久光製薬スプリングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久光製薬スプリングス
原語表記 久光製薬スプリングス
ホームタウン 佐賀県鳥栖市兵庫県神戸市
クラブカラー 青、黒
創設年 1948年
所属リーグ V・プレミアリーグ
チーム所在地 佐賀県鳥栖市
体育館所在地 兵庫県神戸市
代表者 萱嶋章
監督 中田久美
ホームページ 公式サイト
  

久光製薬スプリングス(ひさみつせいやくスプリングス)は、兵庫県神戸市佐賀県鳥栖市を本拠地とする久光製薬の女子バレーボールチームである。現在V・プレミアリーグに所属。

概要

久光製薬の本社のある佐賀県鳥栖市と、前身クラブの一つである「オレンジアタッカーズ」の本拠地であった兵庫県神戸市を共に本拠地とするダブルホームタウン制を敷いている。鳥栖は「チーム所在地」、神戸は「練習場所在地」としており、国民体育大会には佐賀県バレーボール協会登録チームとして「佐賀県代表」で出場している(後述)。具体的な活動形態としては、神戸市西区伊川谷町の住宅地の中にある専用練習場(元・オレンジアタッカーズ練習場)を主たる練習場とすると共に、佐賀県内の各体育館を練習場として使用している[1]。レギュラーシーズンのホームゲームは佐賀県総合体育館(佐賀県佐賀市)での開催を基本に、神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸・兵庫県神戸市須磨区)などで開催している。

シンボルマークは、久光製薬の主力商品「サロンパス」をモチーフとしたもので、チームのキャラクター「ハルちゃん」もサロンパスをアレンジしたものとなっている。

歴史

久光製薬のバレー部が佐賀県鳥栖市に結成されたのは1948年で、プレミアリーグ(Vリーグ)の前身となる、旧日本バレーボールリーグにも出場した実績を誇っている。

1976年、地元開催の第31回国民体育大会バレーボール競技(9人制)において優勝を飾り[2]、同年の皇后杯でも準優勝を果たしている[3]

2000年に神戸市に本拠地を置いていた、ダイエーバレーボールチーム(1982年創部~1998年休部)を母体とした、クラブチームの「オレンジアタッカーズ」の経営を担当し、2000年度から「久光製薬スプリングアタッカーズ」として参加。鳥栖市のチームも、「久光製薬鳥栖スプリングス」として運営していたが、2001年度にチームを統合し、神戸と鳥栖の「ダブルホームタウン」による現在のチームが確立した。

チーム統合初年度に、第8回Vリーグで初優勝。着実にリーグの強豪としての地位を確立するようになった。2002年度から、チーム名を「久光製薬スプリングス」に戻して今日に至る。

2002年、AVCアジアクラブ選手権優勝。2005年、眞鍋政義が監督に就任し、第12回Vリーグ準優勝。2006年4月、2006日韓V.LEAGUE TOP MATCH大会優勝。2006年5月、第55回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会初優勝。翌2006-2007年プレミアリーグにおいて、5シーズンぶりの優勝に輝き、2007年4月、2007日韓V.LEAGUE TOP MATCH大会で2連覇を果たす。2007年5月、第56回黒鷲旗2連覇で、シーズン3冠を達成した。

2004年アテネオリンピック大村加奈子成田郁久美が出場した。2008年北京オリンピックに大村加奈子、狩野美雪佐野優子が出場した。

2010年の第65回国民体育大会については、日本体育協会から「練習拠点を神戸市に置いていることから佐賀県代表としての参加資格が無い」との通知を受け、佐賀県代表としての出場が不可となった[4]。2011年には再び「佐賀県代表」として出場している[5]

2012年、中田久美が監督に就任し、2012/13シーズンの国内メジャー3冠(皇后杯Vプレミアリーグ黒鷲旗大会)を初めて達成した[6]日韓Vリーグトップマッチ2012年国体を含めると5冠となる)。

2013/14シーズンも皇后杯[7]Vプレミアリーグ[8]をともに二連覇した。2014年4月のAVCアジアクラブ選手権で12年ぶり2度目の優勝を果たし[9]、アジアチャンピオンとして世界クラブ選手権に駒を進めた[10]

成績

主な成績

※本成績には久光製薬スプリングアタッカーズの成績も含む。

AVCアジアクラブ選手権
  • 優勝2回(2002年、2014年)
日韓Vリーグトップマッチ
  • 優勝3回(2006年、2007年、2013年)
プレミアリーグ日本リーグ/Vリーグ
Vカップ
  • 優勝 1回(2002年)
黒鷲旗全日本選抜
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
全日本総合(6人制)
  • 優勝 なし
  • 準優勝 1回(1976年
国民体育大会成年女子(6人制)
国民体育大会成年女子(9人制)

年度別成績

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第3回 (1971/72) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第4回 (1972/73) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第6回 (1974/75) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第8回 (1976/77) 優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第9回 (1977/78) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第10回 (1978/79) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第11回 (1979/80) 3位 6チーム 10 7 3 0.700
第12回 (1980/81) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
日本リーグ 第15回 (1981/82) 6位 8チーム 21 6 15 0.286
第16回 (1982/83) 8位 8チーム 21 0 21 0.000
実業団リーグ 第15回 (1983/84) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
日本リーグ 第18回 (1984/85) 8位 8チーム 21 3 18 0.143
実業団リーグ 第17回 (1985/86) 7位 8チーム 14 5 9 0.357
第18回 (1986/87) 優勝 8チーム 14 13 1 0.929
日本リーグ 第21回 (1987/88) 8位 8チーム 14 2 12 0.143
実業団リーグ 第20回 (1988/89) 5位 8チーム 14 7 7 0.500
第21回 (1989/90) 準優勝 8チーム 14 11 3 0.786
第22回 (1990/91) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
日本リーグ 第25回 (1991/92) 6位 8チーム 14 4 10 0.286
第26回 (1992/93) 8位 8チーム 14 1 13 0.071
実業団リーグ 第25回 (1993/94) 準優勝 8チーム 14 11 3 0.786
Vリーグ 第1回 (1994/95) 8位 8チーム 21 0 21 0.000
実業団リーグ 第27回 (1995/96) 5位 8チーム 14 6 8 0.427
第28回 (1996/97) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第29回 (1997/98) 8位 8チーム 14 1 13 0.071
V1リーグ 第1回 (1998/99) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第2回 (1999/2000) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第3回 (2000/2001) 4位 8チーム 14 10 4 0.714
Vリーグ 第7回 (2000/01) 準優勝 10チーム 18 12 6 0.667
第8回 (2001/02) 優勝 9チーム 16 11 5 0.688
第9回 (2002/03) 4位 8チーム 21 14 7 0.667
第10回 (2003/04) 3位 10チーム 18 12 6 0.667
第11回 (2004/05) 6位 10チーム 27 14 13 0.519
第12回 (2005/06) 準優勝 10チーム 27 21 6 0.778
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 優勝 10チーム 27 20 7 0.741
2007/08シーズン 3位 10チーム 27 18 9 0.667
2008/09シーズン 準優勝 10チーム 27 19 8 0.704
2009/10シーズン 4位 8チーム 28 20 8 0.714
2010/11シーズン 3位 8チーム 26 16 10 0.615
2011/12シーズン 準優勝 8チーム 21 15 6 0.714
2012/13シーズン 優勝 8チーム 28 21 7 0.750
2013/14シーズン 優勝 8チーム 28 23 5 0.821
2014/15シーズン 8チーム

※2000/01シーズンの成績が重複しているが、鳥栖スプリングスとスプリングアタッカーズの成績が併記されている。

選手・スタッフ

選手

2014年11月版[11][12]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 長岡望悠 NAGAOKA 日本の旗 日本 WS
2 古藤千鶴 KOTOH 日本の旗 日本 S
3 新鍋理沙 SHINNABE 日本の旗 日本 WS
4 岩坂名奈 IWASAKA 日本の旗 日本 MB
5 水田祐未 MIZUTA 日本の旗 日本 MB
6 石井優希 ISHII 日本の旗 日本 WS
8 野本梨佳 NOMOTO 日本の旗 日本 WS
10 座安琴希 ZAYASU 日本の旗 日本 L 主将
11 狩野舞子 KANO 日本の旗 日本 S
12 南美寿希 MINAMI 日本の旗 日本 S
13 村田しおり MURATA 日本の旗 日本 WS
14 森谷史佳 MORIYA 日本の旗 日本 MB
15 半田美咲 HANDA 日本の旗 日本 MB
16 吉丸夏菜枝 YOSHIMARU 日本の旗 日本 MB
17 南波美紅 NANBA 日本の旗 日本 WS
18 戸江真奈 TOE 日本の旗 日本 L
20 筒井さやか TSUTSUI 日本の旗 日本 L
23 石橋里紗 ISHIBASHI 日本の旗 日本 MB
24 中大路絢野 NAKAOJI 日本の旗 日本 S

スタッフ

2014年11月版[11][13]

役職 名前 国籍
部長 萱嶋章 日本の旗 日本
副部長 小早川武徳 日本の旗 日本
監督 中田久美 日本の旗 日本
コーチ 野中俊英 日本の旗 日本
コーチ 豊暉原峻 日本の旗 日本
コーチ 加藤陽一 日本の旗 日本
コーチ兼アナリスト 中村文哉 日本の旗 日本
アナリスト 新村薫 日本の旗 日本
トレーナー 大道幸佳 日本の旗 日本
マネージャー 平谷梢 日本の旗 日本
マネージャー 陶山麻未 日本の旗 日本

在籍していた主な選手

ユニフォーム・シューズ

  • ユニフォームサプライヤー
  • シューズサプライヤー
    • ミズノ

関連項目

脚注

  1. ^ チーム紹介 - 久光製薬スプリングス公式サイト
  2. ^ 『国民体育大会の歩み』1980年3月1日増補改定版 発行:都道府県体育協会連絡協議会 監修:日本体育協会 153ページ
  3. ^ 月刊バレーボール 1978年12月号 142-143ページ
  4. ^ “第65回国民体育大会への不参加のお知らせ” (プレスリリース), 久光製薬スプリングス, (2010年8月17日), http://www.springs.jp/topics/0474.pdf 2013年6月17日閲覧。 
  5. ^ “平成23年度国民体育大会第31回九州ブロック大会について” (プレスリリース), 久光製薬スプリングス, (2011年7月27日), http://www.springs.jp/topics/2011/07/20110727_593.html 2013年6月17日閲覧。 
  6. ^ 毎日jp. “黒鷲旗バレー:久光製薬6年ぶり優勝 女子初の3冠”. 2013年5月7日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “試合会場レポート”. 2013年12月15日閲覧。
  8. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・プレミアリーグ女子 ファイナル 試合結果のお知らせ”. 2014年4月12日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “【速報】 2014アジアクラブバレーボール女子選手権大会で久光製薬スプリングスが優勝!”. 2014年4月25日閲覧。
  10. ^ 久光製薬スプリングス. “「FIVB世界クラブ女子選手権大会」出場のお知らせ”. 2014年4月29日閲覧。
  11. ^ a b メンバー紹介”. 久光製薬スプリングス. 2013年11月23日閲覧。
  12. ^ チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2014年11月12日閲覧。
  13. ^ チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2014年11月12日閲覧。

外部リンク