佐野優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐野 優子
Yuko Sano
デンソー・エアリービーズ  No.5
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Yuko Sano 1.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1979年7月26日(34歳)
出身地 大阪府高槻市
ラテン文字 Yuko Sano
身長 159cm
体重 54kg
選手情報
所属 デンソー・エアリービーズ
愛称 リョウ
ポジション L
指高 200cm
利き手
スパイク 270cm
ブロック 260cm
 
獲得メダル
Flag of Japan.svg 日本
オリンピック
2012 女子バレーボール
世界選手権
2010 女子バレーボール
テンプレートを表示

佐野 優子(さの ゆうこ、女性、1979年7月26日 - )は、日本バレーボール選手。ニックネームはリョウ(タレントの佐野量子から)。

来歴

大阪府高槻市出身。小学校4年生の時バレーボールを始め、1991年全日本バレーボール小学生大会に出場。中学時代には、さわやか杯に出場。京都府立北嵯峨高校では、インターハイに出場し3位・優秀選手に輝く。

1998年、ユニチカに入社。2000年、ユニチカの廃部でチームごと東レに移籍。2002年、全日本代表初選出。同年世界選手権に出場。2002-03年第9回Vリーグでサーブレシーブ賞、ベストリベロ賞を受賞し中心選手として活躍していたが、2003年8月、移籍同意書が得られないまま東レを退社。規定で移籍してもリーグ戦に出場できない状態となり、同年11月のワールドカップにはJVA所属として出場した。

2004年アテネオリンピック・世界最終予選直前に代表メンバーから外れ、アテネオリンピックに出場できなかった。2004年5月、フランスリーグRCカンヌに入団。2シーズン在籍し、2005-2006年の欧州チャンピオンズリーグではベストリベロ賞を受賞した。

2006年6月、久光製薬スプリングスに入団。2007年、2006-07Vプレミアリーグで久光のリーグ優勝に貢献し、ベストリベロ賞を受賞。日韓Vリーグトップマッチ第56回黒鷲旗大会との公式戦3冠に大きく貢献した。

2007年、全日本に復帰。同年開催のワールドカップに出場し、ベストレシーバー賞・ベストディガー賞を受賞。2008年、2007-08プレミアリーグでサーブレシーブ賞、ベストリベロ賞を受賞した。同年8月、北京オリンピックに出場。2008-09Vプレミアリーグで準優勝し、敢闘賞、ベストリベロ賞、サーブレシーブ賞に輝いた。

2009年、平成21年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会で初優勝に大きく貢献した。同年12月24日、自身のオフィシャルブログオープン。

2010年7月、久光製薬を退団。2010年8月、アゼルバイジャン1部リーグのイトゥサチ・バクーに移籍。同年開催の世界選手権に出場し、銅メダルを獲得。

2011年のワールドカップでベストディガー部門1位、ベストリベロ部門2位に入る活躍でブラジル、アメリカ撃破の原動力となった。

2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。佐野自身は2大会連続出場で[1]、女子バレーボールではロサンゼルスオリンピック1984年)以来28年振りとなる全日本のメダル(銅メダル)獲得に貢献した。 同年11月からトルコリーグの強豪であるガラタサライに移籍[2]。ただし欧州チャンピオンズリーグのみの契約であった。

2013年3月、欧州チャンピオンズリーグにて、木村沙織の移籍先であるワクフバンクと対戦し、惜しくも敗退した。同シーズンでベストレシーバー賞を受賞した。

2013年シーズン終了後の4月26日、新シーズンよりスイスヴォレロ・チューリッヒに移籍することを発表した[3]

2014年1月、デンソーは佐野の入団を発表した[4]。同年4月、日本代表にアシスタントコーチ兼任として復帰[5]

人物・エピソード

  • 2003年ワールドカップでは、セッター竹下佳江とともに『バレー界のミニモニコンビ』と言われた。
  • RCカンヌ入団当時、チームユニフォームはバレーブルマーだったため、日本人で唯一(最後)の着用選手となった。
  • 久光入団時、登録名を佐野 由宇子にしていたが、2006年11月に本名に戻した。

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
清水小→上牧中→京都府立北嵯峨高等学校ユニチカ(1998-2000年)→東レ(2000-2003年)→フランスの旗RCカンヌ(2004-2006年)→久光製薬(2006-2010年)→アゼルバイジャンの旗イトゥサチ(2010-2012年)→トルコの旗ガラタサライ(2012年-2013年)→ デンソー(2014年-)

脚注

  1. ^ 日本バレーボール協会. “女子日本代表選手12名決定! 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)”. 2012年6月25日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “佐野優子選手 トルコ1部リーグ「ガラタサライ」へ移籍。発表”. 2012年11月6日閲覧。
  3. ^ リベロの佐野優子がチューリヒ移籍 日刊スポーツ 2013年4月26日閲覧
  4. ^ デンソー・エアリービーズ. “佐野優子選手 入団のお知らせ(2014.1.30)”. 2014年1月30日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “2014全日本女子”. 2014年4月17日閲覧。
  6. ^ 日本バレーボール協会. “火の鳥NIPPON、オリンピック切符は持ち越し ‐イタリアが連覇、2位アメリカ、3位は中国で閉幕‐”. 2011年11月18日閲覧。

外部リンク