白井貴子 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白井 貴子
Takako Shirai
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1952年7月18日(62歳)
出身地 岡山県岡山市
ラテン文字 Takako Shirai
身長 182cm
選手情報
愛称 ビッグ
ポジション WS
ブロック  
 
獲得メダル
オリンピック
女子 バレーボール
1976 バレーボール
1972 バレーボール
テンプレートを表示

白井 貴子(しらい たかこ、現姓:高木、1952年7月18日- )は、元バレーボール選手。岡山県岡山市出身。身長180cm。

1970年代を代表する大型エースアタッカーで、1972年ミュンヘン五輪で銀メダル、1976年モントリオール五輪では金メダルを獲得した。

来歴[編集]

出身地を南北朝鮮に分けた両親のもとに生まれ、中学2年の時にバレーを始める。

1968年片山女子高校を中退後、倉紡倉敷に入社。18歳の時に同チームの白井省治監督の養女となり日本国籍を取得した。

1972年ミュンヘン五輪で銀メダルを獲得後、現役を引退し、1973年1月に勤務先の倉紡倉敷を退社した。しかし同年6月に現役に復帰を発表し、8月に日立に入社した。

打倒ソ連へ向け、距離の長いBクイック「ひかり攻撃」を、セッター松田紀子と共に猛特訓の末に完成させる[1][2]

1976年モントリオール五輪の決勝でソ連をストレートで下し、金メダルを獲得。

モントリオール五輪後、現役を引退し岡山に帰省。1976年10月に婚約発表し、12月に正式に日立を退社した。しかし年内には婚約を解消した。

1977年1月末に上京、日立武蔵のコーチとして後輩の指導にあたった。その後現役復帰し同年ワールドカップに出場し優勝した。

1978年に現役を引退。2000年、日本人女性で初めてバレーボール殿堂入りを果たした。

80年代にはテレビ朝日の番組『ビートたけしのスポーツ大将』に、バレーボールコーナーの助っ人として出演、往年のプレーを披露した。現在は、杉並区教育委員、NPO法人バレーボール・モントリオール会代表理事。

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1970年 - 第4回日本リーグ ベスト6
    • 1973年 - 第7回日本リーグ ベスト6
    • 1974年 - 第8回日本リーグ 敢闘賞、サーブ賞、ベスト6
    • 1975年 - 第9回日本リーグ 最高殊勲選手賞、スパイク賞、ベスト6
    • 1977年 - 第11回日本リーグ 最高殊勲選手賞、スパイク賞、レシーブ賞、ベスト6
    • 2007年 - プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

テレビドラマ出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]