大山加奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大山 加奈
Kana Oyama
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Kana Oyama, 2007-11-06.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1984年6月19日(29歳)
出身地 東京都江戸川区
ラテン文字 Kana Oyama
身長 187cm
体重 84kg
血液型 O型
選手情報
愛称 カナ
ポジション WS
指高 239cm
利き手
スパイク 308cm
ブロック 289cm
テンプレートを表示

大山 加奈(おおやま かな、1984年6月19日 - )は、日本OL、元バレーボール選手。東京都江戸川区出身。ニックネームはカナパワフル・カナ。実妹の大山未希ビーチバレー選手。

来歴

小学校2年生よりひまわりバレーボールクラブでバレーボールを始めた。小学生時代は喘息の発作に襲われる日々であったが、ハンデをバレーボールに打ち込むことで克服した。6年生時で身長が175cmあり、全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で全国制覇を成し遂げた事によって、バレーの金の卵と注目される存在になった。成徳学園中学に進学。成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では、主将としてインターハイ国体春高バレーの3冠を達成し、小中高全ての年代で全国制覇を経験した。

2001年に全日本代表に初選出され、翌2002年5月の日米対抗で代表デビュー。世界選手権釜山アジア大会では、ただ1人の高校生プレーヤーとして出場を果たした。

2003年、東レ・アローズに入団。高校・東レの同期には荒木絵里香がいる。同年開催のワールドカップでは栗原恵と共に『メグカナ』と呼ばれ、「19才コンビ」として注目を浴び大活躍を果たす。恵まれた体と力強いスパイクを武器に、新時代の大砲として注目された。また第10回Vリーグでは新人賞を獲得した。アテネオリンピック・世界最終予選からは、サービスミス防止と腰痛の軽減のため、スパイクサーブ(ジャンプサーブ)からフローターサーブに変更している。

2004年、アテネオリンピック出場。

2005年、持病である腰痛治療に専念するため、ワールドグランプリを欠場したが、同年11月開催のグラチャンで全日本代表に復帰。2006年、ワールドグランプリに出場したが、同年9月より右肩関節不安定症のため長期離脱し、世界選手権の出場は果たせなかった。

2007年、2006-07プレミアリーグ終盤に試合復帰し、全日本代表候補選手に登録。同年開催のワールドカップに出場した。しかし大会後に腰痛が再発。2007-08プレミアリーグはリーグ戦全試合を欠場し、東レのリーグ初優勝をコート内で経験する事は出来なかった。

2008年、全日本代表候補選手に登録されたが、腰痛が回復せずに辞退。同年8月開催の北京オリンピック出場を断念した。同年9月、2006年7月26日付を最後に休止していたブログを再開し、脊柱管狭窄症のため、8月に手術を受けていたことを公表した。

2009年、長いリハビリを経て3月15日にプレミアリーグで484日ぶりの試合復帰を果たす。5月18日には全日本代表候補となったが腰が万全でないことを理由に辞退した。その後、2009/10Vプレミアリーグの開幕戦でスタメン出場するまでに回復した。しかし、腰痛が再発し長期離脱を余儀なくされる。

2010年6月、現役を引退[1]し、東レ一般社員となった後、8月3日より日本バレーボールリーグ機構に出向[2][3]。2011年7月東レに復帰[4]。当面は広報室に籍を置いて、バレーボールの普及活動にあたっている。その年のワールドカップでフジテレビバレーボール中継にリポーターデビューした。

人物・エピソード

  • 小学生の頃から圧倒的な高さとパワーを誇っていたので、守備は免除されていた。そのため守備には難がある。
  • 高橋みゆきからブンブンと呼ばれている。

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
篠崎第五小→成徳学園中→成徳学園高等学校(現・下北沢成徳高等学校)→東レ・アローズ(2003-2010年)

脚注

  1. ^ 引退コメント(東レ公式サイト)
  2. ^ バレー業界は勿論”パワフルカナ”の再度現役復帰を望む声は大きい。元日本代表・大山加奈さんがVリーグ機構へ出向 スポーツニッポン 2010年8月2日閲覧。しかし“シン”こと高橋みゆき現役復帰が報じられた際、本人はtwitterで同種の突込みに対して「それ(現役復帰)はない」と否定している。
  3. ^ 大山加奈さんがVリーグ機構に入職 Vリーグ オフィシャルサイト
  4. ^ Vリーグ公式サイト「大山加奈の出向元への復帰について」

関連項目

外部リンク