山口舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山口 舞
Mai Yamaguchi
岡山シーガルズ  No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年7月3日(31歳)
出身地 三重県志摩郡志摩町(現志摩市
ラテン文字 Mai Yamaguchi
身長 176cm
体重 62kg
血液型 O型
選手情報
所属 岡山シーガルズ
愛称 ユメ、パール
ポジション MBWS
指高 226cm
利き手
スパイク 298cm
ブロック 294cm
 
獲得メダル
オリンピック
2012 女子バレーボール
世界選手権
2010 女子バレーボール
テンプレートを表示

山口 舞(やまぐち まい、女性、1983年7月3日 - )は、日本のプロバレーボール選手[1]三重県志摩郡志摩町(現志摩市)出身。ニックネームはユメ、パールプレミアリーグ岡山シーガルズに所属。

来歴

小学校入学から3年間は地元志摩町にあるブルーシー・アンド・グリーンランド財団(B&G財団)が建設した志摩B&G海洋センターで水泳を習っていたが、小学4年次より友人に誘われてバレーボールを始める[2]。山口の才能を大阪国際滝井高校の才崎哲次監督が見いだし、同校へ進学。1年生の後半からレギュラーに抜擢されると、私学ウィンターバレー優勝やインターハイ(ベスト8)などで活躍した。山口は「個人の能力にあわせた指導してくれ、成長するのが早かった」と述懐している。

2002年岡山シーガルズに入団。国体5連覇などの好成績に貢献した。

2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録され、同年8月のワールドグランプリで代表デビューを果たす。その後一度は代表を外れるが、同年11月のグラチャン2009に負傷した狩野舞子に代わって緊急招集され、大活躍を見せた。2010年11月、世界選手権で銅メダル獲得に貢献した。この世界選手権3位の栄誉を讃えられ、出身地である三重県並びに所属チームの地元である岡山市からスポーツ栄誉表彰を受けた。

2011年9月のアジア選手権では急遽、ミドルブロッカーとして出場した。同年11月のワールドカップは当初、センターで出場予定であり、初戦のイタリア戦はスタメンで出場した。その後、ライトポジションへ戻ると、ブラジル戦とアメリカ戦では勝利に大きく貢献し、同大会で4位へ導いた[3]

2011年3月5日の対トヨタ車体戦で、Vリーグ出場試合数が230試合となり、Vリーグ栄誉賞[4]の受賞が確定した[5]

Vプレミアリーグ2011/12シーズンにおいてチーム2度目の4強入りに貢献し、自身初のべスト6賞を受賞した[6]

2012年5月のロンドン五輪世界最終予選では体調が万全ではなかったが、出場権獲得に貢献。「自分らしさを磨いて、メダルを獲得したい」と抱負を語った[7]

2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された[8]。本大会では全日本女子28年ぶりの銅メダルを獲得。山口自身、本調子とは言えない中、決して落とせない予選プールAの強豪ドミニカ共和国(ロンドン五輪終了時点のFIVB世界ランキング8位)戦で先発、チームトップのスパイク効果率35%と持ち前の安定感で勝利に貢献、メダル獲得を牽引した。

2012-13プレミアリーグではアキレス腱を痛めた影響で8試合欠場したが、刈谷大会から復帰し2年連続の四強進出に貢献した。セミファイナル以降はチームを牽引する活躍でチーム歴代最高の3位に大きく貢献した。

2013年度よりチームの主将を務め、プレミアリーグにおいてチーム史上最高位となる2位獲得に導き、ベスト6に輝いた[9]

人物・エピソード

Vプレミアリーグの岡山シーガルズではミドルブロッカーのポジションだが、全日本ではウイングスパイカーで登録され、セッター対角として起用されてきた[10]。2014年からは全日本の新戦術「ハイブリッド6」が導入されたこともあり、(従来の)ミドルブロッカーの位置に入ることが多くなった。

ニックネーム「ユメ」は、夢をかなえられるようにと高校時代に先輩がつけてくれた[11]。「パール」は、出身地が真珠で名高い志摩市の出身に因む。

試合中の変幻自在で予測不能な動作により、山口は国際試合の対戦相手国から「忍者」と呼ばれ嫌がられている[12][13]

球歴

  • 所属チーム履歴
志摩町立和具中(現:志摩市立志摩中)大阪国際滝井高等学校岡山シーガルズ(2002年-)

受賞歴

Vリーグ関係の受賞
  • 2011年 - Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)
  • 2012年 - 2011/12 Vプレミアリーグ ベスト6
  • 2014年 - 2013/14 Vプレミアリーグ ベスト6
その他の受賞
  • 三重県スポーツ賞優秀賞(2011年2月)[14]
  • 第10回岡山市人見絹枝スポーツ顕彰 特別スポーツ栄誉賞(2011年3月)[15]
  • 岡山県県民栄誉賞、岡山県スポーツ特別顕彰(2012年8月)[16]
  • 三重県スポーツ栄誉大賞(2012年8月)[17]
  • 志摩市スポーツ文化栄誉賞(2012年9月)[18]
  • 感動大阪大賞(2012年11月)[19][20]
  • 大阪スポーツ大賞(2012年11月)[20]

CM

参考文献

  • 月刊バレーボール 2011年12月号 92-95ページ

脚注

  1. ^ 日本トップリーグ連携機構. “GM対談 in OKAYAMA <第2回>”. 2013年11月25日閲覧。
  2. ^ 人の輪を大切にしながら頂点を目指したい! ブルーシー・アンド・グリーンランド財団オフィシャルサイト「注目の人」バレーボール全日本女子代表 山口 舞さん
  3. ^ フジテレビバボChannet. “山口舞、オールラウンダーの苦悩と成長”. 2012年4月26日閲覧。
  4. ^ 2 女子2.7 特別表彰2.7.1 Vリーグ栄誉賞を参照のこと。
  5. ^ Vリーグ機構. “岡山の山口選手が栄誉賞受賞確定”. 2012年2月26日閲覧。
  6. ^ Vリーグ機構. “東レアローズが優勝(女子ファイナル)”. 2012年4月22日閲覧。
  7. ^ YOMIURI ONLINE. “五輪出場バレー日本女子 山口選手意気込み”. 2012年5月29日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “女子日本代表選手12名決定! 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)”. 2012年6月25日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・プレミアリーグ女子表彰選手”. 2014年4月14日閲覧。
  10. ^ バレー女子W杯 急きょポジション変更 山口が活躍”. 共同通信 (2011年11月19日). 2011年11月24日閲覧。
  11. ^ 人を生かす「大人」役 山口舞(岡山)”. asahi.com (2011年10月19日). 2011年11月14日閲覧。
  12. ^ Sponichi Annex. “「忍者」山口が10点!日本 快勝発進”. 2012年5月20日閲覧。
  13. ^ スポーツコミュニケーションズ. “切符獲得へカギ握る“エース”と“忍者” ~バレーボール世界最終予選~”. 2012年5月20日閲覧。
  14. ^ 三重県公報(13頁) (PDF) - 三重県
  15. ^ 岡山市人見絹枝スポーツ顕彰 (PDF) - 市民のひろばおかやま10頁/岡山県岡山市広報
  16. ^ 山陽新聞. “清水、山口、荒木選手に栄誉賞 五輪銅受け、県が贈呈へ”. 2012年8月閲覧。
  17. ^ 伊勢志摩経済新聞. “五輪銅メダリスト山口舞選手に志摩市が栄誉賞-凱旋でバレーボール教室も”. 2012年10月閲覧。
  18. ^ 伊勢志摩経済新聞. “五輪銅メダリスト山口舞選手に志摩市が栄誉賞-凱旋でバレーボール教室も”. 2012年10月閲覧。
  19. ^ サンケイスポーツ. “大阪府、五輪選手4人に感動大賞”. 2012年10月閲覧。
  20. ^ a b なみはや通信. “ロンドンオリンピック バレーボール女子で銅メダルの山口舞選手に感動大阪大賞を贈呈。”. 2012年12月閲覧。

外部リンク