伊藤大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊藤 大介 Football pictogram.svg
名前
愛称 ダイちゃん、ダイスケ
カタカナ イトウ ダイスケ
ラテン文字 ITO Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年4月18日(27歳)
出身地 千葉県市原市
身長 167cm
体重 58kg
選手情報
在籍チーム 大分トリニータ
ポジション MF
背番号 19
利き足 右足
ユース
2003-2005 ジェフユナイテッド市原・千葉ユース
2006-2009 順天堂大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2013 ジェフユナイテッド市原・千葉 83 (5)
2014- 大分トリニータ
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

伊藤 大介(いとう だいすけ、1987年4月18日 - )は、千葉県市原市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

ジュニア時代からジェフユナイテッド千葉の下部組織で育った生え抜き選手であったが、トップチーム昇格は叶わず順天堂大学に進学。順天堂大学の先輩には岡本達也森英次郎、同期には田中順也三浦旭人などがいる。大学時代は一年次からレギュラーで、全日本大学選抜やユニバーシアード日本代表にも選出された。関東大学リーグでは常盤聡東京農業大学)とともに4年間の最多出場選手として表彰された[1]

2010年、ユース時代に所属した千葉に入団。7月3日ひたちなか市総合運動公園陸上競技場で行われた鹿島アントラーズとのプレシーズンマッチでネット・バイアーノのアシストから決勝点を決める活躍を見せた。7月18日コンサドーレ札幌戦でリーグ初出場を果した。2011年は背番号を20に変更。センターハーフおよび右サイドハーフのレギュラーに定着すると、5月4日愛媛FC戦で自身リーグ戦初得点を直接フリーキックから記録。また出場した試合では主にセットプレーのキッカーを努めた。2013年は背番号を1桁台となる8に変更するがスタメンから外れる機会が増え、試合出場時間はルーキーイヤーを除くと過去最少となった。シーズン終了後、クラブからの公式発表は無かったものの日本サッカー協会が公開する移籍リストに名前が掲載され、12月28日大分トリニータへの完全移籍が発表された。[2]。大分移籍後は同シーズンに加入した末吉隼也とボランチコンビを形成し開幕からスタメンとして出場しており、ペナルティキックを含むセットプレーのキッカーを務めている。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2007 順大 10 - - - 4 0 4 0
2009 11 - - - 1 0 1 0
2010 千葉 28 J2 11 0 - 2 0 12 0
2011 20 24 2 - 2 0 26 2
2012 25 2 - 4 0 29 2
2013 8 23 1 - 1 0 24 1
2014 大分 19 -
通算 日本 J2 83 5 - 9 0 92 5
日本 - - 5 0 5 0
総通算 83 5 0 0 14 0 97 5

代表歴[編集]

  • 国体千葉県少年代表 (2005)
  • 国体千葉県成人代表 (2007)
  • ユニバーシアード日本代表

脚注[編集]

  1. ^ 【関東大学サッカーリーグ戦】第89回大会 2部リーグ 最終順位・表彰一覧 関東大学サッカー連盟、2009.11.22
  2. ^ 伊藤大介選手 ジェフユナイテッド千葉より完全移籍加入のお知らせ”. 大分トリニータ公式サイト. (株)大分フットボールクラブ (2013年12月28日). 2013年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月28日閲覧。

関連項目[編集]