偽史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

偽史(ぎし、pseudohistory)とは、まがいものの歴史のことである。

概説[編集]

偽史というのは、まるで本当のできごとであったかのように何かが語られたり書かれたりしているが、実はそれが本当ではない、というものである。あるいは、書き手によって意図的に偽造された歴史のことである。

OED(オックスフォード英語辞典)はNew Latin(=ルネッサンス以降のラテン語)の「pseudo-historia」という表現は少なくとも 1650年代以前から使われているとしている[1]

定義[編集]

偽史の定義はいくつかありうる。

原田実は「捏造による文書遺物疑似科学データに基づいた、アカデミズムからはまったく相手にされない学説」とした[2]

なお長谷川亮一[3]は、偽史というのは必ずしも偽書に基づいているわけではない、と指摘したうえで、偽史の定義としては「信頼できない論拠(例:史料批判が不十分な史料、事実誤認、全くの想像など)を基に、非学問的な方法論によって組み立てられた、虚構の歴史」を示した[4]

例・類型[編集]

長谷川亮一は先行する研究もふまえつつ、偽史の例・類型として以下のようなものを挙げた[4]

(自民族の出自を他の民族(古代文明の創始者などの“優秀な”民族)に強引に結びつけようとするもの。[5][6]
(古代に現代文明の水準をはるかに超える文明が存在したとするもの。しばしば、その古代文明の創設者が自民族の祖であるとする。)
(世界の歴史は陰謀によって動かされている、とする説。陰謀を練っている者は秘密結社であるとしばしば主張される。)
(学会などでも、また一般でも)歴史的事実とされているものを、ただの虚構だと断定したり、歴史的事実に一般的な解釈とはかけはなれた解釈を下したりするもの。

エスノセントリズム(自国中心主義)というのも、その熱情のゆえにしばしば偽史を作り出す原因になってきた、と指摘されることがある。自分の民族に対する過度の愛着や、近隣の他民族に対する過度の敵愾心によって、偽のお話をつくりだしたりそれを好んで選びとってしまうというのである。

現代の一般市民、各国の国民の日常的言動においても、自国を中心とした視点でそれぞれが信じたがっている歴史をつくり出したり選んだりして、それがまことしやかに語られていることがあるという。これは世界各地どこでも見られることではあるが、例えば東アジアを例にとると、中国人民衆は中国人に都合のよい、韓国人民衆は韓国人に都合のよい[7]、日本人民衆は日本人に都合のよい歴史をつくりだして語ってしまっているという。

また、イデオロギーの対立がある時にしばしば偽史が登場する、ということも指摘されることがある。

欧米における偽史[編集]

欧米でも偽史は様々あるが、一例として沈没大陸説(アトランティス大陸説、およびムー大陸説)を解説することにする。

アトランティス大陸伝説は、古くは古代ギリシャプラトンが自著『クリティアス』と『ティマイオス』で言及しており、ヘラクレスの柱(現在のジブラルタル海峡にあったもの)の彼方にある巨大な“島”、として言及されている。

1882年、アメリカの政治家イグネイシャス・ドネリー英語版 [注 1](1831-1901)がAtlantis(『アトランティス』)という書を刊行し、そこにおいて、「アトランティス大陸に存在した文明こそが世界の全文明の根源だった」という説を展開した[4]。これ以降、アトランティス大陸の研究のブームが欧米で巻き起こった。こうしたブームの亜流として、レムリア大陸(インド洋または太平洋にかつて存在したと語られる大陸)に関する説も登場した[4]

1931年になると、米国の作家ジェームズ・チャーチワード(1851-1936)がThe Lost Continent of Mu (『失われた大陸ムー』)という書を刊行し、そこにおいて「太平洋に沈んだムー大陸こそ全人類と全文明の故郷である」という説を展開した[4]

彼らの説において描きだされた大陸はおおむね、全人類と全文明の故郷ということになっており、なおかつその地の住民の支配層は白人種で自分たちの先祖であった、ということになっているという[4]。こうした人種差別的な傾向は、チャーチワードに限らず、アトランティス大陸やレムリア大陸が実在したと主張した人々に共通した傾向だと、長谷川亮一は指摘した[4]白人優越主義、自民族至上主義(エスノセントリズム)を正当化し、また「かつては全世界が自分たちのものであった」ことを「立証」し、自分たちが行っている植民地支配を正当化するために編み出された偽史だと言えると長谷川亮一は指摘した。

日本における偽史[編集]

長谷川亮一は、日本に於いて偽史、なかでも日本人の起源や日本の起源に関わる偽史が創作されはじめたのは、近世後半のことで、国学思想が成立した時期以降と考えられる、とした[4]

プロパガンダによる偽史[編集]

クーデターによって正当な支配者を打倒して政権を簒奪した場合、支配を正当化するために簒奪者が偽史を捏造する、あるいは捏造する必要に迫られることがある。 これらの偽史は長い歳月を経て何時しか定説として定着するが、資料研究によって偽史だと露見する事もある。

自然科学者がつくりだす偽史[編集]

19世紀に誕生した科学者という集団が書いてきた科学史というのもしばしば偽史だとJ.H.ブルック英語版は指摘した[8]。彼らはその存在が人々から認めてもらえていなかったものだから、意図的に仮想敵を作り出して、自分たちのことをその仮想敵と戦っている善玉であるかのように描くことで人々の支持を得ようとした、とも指摘[8]。また科学者などというのは、自分たちの先人たちをまるで偉人であるかのように単純化して描くことをするが、それはしばしば事実とは全く異なっていて、科学者というのもただの人間で、実際にやっている行為はもっと人間臭いことで満ちており、数々の不正行為も積み重ねてきているということは最近の研究で明らかになってきている[8][注 2] また自然科学者というのは、自分にとって都合の悪い歴史的事実は書かずに隠蔽してしまうともブルックは指摘した[8]

現代日本でも、科学者らはより多くの学生を確保し学部存続を図ったりより多くの予算を獲得するために、青少年らを自然科学系の専攻へと勧誘する運動を広く行っている。

正史における偽史なのか、それとも歴史修正論なのかを巡る議論[編集]

ただし歴史というものには根本的に偽史が練り込まれてしまっていて、“本当の歴史”と偽史は必ずしも区別できるものではない、といったことを言う人はいる。いわゆる“正史”とされるもの、つまり政権の組織で保存されてきた歴史書のというのは、権力者が誰かを雇い書かせたものであるので、当然その権力者に都合よくできごとを歪曲して書かせてしまったり、権力者に都合の悪い事実は一般的に言えば書かれることが無い、と言われることがあるのである。

たとえば若狹和朋は、中国の正史(官史)というのはことごとく偽史だ、と述べた[9]。理由はそれをつくる者が官吏だからだという[9]。「前の王朝がこういういきさつで失われ、天の命が革(あらた)まり、本朝(=今の政権)の世になった」という説き方をしてしまうのが、易姓革命の思想でものごとを見てしまう国の政治書の宿命なのだという[9]。特定の視点でできごとを解釈したり編集してしまうわけである。かくして正史(官史)には異本(バリアント)が存在しないのだという[9]。もしも歴史を記すというのが本当に誠実に行われるならば、取材する相手となる、歴史的な出来事の場に居合わせた人々(目撃者・報告者)の立場ごとに異なったことが報告され異本が何種類も登場することになるはずなのだが、にもかかわらずただひとつの版だけが伝えられるということは、“正史”というのは既に特定の集団の特定の政治的な意図や意味付けによって記述が操作・統制されてしまっている、ということを述べているようなのである。


参考文献[編集]

  • 若狹和朋『続・日本人が知ってはならない歴史』朱鳥社、2007
  • ブルック『科学と宗教 合理的自然観のパラドクス』工作舎、2005 ISBN 4875023901
  • Oxford English Dictionary (OED、オックスフォード英語辞典

関連文献[編集]

単行本類
  • 長山靖生『人はなぜ歴史を偽造するのか』新潮社、1998
  • 長山靖生『偽史冒険世界:カルト本の百年』筑摩書房、2001
  • 野平俊水『韓国人の日本偽史: 日本人はビックリ!』2002
  • 川平敏文『兼好法師の虚像: 偽伝の近世史』2006
  • 佐伯修『偽史と奇書の日本史』現代書館、 2007
  • 大塚英志『偽史としての民俗学: 柳田國男と異端の思想』2007
  • 水野俊平『韓vs日「偽史ワールド」』小学館、2007 ISBN 4093877033
  • 原田実『トンデモ偽史の世界』楽工社、2008 ISBN 4903063240
記事・論文類
  • 藤野七穂(2000)「偽史源流行-1-「偽史」情報の氾濫と錯綜」歴史読本 45(3), 232-238, 2000-02 [2]
  • 藤野七穂(2000)「偽史源流行(2)偽史は分類できるのか 」
  • 藤野七穂(2000) 「偽史源流行(3)偽史の"共通の核"と系統」
  • 藤野七穂(2001)「偽史源流行 (18) 反大本運動の中の皇道宣揚会」歴史読本 46(6), 220-226, 2001-06 [3]
  • 藤野七穂(2001)「偽史源流行(19)偽史と神代文字の闇」歴史読本 46(7), 218-225, 2001-07 [4]
  • 藤野七穂(2001)「偽史源流行(24)『上津文』成立と『古史成文』の呪縛」歴史読本 46(13), 216-222, 2001-12 [5]

脚注・出典[編集]

  1. ^ (注)英語のネイティブはDonnellyを「ダナリー」「ダヌリー」といったように発音をする。よって日本語で表記するならば「ドネリー」あたりが無難。「ダンリー」としては遠すぎる。
  2. ^ 例えばガリレオ・ガリレイアイザック・ニュートン 等も、科学史で描かれてきたのは虚像にすぎず、実像とは異なっている(出典: W.ブロード, N.ウェイド『背信の科学者たち』講談社、2006)
  1. ^ OED(オックスフォード英語辞典
  2. ^ 原田実 「私が出会ったもうひとりの『カリスマ』──武田崇元とオカルト雑誌『ムー』の軌跡」『宝島30 (3巻11月号)』 宝島社、1995年
  3. ^ 長谷川亮一:千葉大学大学院社会文化科学研究科修了、博士(文学)。千葉大学大学院人文社会科学研究科特別研究員。 著作目録 [1]
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 長谷川亮一. “近代日本における「偽史」の系譜──日本人起源論を中心として──(『季刊 邪馬台国』(梓書院)第65号、1998年夏号、7月25日発行) pp. 163-179. (ISSN 0387-818X)に発表されたものとおおむね同内容のサイト)。”. 2011年4月19日閲覧。
  5. ^ 長谷川亮一はこれのヴァリエーションとして、《源義経=ジンギスカン説》、《キリスト=アーリア人説》を挙げた。
  6. ^ 関連項目: 日ユ同祖論
  7. ^ 野平俊水『韓国人の日本偽史: 日本人はビックリ!』2002
  8. ^ a b c d ブルック『科学と宗教 合理的自然観のパラドクス』工作舎、2005 ISBN 4875023901
  9. ^ a b c d 若狹和朋『続・日本人が知ってはならない歴史』朱鳥社、2007

関連項目[編集]

外部リンク [編集]