ワイワイワールド2 SOS!!パセリ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイワイワールド2 SOS!!パセリ城
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 コナミ
発売元 コナミ
人数 1~2人
メディア 3Mbitロムカセット
発売日 1991年1月5日
テンプレートを表示

ワイワイワールド2 SOS!!パセリ城』(ワイワイワールドツー エスオーエス!!パセリじょう)は、1991年1月5日コナミから発売されたファミリーコンピュータゲームソフト。1988年発売の『コナミワイワイワールド』の続編にあたり、前作と同様にコナミの人気ゲームのキャラクター達を集めたゲームで、ゲーム内容は前作以上にボリュームアップしている。尚、前作でタイトルに付いていた「コナミ」の文字は無くなった。

概要[編集]

前作と同様にコナミの人気ゲームのキャラクター達を集めたゲームだが、本作はキャラクター本人ではなくリックルという主人公ロボットが各ヒーローに変身する形式となる。アクション、シューティング、パズル、カーチェイスなど、他のコナミのゲームを模した様々なステージが多数用意されており、道中に待ち受ける敵を倒しながら先へと進み、パセリ城ごと連れ去られたハーブ姫を助けることが目的。前作同様に2人同時プレイが可能。全体的にシリアス寄りだった前作の絵柄と比べ、本作のデザインは全てコミカルな二頭身のSDキャラクターに統一されており、ゲーム中の雰囲気は一新された。尚、難易度は前作に比べると大幅に下げられており、デザイン、バランス共にプレイヤーの平均対象年齢が下げられた印象を受ける。

ストーリー[編集]

平和な日々が続いていたワイワイワールド。そこへ突如暗黒の彼方から大魔法使い『ワルーモン』が現れ、ワルワル魔法により瞬く間にワイワイワールドを征服してしまった。観光旅行中で危うく難を逃れたシナモン博士は、密かに開発していた「コナミヒーロー変身回路」内蔵スーパーロボット『リックル』を創り出し、ワルーモンを倒すために出動させた。このシナモン博士の行動に気づいたワルーモンは、ワイワイワールドのハーブ姫をパセリ城ごと宇宙空間へ連れ去り、かつてのコナミヒーロー達に倒された悪役キャラを復活させ、リックルを倒すために向かわせたのだった。

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

リックル
シナモン博士が作った少年型ロボット。コナミヒーローに変身する能力を持っている。本来の姿の時は、ジャンプ中にさらに2段ジャンプをする事でホバリングをする事が出来る。武器は腕から発射するエネルギーカッターで攻撃の射程距離は短い。1P側が操作する。
ブルーリックル
2P用のキャラクター。2人プレイの場合はブルーリックルを2P側が操作する。性能はリックルに準ずる。

変身キャラクター[編集]

ゴエモン(イシカワ ゴエモン)
がんばれゴエモン』シリーズより登場。キセルをブーメランの様に飛ばして攻撃する。
ウパ
バイオミラクル ぼくってウパ』より登場。ガラ=スウォード(ガラガラ)で攻撃。攻撃した相手は雲に変わり足場にする事ができる。
シモン(シモン・ベルモント)
悪魔城ドラキュラ』シリーズより登場。攻撃力の高いムチを使って離れた敵を攻撃。
ビル(ビル・ライザー)
魂斗羅』シリーズより登場。銃を上下左右4方向に打ち分ける事が出来る。射程に制限がないため使いやすい。連射機などでジャンプ中に上下に弾を撃つと、『魂斗羅』ばりの連射になる(左右は不可)。
フウマ(月風魔)
月風魔伝』より登場。強力な剣で攻撃する。

その他のキャラクター[編集]

シナモン博士
前作に引き続き登場。観光旅行中だった為にワルーモンの襲撃を逃れる。ワルーモンに対抗するべく、コナミヒーロー変身回路内蔵スーパーロボットのリックルを創り上げた。
コナミマン
前作に引き続き登場。今回はプレイヤーキャラクターとしてではなく、ステージ間のデモなど端役として出演。自ら集計ボーイを名乗り、ステージで獲得したアイテムをエンゼルマークや予備バッテリーなどに交換してくれる。
コナミレディ
前作に引き続き登場。こちらも今回はプレイヤーキャラクターとしてではなく、ステージ間のデモなどに出演してプレイヤーをナビゲートしてくれる。
エビス丸
『がんばれゴエモン』シリーズより登場。プレイヤーキャラクターとしてではなく、ステージ間のデモに登場。その他にも背景のオブジェクトなどに登場している。
ハーブ姫
ワイワイワールドのパセリ城に住む綺麗なお姫様。ワルーモンの襲撃によりパセリ城ごと宇宙空間にさらわれる。
ワルーモン
暗黒の彼方から突如現れた大魔法使い。ワイワイワールドをワルワルの魔法で瞬く間に征服。ハーブ姫をパセリ城ごと宇宙空間へ連れ去る。

機体メカ[編集]

ツインビー&ウインビー
ツインビー』シリーズより登場。ワールド3の縦スクロールシューティングステージと3D視点のボーナスステージで使用。パワーアップシステムは『ツインビー』に準ずる。また、パズルステージの絵にも登場。
ビックバイパー&メタリオン
グラディウス』シリーズより登場。ワールド8の横スクロールシューティングステージで使用。地面近くを飛行するとセガの『ファンタジーゾーン』のオパオパみたく足を出して歩く。パワーアップシステムは『グラディウス』に準ずる。
砲台
クォース』より登場。コンティニュー時のパスワード入力画面は、同社のパズルゲームの『クォース』のようなレイアウトとなっている。

変身システム[編集]

プレイヤーはゲーム開始前に下記の4種類中から変身タイプを選択。ステージの道中でリックルが変身用のアイテムを収得すればコナミヒーローに変身することができる。尚、2人プレイ時には、変身タイプを1P・2Pがそれぞれが別々に選択可能だが、片方が変身中の場合、もう片方はそれと同じキャラクターには変身できない。また、変身タイプはゲーム中には変更不可。

これらの変身には時間制限があり、変身中には敵に当たってもライフが減らない代わりに変身の残り時間が減少する。変身中に回復アイテムを入手すれば変身時間を回復できるが、リックルのライフは変身前の状態のままで回復しない。

  • 変身タイプ
    • ゴエモン・ウパ・シモン
    • ゴエモン・ビル・フウマ
    • ウパ・フウマ・シモン
    • ウパ・シモン・ビル

ステージ[編集]

ワールド1「スーパーロボット リックル しゅつどう!!」
未来都市のオリジナルステージ。全3面構成で、1面と3面は強制スクロールのアクションステージ、2面はリックルの戦闘機によるシューティングステージ(ボタン操作で方向転換が可能)となる。
ワールド2「はなの おえどタウンは おおさわぎ!!」
『ゴエモン』風のお江戸タウンステージ。全2面構成。ステージはファミコンの『がんばれゴエモン』からではなく、アーケードの『Mr.五右衛門』風にデザインされている。
ワールド3 A「ドンブリだらけで おなかも いっぱい ?」
『ツインビー』風の縦スクロールシューティングステージ。1Pは「ツインビー」、2Pは「ウインビー」に搭乗して戦う。ステージ開始前に「ドンブリアイランド」を選択するとこちらへ進む。ボスはドンブリ。この面ではボーナスステージを含めた全2面構成となり、ボーナスステージではひたすらベルを獲得する、同社の『ファルシオン』風の3Dステージとなる。
ワールド3 B「ふあいなる ツインビー くえすと ガイデン!?」
『ツインビー』風の縦スクロールシューティングステージ。1Pは「ツインビー」、2Pは「ウインビー」に搭乗して戦う。ステージ開始前に「RPGポイアイランド」を選択するとこちらへ進む。ボスはドラゴン。こちらもボーナスステージを含めた全2面構成で、ボーナスステージでは同じくひたすらベルを獲得するが、背景の絵は異なる。
ワールド4「こんどは コントラ! なかなか エイリアン!!」
『魂斗羅』風のジャングルステージ。ボスはエイリアンの全1面構成。
ワールド5「むしばも ダイエットも かんけいないね!!」
『バイオミラクル ぼくってウパ』風ののお菓子の国ステージ。全2面構成で、前半は通常のアクションステージ、後半は縦スクロールの水中ステージとなる。尚、ウパに変身すればケーキの中を食べながら進めたり、ウパの顔が印されたボックスを開ける事ができるなどの特殊能力が使用可能。このステージにはボスは出現しない。
ワールド6 A「きおくの しょうぶ! きょうふの パズル!」
パズルステージ。ワールド5をクリア後に「パズルワールド」を選択するとこちらへ進む。同社の『ガッタンゴットン』風の16ピースのスライドパズルとなり、針の付いた汽車が風船を爆破しないように、風船を左右に移動させながら提示された絵を完成させていく。
ワールド6 B「ちきちき レーサー! マッハ リックル GO!GO!GO!」
カーレースステージ。ワールド5をクリア後に「レースGO GO!」を選択するとこちらへ進む。トップビューの縦スクロールを高速で進み、途中でミサイルやカッターなどの武器を入手しパワーアップするなど、同社のアーケードゲーム『シティボンバー』のシステムを取り入れたカーレース。
ワールド7「ようかいハカバに なんか ようかい ・・・」
『月風魔伝』風のステージ。全1面構成で、リックル、フウマ、シモンは特定のブロックを破壊することが可能。
ワールド8 A「わふうようさい タケヤブの ワナ だにゃん!」
『グラディウス』の横スクロールシューティングステージ。ワールド6をクリア後に「わふう ようさい タケヤブ」を選択するとこちらへと進む。1P側は「ビックバイパー」に、2P側は「メタリオン」に搭乗する。このステージは同社の『グラディウス』シリーズの要塞面を和風でコミカルに彩ったデザインとなっている。ステージクリア後には、サイズが4画面分もある超巨大な「ビックコア」が乱入してきて対決する。
ワールド8 B「コナミの しんぴ? モアイいせき だペモ!」
『グラディウス』の横スクロールシューティングステージ。ワールド6をクリア後に「いせきスター モアイ」を選択するとこちらへと進む。前述の通り、1P側は「ビックバイパー」に、2P側は「メタリオン」に搭乗して進む。このステージは同社の『グラディウス』シリーズのモアイ面と遺跡面風のデザインとなっている。なお、このステージのボスのキョンシーモアイとの対決時にはMSX版『グラディウス』のエクストラステージの曲が使用されている。こちらもステージクリア後には超巨大な「ビックコア」との対決となる。
ワールド9「パセリじょうは パラレルワールド!?」
最終ステージで全3面構成となる。1面の城入り口は同社のアーケードの『フロッガー』風のデザインとなり、車に轢かれたり谷へ落ちないように進んで行く。2面の城内は『悪魔城ドラキュラ』シリーズ風のデザインのアクションゲーム。ラストステージは強制スクロールのオリジナルのアクションステージとなり、ステージの最後には最終ボスの「ワルーモン」が待ち受けており対決する。

関連項目[編集]