伊勢志摩国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊勢志摩国立公園
Ise-Shima National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
英虞湾に沈む夕日
英虞湾に沈む夕日
指定区域 北緯34度27分18秒 東経136度43分33秒 / 北緯34.45500度 東経136.72583度 / 34.45500; 136.72583座標: 北緯34度27分18秒 東経136度43分33秒 / 北緯34.45500度 東経136.72583度 / 34.45500; 136.72583
分類 国立公園
面積 55,544 ha[2]
指定日 1946年11月20日
運営者 環境省
年来園者数 820万人(2010年)[3]
施設 関連施設を参照
事務所 中部地方環境事務所
事務所所在地 460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2
公式サイト 伊勢志摩国立公園(環境省)
テンプレートを表示

伊勢志摩国立公園(いせしまこくりつこうえん)は、三重県志摩半島一帯からなる国立公園1946年11月20日に指定された。リアス式海岸と温暖な気候による植生が特徴で、英虞湾的矢湾五ヶ所湾など深い入り江が多い。

日本の国立公園の面積の約60%が国有地であるが、鳥羽市志摩市市街地のほかに神路山などの伊勢神宮の宮域林5,500ha[4]を含む伊勢志摩国立公園では90%以上が私有地である[5]。年間訪問者は1017.6万人(2002年[6]生活圏と重なるため、日本の国立公園の中では最も人口が多い[6]


指定までの経緯[編集]

伊勢志摩国立公園は観光客の増加を期待し、戦前に鳥羽と志摩が吉野熊野国立公園の区域拡大を求めたことに始まる。1942年に独立した志摩国立公園の計画に変更されたが、当初の計画では宇治山田市(現伊勢市)を含まなかった。太平洋戦争の戦況が悪化し、計画は頓挫したかのように見えた。

1945年の敗戦直後から厚生省が国立公園事務を再開し、翌1946年4月に厚生省石神甲子郎技師が志摩国立公園の候補地を視察した。政教分離のためにGHQが神宮を過剰に解体してしまうことが危惧され、宇治山田市議会が宇治山田市と度会郡沼木村(のちに伊勢市)を追加することを決議した。5月には神宮の宮域林を含む範囲が申請区域に追加され、伊勢志摩国立公園の計画に変更された[7]。鳥羽・志摩では英虞湾真珠の主要産地であることをアピールするためにGHQ要人の夫人へ真珠のネックレスなどを贈与し便宜を求めた[8]。これとは別に神宮側が懸命に説得したこともあり戦後初の国立公園として伊勢志摩国立公園が誕生した。

地理[編集]

面積[編集]

  • 総面積74,644ha  内訳(陸域55,544ha 海域19,100ha)
所有者別[6]
国有地 0.3%
私有地 99.7%(公有地 3.6%、民有地 96.1%)
保護地域別(陸域)[9]
特別保護地区 944ha(1.7%)
第1種特別地域 1,084ha(2.0%)
第2種特別地域 6,691ha(12.0%)
第3種特別地域 8,790ha(15.8%)
普通地域 38,035ha(68.5%)

普通地域の割合は日本の国立公園の中で最も高い[9]

地形[編集]

リアス式海岸や海食崖[6]、日本最大の隆起海食台地[10]などの海岸地形に特色がある。

[編集]

神島

[編集]

[編集]

植生・動物[編集]

内陸部は伊勢神宮の神宮林(宮域林)のジングウスギ常緑広葉樹針葉樹の成す針広混交林や国の天然記念物に指定されている「暖地性シダ群落」などの貴重な自然が残る[6]。山中にはシカイノシシニホンザルなどが生息し[6]三重県道32号伊勢磯部線(伊勢道路)等の山中を通る道路で時折遭遇する。

沿岸部はハマユウハマナデシコなどの暖地性海浜植物が咲き、ウミネコセグロカモメなどの海鳥が舞う[6]。カモメは鳥羽市の鳥に指定されている。

展望台[編集]

  • 朝熊山頂展望台(伊勢市)
  • 日和山展望台(鳥羽市)
  • 太平洋側
    • 鳥羽展望台(鳥羽市、パールロード
    • 崎山公園(志摩市大王町) - 大王崎にある公園
    • 南海展望台(南伊勢町礫浦)
    • 鵜倉園地(南伊勢町道行竈)
  • 内海側
    • 横山展望台(志摩市阿児町) 英虞湾を北から見る展望台
    • 西山展望台(志摩市阿児町) 英虞湾を北東から見る展望台(夕日100選)
    • 登茂山展望台(志摩市大王町)英虞湾を東北東から見る展望台 
    • 桐垣展望台(志摩市大王町) 英虞湾を東から見る展望台

参観灯台[編集]

安乗埼灯台

関連市町村[編集]

三重県[編集]

主な観光地[編集]

御座白浜

ビジターセンター[編集]

利用者数は2008年(平成20年)[11]

センター名 設置者 所在地 利用者数(人)
横山ビジターセンター 環境省 三重県志摩市阿児町鵜方857-24 13,437
鳥羽ビジターセンター 伊勢志摩国立公園協会 三重県鳥羽市鳥羽一丁目2383-22 6,813
ともやまビジターセンター 志摩市 三重県志摩市大王町波切2203 55,300

脚注[編集]

  1. ^ 伊勢志摩国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。
  2. ^ 伊勢志摩国立公園の公園紹介”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。
  3. ^ 国立公園の利用者数(公園、年次別) (PDF)”. 環境省. 2012年10月6日閲覧。
  4. ^ 伊勢神宮と周辺の自然』(伊勢志摩きらり千選
  5. ^ ようこそ国立公園へ』(環境省
  6. ^ a b c d e f g 古田(2005)、74ページ
  7. ^ 『遷宮論集』(神社本庁
  8. ^ 驕るなかれ』53ページ(中村幸昭著、Google ブック検索) - 中村は鳥羽水族館創設者である
  9. ^ a b 古田(2005)、121ページ
  10. ^ 藤田・田林(2007)
  11. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月16日閲覧。)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]