八王子神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
深沢山(八王子市)の八王子神社

八王子神社(はちおうじじんじゃ)は、スサノオの八柱の御子神を祀る神社である。八王子宮八柱神社(やはしらじんじゃ)などとも言い、日本全国にある。

概要[編集]

元々は、神仏習合下の両部神道に由来するものである。

913年(延喜13年)に華厳菩薩妙行が、東京都八王子市の深沢山(現在の城山)山頂で修行中に牛頭天王と八人の王子が現れた。その因縁で916年(延喜16年)深沢山に八王子権現を祀ったと言われている。

仏教の守護神である牛頭天王には頗梨采女との間に8人の子(八王子)がいるとされており、これを祀ったのが八王子神社である。

八王子は八方位の暦神に比定され、八将神ともいう。

明治の神仏分離の際、これが牛頭天王と習合していたスサノオと天照大神との誓約(うけい)で化生した五男三女神に変えられた。五男三女神とは以下の神である。

ただし、神社によっては異なる神を祭神としていることもある。特に「八柱神社」については、単に八柱の神を祀るという意味の場合もある。

著名な八王子神社[編集]

八王子市の起源[編集]

東京都八王子市の地名は、戦国時代、深沢山に北条氏照が城を築いた際、この伝説から「八王子城」と名づけたことに由来する。

関連項目[編集]