佐伯美香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐伯 美香
SAIKI Mika
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1971年9月25日(42歳)
出身地 愛媛県松山市
ラテン文字 SAIKI Mika
身長 172cm
体重 63kg
血液型 AB型
選手情報
愛称 テル
指高 222cm
利き手
スパイク 295cm
ブロック 284cm
テンプレートを表示

佐伯 美香(さいき みか、1971年9月25日 - )は、日本の女子バレーボール選手、ビーチバレー選手および指導者。ニックネームはテルダイキヒメッツ所属。

来歴

愛媛県松山市出身。小学校5年生からインドアバレーボールを始める。京都成安高等学校(現:京都産業大学附属高等学校)卒業後、1990年ユニチカに入社。1995年、第2回Vリーグで15年ぶりの優勝に貢献し、最高殊勲選手、レシーブ賞、ベスト6を獲得。その頃からシーズンオフにビーチバレー大会にチームメイトと組んで出場。タイトルを獲得する。

1995年ワールドカップに出場し活躍。1996年全日本チームのエースとしてアトランタオリンピックに出場(9位)。

1997年、ユニチカを退社し、ビーチバレーに本格転向。2000年シドニーオリンピック高橋有紀子とのペアで出場し4位入賞。その後、結婚・出産を経て2002年に活動を再開。2008年北京オリンピック楠原千秋とのペアで出場するも、1次リーグ敗退。

2009年4月、競技の一線から退く意向を表明。今後は五輪出場を目指すことはないが、国内大会には出場する予定。今後はインドア・ビーチを問わず、全国で教室を開くなどの普及活動が中心になり、指導者に転身する希望も表明。その一環として愛媛県立東温高等学校愛媛県東温市、男子バレーボール部)の指導にあたった。

2009年7月、株式会社TRYMに所属。「夢をあきらめない」「バレー人生で学んだこと」「夢をもてる子供の育て方」などのテーマで積極的に講演活動を展開。

2009年8月、コーチングキャラバンに参加。金光大阪高等学校大阪府高槻市、女子バレーボール部)の指導にあたる。2010年4月から松山東雲短大/大学女子バレーボール部のコーチに就任[1]

プレースタイル

  • 低身長をカバーするため、相手がブロックに飛ぶより速くスパイクを決めるスピードに磨きをかけることにより、スピーディーでパワフルなスパイクで相手を攻め立てエースとして活躍した。

球歴

バレーボール

ナショナルチーム代表歴
獲得タイトル
  • 1995年 - 第2回Vリーグ 最高殊勲選手、レシーブ賞、ベスト6 
  • 1996年 - 第3回Vリーグ 特別賞

ビーチバレー

1998年 
  • アジア大会(バンコク) 銀メダル 
1999年 
  • 世界選手権フランス大会 5位入賞 
2000年  
2003年
2004年
  • ワールドツアー・日本大会 7位
2005年
  • BSジャパンマーメイドカップ 優勝
2006年
  • ワールドツアー・タイ大会 9位
2007年
  • ジャパンツアー・第3戦宮崎、第4戦東京大会 優勝
2008年

所属チーム

脚注

  1. ^ 月刊バレーボール 2011年1月号 87ページ

外部リンク