大崎淳矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「大﨑淳矢」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
大﨑 淳矢 Football pictogram.svg
名前
愛称 ジュンヤ
カタカナ オオサキ ジュンヤ
ラテン文字 OHSAKI Junya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1991年4月2日(23歳)
出身地 富山県富山市
身長 173cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 徳島ヴォルティス
ポジション FW/MF
背番号 20
利き足
ユース
1999-2003 富山北FC
2004-2006 富山北FC (北部中)
2007-2009 サンフレッチェ広島ユース (吉田高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009 サンフレッチェ広島 (2種登録) 1 (0)
2010-2013 サンフレッチェ広島 21 (3)
2013 徳島ヴォルティス (loan) 41 (8)
2014- 徳島ヴォルティス
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月10日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

大﨑 淳矢(おおさき じゅんや、1991年4月2日 - )は、日本プロサッカー選手富山県富山市出身。広島県立吉田高等学校卒業。

Jリーグ徳島ヴォルティス所属。

人物[編集]

運動量とパスセンスも備え、俊敏な動きからドリブルシュートが得意なFW[1][2]

実兄に元プロバスケットボール選手の大崎紳矢[3]

来歴[編集]

6歳からサッカーを始める[4]。1999年、8歳から富山北FCに入団後本格的にサッカーを始め、同クラブ同期生に森泰次郎がいる[1][5]。FWとして活躍し、2003年には全日本少年サッカー大会準優勝に貢献[6]。中学3年時にU-15日本代表に選出され、この活躍から星陵高等学校東京ヴェルディ1969ユース・サンフレッチェ広島ユースからスカウトされる[4][5]

2007年、サンフレッチェ広島ユースに入団。1年時からFWとしてレギュラーをつかみ[2]、同年度の日本クラブユース選手権3位、高円宮杯全日本ユース選手権準優勝に貢献した[4]。この中で年代別日本代表も経験している[5]。2008年、トップチームに怪我人が続出したため人数あわせでトルコ・アンタルヤおよび宮崎・シーガイアキャンプに帯同[4][7]

2009年、トップに2種登録。同年6月3日ナビスコカップでJ公式戦デビュー、同月7日には公式戦初得点を挙げている[5]。なおこれは2014年現在、高柳一誠高萩洋次郎に次ぐクラブ史上3番目に若い得点記録でもある。同年7月3日にはリーグ戦デビューも果たした。また、同年にはJユースカップ準優勝に貢献する[2]

2010年、トップチーム昇格、同期に石川大徳[2]。シーズン終盤にチャンスを掴むと第31節のアルビレックス新潟戦でPKを決めてリーグ戦初ゴールをマーク、続く第33節のベガルタ仙台戦ではアディショナルタイムに貴重な先制弾を決める活躍を見せた。ただ、広島の選手層や自身の怪我もあり出場機会は限られていた[5]

2013年、出場機会を求めて徳島ヴォルティス期限付き移籍すると、主力として活躍し出場停止を除き全試合出場、同年末のプレーオフを経てJ1昇格に貢献した[5][8]。2014年より完全移籍[9]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 広島 38 J1 1 0 3 1 0 0 4 1
2010 25 9 2 1 0 1 0 11 2
2011 0 0 1 0 1 0 2 0
2012 12 1 3 0 0 0 15 1
2013 徳島 20 J2 41 8 - 1 0 42 8
2014 J1
通算 日本 J1 22 3 8 1 2 0 32 4
日本 J2 41 8 - 1 0 42 8
総通算 63 11 8 1 3 0 64 12
  • 2009年はユース所属。

その他公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2010 広島 25 2 1 -
2012 - 0 0
通算 AFC 2 1 0 0

出場歴・タイトル[編集]

クラブチーム[編集]

アンダーカテゴリー
トップチーム
  • 初ベンチ入り:2009年6月3日ナビスコカップ第5節対大分トリニータ戦 (九州石油ドーム)
  • 公式戦初出場:同上
  • 公式戦初得点:2009年6月7日ナビスコカップ第6節対アルビレックス新潟戦 (広島ビッグアーチ)
    • 79分佐藤寿人に代わり途中出場、86分ゴール
  • リーグ戦初出場:2009年7月3日 J1第16節対ジュビロ磐田戦 (広島ビッグアーチ)
  • リーグ戦初得点:2010年11月20日 J1第31節対アルビレックス新潟戦 (広島ビッグアーチ)
    • 85分李忠成に代わり途中出場、87分PKによりゴール

代表歴[編集]

  • 2006年:U-15日本代表
  • 2007年:U-16日本代表
  • 2009年:U-18日本代表
  • 2010年:U-19日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2県人、Jリーガーに カターレ・森と広島・大崎”. 北日本新聞社 (2009年12月12日). 2014年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 2010サンフレ新戦力 FW大崎淳矢”. 中国新聞 (2010年1月27日). 2010年1月27日閲覧。
  3. ^ J初ゴール”. 大崎紳矢オフィシャルサイト (2009年6月9日). 2014年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c d 「涙を噛み締めて FW大崎淳矢」紫熊倶楽部2010年8月、p.12-p.15
  5. ^ a b c d e f VOICE vol.49 大崎淳矢”. 徳島ヴォルティス. 2014年1月11日閲覧。
  6. ^ サッカーJ1での活躍目指し 富山北部中の大﨑君 広島ユースに入団へ”. 富山新聞 (2007年3月15日). 2014年1月11日閲覧。
  7. ^ ペトロヴィッチ監督(広島)記者会見コメント”. J's GOAL (2009年6月7日). 2014年1月11日閲覧。
  8. ^ 百戦錬磨の小林伸二監督が叩き込んだハードワークの姿勢。徳島が初のJ1切符獲得!”. J SPORTS (2013年12月9日). 2014年1月11日閲覧。
  9. ^ 大崎淳矢選手 完全移籍にて加入決定のお知らせ”. J's GOAL (2014年1月10日). 2014年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]