ジェームズ・チャーチワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・チャーチワード

ジェームズ・チャーチワード: James Churchward1851年2月27日 - 1936年1月4日)は、アメリカ合衆国在住のイギリス人でムー大陸についての著作を書いた作家である。

父ウィリアム・チャーチワードが1890年に『ブルックリン・タイムズ』土曜版に沈んだ大陸についての投稿をしたとされ、ジェームズは父の遺志を継いだという。また。1931年4月20日アメリカ心霊現象研究協会(ASPR)で講演会を行なうなど心霊団体にも関わっていた。講演録は、ハンス・ステファン・サンテッスン『ムー大陸の理解』(1970年)に収録されている。1936年1月4日、84歳のときロサンゼルスで講演中に倒れ死亡。墓はニューヨーク郊外にありムー帝国の紋章が刻まれている。

主張[編集]

チャーチワードは、1868年インド(又はチベットミャンマー)でイギリス陸軍に所属していた際、寺院の僧に絵文字のある粘土板(チャーチワードはナーカルとよぶ)を見せられたという。1880年にイギリス陸軍大佐で退役し、この絵文字を解読したところ、ムー(チャーチワードによると発音はMOO)大陸の聖なる霊感の書であったという。友人のウィリアム・ニーヴンがメキシコで発見した石板を見せられた際にナーカルと同じ絵文字があったことがムー大陸の著作をするきっかけとなったという。絵文字はマヤのトロアノ絵写本、チベットラサ記録に記載されていたという。

だがその後、マヤのトロアノ絵写本は解読され別内容と判明、チベットのラサ記録は偽造文書であった事が発覚した。また、イギリス陸軍にも在籍の記録がないため、大佐での退役を始めとする軍歴は総て詐称とみなされている(経歴を信じるならば、16歳ですでに陸軍在籍、陸軍大佐で退役したのは28歳ということになる)。これらの事実のほかにも数多くの矛盾点が見出されている事から、ムー大陸の存在は学問的には完全に否定されている。

ちなみにムー大陸の「ムー」とはチャーチワードが解読したとするナーカル文字に「ムー」という解読不能な言葉が繰り返されることから命名されたもので、「ムー大陸」という大陸があったという意味ではない。おそらく英語の「THE」のようなものと解釈される。ムー大陸の証拠とされるイースター島モアイ像などがあるものの、地球物理学の観点から「太平洋に沈んだ大陸は存在しない」ことが証明されている。

現在では、チャーチワードは白人優越主義者であり、この一連の主張も、その主義の裏づけとするべく創作されたものとする声が強い。

著作[編集]

  • 『メイン州北東部への大物釣りガイド』(: A Big Game and Fishing Guide to North-Eastern Maine
若年のころアメリカで著述
L・スプレイグ・ディ・キャンプ 『プラトンのアトランティス』の邦訳(小泉源太郎訳 『幻想大陸』 大陸書房 1974年、小泉源太郎訳 『プラトンのアトランティス』 角川春樹事務所 1997年 ISBN 978-4894563650)では、この書物に関する部分が割愛されている[1]
  • 『失われたムー大陸』(: The Lost Continent of Mu、1931年ニューヨークで出版)
ムー大陸という超古代文明が栄えたという伝説上の大陸が存在することを主張する。ウィリアム・ニーヴンに捧げられた。
  • 『ムー大陸の子孫たち』(: The Children of Mu、1931年)
  • 『ムー大陸の聖なるシンボル』(: The Sacred Symbols of Mu、1933年)
  • 『ムー大陸の宇宙力』(: Cosmic Forces of Mu、1934年)
  • 『ムー大陸の宇宙力第二の書』(: Second Book of Cosmic Forces of Mu
  • : Books of the Golden Age
草稿のまま出版されず70年後に公表されたものとされるが、文体が異なることなどから偽書だと考えられている。

日本語訳[編集]

  • ゼ・チャーチワード 『南洋諸島の古代文化』 仲木貞一訳、岡倉書房、1942年
  • 『消えた大陸のなぞ ピラミッドの秘密』 亀山竜樹訳、武部本一郎絵、偕成社〈少年少女世界のノンフィクション 4〉、1964年
  • 『失われたムー大陸』 小泉源太郎訳、大陸書房、1968年
    • 『ムー大陸 太平洋の失われた大陸』 小泉源太郎訳、大陸書房〈ムーブックス〉、1977年2月。
    • 『失われたムー大陸』 小泉源太郎訳、大陸書房、1986年11月。ISBN 4-8033-1032-7
    • 『失われたムー大陸 消えた謎の古代都市』 小泉源太郎訳、大陸書房〈大陸文庫〉、1991年1月。ISBN 4-8033-3155-3
    • 『失われたムー大陸 ムー文明の全貌と水没の謎に迫る!!』 小泉源太郎訳、たま出版〈たまの新書〉、1995年1月。ISBN 4-88481-815-6
    • 『失われたムー大陸 第一文書』 小泉源太郎訳、角川春樹事務所〈ボーダーランド文庫 1〉、1997年6月。ISBN 4-89456-315-0
  • 『ムー大陸の子孫たち』 小泉源太郎訳、大陸書房、1970年
    • 『ムー大陸の子孫たち』 小泉源太郎訳、大陸書房、1986年11月。ISBN 4-8033-1033-5
    • 『ムー大陸の子孫たち 超古代文明崩壊の謎』 小泉源太郎訳、大陸書房〈大陸文庫〉、1991年5月。ISBN 4-8033-3323-8
    • 『ムー大陸の子孫たち 超古代文明崩壊の謎』 小泉源太郎訳、青樹社〈Big books〉、1997年6月。ISBN 4-7913-1034-9
  • 『ムー大陸のシンボル』 小泉源太郎訳、大陸書房、1970年
    • 『ムー大陸のシンボル』 小泉源太郎訳、大陸書房、1986年11月。ISBN 4-8033-1034-3
    • 『ムー大陸の謎と神秘 聖なるシンボルが解き明かす!』 小泉源太郎訳、大陸書房〈大陸文庫〉、1991年9月。ISBN 4-8033-3697-0
    • 『ムー帝国の表象 第三文書』 小泉源太郎訳、角川春樹事務所〈ボーダーランド文庫 6〉、1997年7月。ISBN 4-89456-329-0
  • 『ムー大陸の沈没』 小泉源太郎訳、大陸書房、1972年
    • 『ムー大陸の沈没』 小泉源太郎訳、大陸書房、1986年11月。ISBN 4-8033-1035-1
  • 『ムー大陸の宇宙科学』 石原佳代子訳、中央アート出版社〈心霊科学名著シリーズ 41〉、1995年6月。ISBN 4-88639-710-7
  • 『ムー大陸研究原典』 小泉源太郎訳、新人物往来社、1995年11月、愛蔵保存版。ISBN 4-404-02299-9
  • 『ムー大陸の宇宙科学』part 2、石原佳代子訳、中央アート出版社〈心霊科学名著シリーズ 47〉、1997年2月。ISBN 4-88639-774-3

脚注[編集]

  1. ^ と学会 『トンデモ超常現象99の真相』 宝島社文庫 2000年 ISBN 978-4796618007、155p

外部リンク[編集]