辺
所在地 東京都羽村市小作台五丁目35-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 青梅線
キロ程 14.1km(立川起点)
電報略号 サク←ヲサク
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
16,909人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1894年明治27年)11月19日
備考 業務委託駅
東口。右奥が駅舎(2010年4月20日)。

小作駅(おざくえき)は、東京都羽村市小作台五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を有している。

JR東日本ステーションサービスによる業務委託駅で、河辺駅により管理されている。自動券売機指定席券売機、多機能券売機併設)が設置されている。かつてはみどりの窓口が構内に設置されていたが、2005年3月25日に廃止された。その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」(営業時間:6:30 - 22:00)が設置されたが、2012年2月27日をもってそれも撤去された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 青梅線・中央線 上り 拝島立川新宿東京方面
2 青梅線 下り 青梅御嶽奥多摩方面

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗車人員は16,909人であった。近年の推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 16,112[1]
1993年 16,096[2]
1994年 15,921[3]
1995年 15,951[4]
1996年 16,885[5]
1997年 16,873[6]
1998年 16,863[7]
1999年 16,822[8]
2000年 16,872[1]
2001年 17,322[2]
2002年 18,061[3]
2003年 18,006[4]
2004年 18,002[5]
2005年 18,070[6]
2006年 18,228[7]
2007年 18,223[8]
2008年 17,843[9]
2009年 17,525[10]
2010年 17,451[11]
2011年 17,252[12]
2012年 16,909[13]

駅周辺[編集]

東口には会社や商店が立ち並び、西口は閑静な住宅街となっている。

バス路線[編集]

すべて西東京バスによる運行

西口(小作駅西口)[編集]

  • 福30 羽村堰上経由 福生駅
  • 小05 河辺駅南口行
  • 小06 秋川駅
  • 小13 菅生高校行(菅生学園学びの城非経由・急行便あり)
  • 小14 菅生学園学びの城経由 菅生高校行
  • 小15 菅生学園学びの城行(急行便あり)
  • 青20 青梅駅
  • コミュニティバス「はむらん」小作コース 小作立体・小作本町会館経由と小作駅東口・グリーントリム公園経由を交互に運行

東口(小作駅東口)[編集]

  • 小02 三ツ原循環東回り
  • 小03 三ツ原循環西回り
  • 河11 河辺駅北口行(一部青梅看護専門学校経由)/西東京バス青梅営業所行/大門行
  • 深夜バス 市営住宅・大門循環
  • リムジンバス:羽田空港行(早朝のみ)
  • 通勤高速バス:新宿駅西口新橋駅行(平日早朝のみ)
  • 準深夜急行バス(浜松町発)・深夜急行バス(新橋発)・深夜ご帰宅バス(立川発):河辺駅北口行(土休日運休。ただし深夜ご帰宅バスは土曜日も運行) 
  • コミュニティバス「はむらん」
    • 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行
    • 羽村中央コース 羽村市役所行/羽村市役所・羽村駅東口・福生病院方面行

小作駅入口[編集]

  • 小12 菅生高校行/西東京団地行
  • コミュニティバス「はむらん」
    • 小作西コース 武蔵野公園前・羽村駅東口方面行
    • 羽村中央コース 羽村市役所行き

その他[編集]

2番線の発車案内表示機。表示機下部に「時間が過ぎると表示が変わりますので、ご注意下さい。」との表示がある。

2009年度に、西立川駅を除く立川駅 -青梅駅間の発車案内表示機未設置駅に同機が設置され、先発・次発の列車の行先や発車時刻などが表示されるようになった。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
青梅線
通勤特快・青梅特快・通勤快速・快速・各駅停車(いずれも青梅線内は各駅に停車)
羽村駅 - 小作駅 - 河辺駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]