ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭(ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「ねっきょうのひ」おんがくさい、フランス語: La Folle Journée au JAPON、通称LFJ)は、2005年以来毎年ゴールデンウィーク頃に東京で行われているクラシック音楽を中心とした音楽祭

東京での開催の成功を受けて、2008年からは金沢(ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭)、2010年からは新潟(ラ・フォル・ジュルネ新潟 「熱狂の日」音楽祭)、大津(ラ・フォル・ジュルネびわ湖「熱狂の日」音楽祭)、2011年からは鳥栖(ラ・フォル・ジュルネ鳥栖 「熱狂の日」音楽祭)が開催されている。本項では金沢、新潟、大津、鳥栖で開催された音楽祭についても取り上げる。

概要[編集]

1995年よりフランスナントで開催されているラ・フォル・ジュルネ(熱狂の一日、祝祭の一日)の日本版で、2005年にスタートした。本国フランス同様、演奏家の選出や演奏会の選曲はルネ・マルタンフランス語版によって行なわれている。

『一流の演奏を低料金で提供し、明日のクラシック音楽の新しい聴衆を開拓する』というコンセプトのもとに、選曲はクラシック初心者から上級者まで楽しめるように配慮されている。また年齢による入場制限[注 1]をせず幼児や子供が入場できる公演もあり、家族でクラシック音楽を楽しむことができる。

有料公演は東京国際フォーラム内の5つのホール(A、B7、B5、C、D7)・会議棟の2部屋(G402、G409)・相田みつを美術館をフル活用し、朝から夜遅くまで1公演45分 - 60分程度、長いものでも90分程度のコンサートが数多く同時に開かれ[注 2]、入場料も概ね1公演1500円 - 4000円と安く設定されている。

同時に、東京国際フォーラム内や丸の内地区のビルなどで無料演奏会や講演、展示会、ワークショップなどのイベントが開催されている。

無料公演は、東京近郊のアマチュア演奏家や団体を中心に行われるが、プロの演奏家・音楽家の参加もある。その他イベントでは子ども向けの演奏会、演奏者向けのマスタークラス、音楽史などの講演会、クラシック関連の映画上映などが開催される。これらのうち、ホール内の展示会場で開催されるものには有料公演の半券が必要となるが、イベント自体は無料のケースが多い。

有料公演・無料公演とあわせ、一日に多くの演奏を楽しむことができ、国際フォーラムの中庭に屋台や物販ブースが出店されるなどお祭りの雰囲気を出している。

主催者発表では、初開催の2005年は32万人が来場。周辺で行われた関連イベントを含めると2007年には約106万人、2010年には80万7900人もの観客を動員し、ゴールデンウィークの東京の一大イベントであると同時に、単一の音楽祭としては日本最大級となっている。

東京公演の概要[編集]

主催等[編集]

  • 主催:東京国際フォーラム
  • 企画制作 CREA/KAJIMOTO

テーマ[編集]

  • 2005年4月29日・30日・5月1日
    ベートーヴェンと仲間たち」
  • 2006年5月3日・5月4日・5月5日・5月6日
    モーツァルトと仲間たち」
  • 2007年5月2日 - 6日
    民族のハーモニー
  • 2008年5月2日 - 6日(丸の内及び周辺エリアは4月29日から)
    シューベルトと仲間たち」
  • 2009年5月3日 - 5日(丸の内及び周辺エリアは4月28日から)
    バッハとヨーロッパ]
  • 2010年5月2日 - 4日(丸の内及び周辺エリアは4月28日から)
    ショパンの宇宙」
  • 2011年5月3日 - 5日(丸の内及び周辺エリアは4月28日から)
    「とどけ! 音楽の力 広がれ! 音楽の輪」[注 3]
  • 2012年5月3日 - 5日(丸の内及び周辺エリアは4月27日から)
    「サクル・リュス」ロシアの祭典
  • 2013年5月3日 - 5日
    「パリ、至福の時」
  • 2014年5月3日 - 5日
    「10回記念 祝祭の日」

会場[編集]

東京以外の会場の概要[編集]

金沢[編集]

主催等
日程とテーマ
  • 2008年5月3日 - 5日(金沢駅及び周辺エリアは4月29日から)
    ベートーヴェンと仲間たち」
  • 2009年5月2日 - 4日(福井・石川・富山の北陸3県エリアは4月28日から)
    モーツァルトと仲間たち」
  • 2010年5月3日 - 5日(福井・石川・富山の北陸3県エリアは4月29日から)
    ショパン、ジェネラシオン1810」
  • 2011年5月2日 - 4日(福井・石川・富山の北陸3県エリアは4月28日から)
    ウィーンシューベルト
  • 2012年5月3日 - 5日(福井・石川・富山の北陸3県エリアは4月28日から)
    「サクル・リュス」ロシアの祭典
  • 2013年5月2日 - 4日
    パリ、至福の時」
  • 2014年5月3日 - 5日
    「ウィーン・プラハ・ブダペスト - 三都物語 - 」
会場

新潟[編集]

主催等
  • 主催:ラ・フォル・ジュルネ新潟「熱狂の日」音楽祭実行委員会(新潟市芸術文化振興財団、新潟市音楽芸能協会、新潟商工会議所、新潟市国際交流協会、新潟日報社、新潟青年会議所、新潟・フランス協会、新潟市中学校長会、にいがた音楽協会、新潟市)
  • 企画制作:CREA/KAJIMOTO
日程とテーマ
  • 2010年4月30日・5月1日
    ショパンとバロック」
  • 2011年5月6日 - 8日(プレイベントは5月1日から5月5日)
    「ウィーンのベートーヴェン
  • 2012年4月27日 - 29日(プレ公演は4月22日、関連イベントは4月20日から5月6日)
    「サクル・リュス」ロシアの祭典
  • 2013年4月26日 - 28日
    モーツァルト
  • 2014年4月25日 - 27日
    「三都物語 ウィーン・プラハ・ブダペスト - ドナウとモルダウの間で - 」
会場

大津[編集]

主催等
日程とテーマ
日程とテーマ

鳥栖[編集]

主催等
  • 主催:ラ・フォル・ジュルネ鳥栖「熱狂の日」音楽祭実行委員会
  • 企画制作:CREA/KAJIMOTO、九州交響楽団
日程とテーマ
会場
  • 鳥栖市民文化会館
  • 鳥栖市中央公民館

なお、2014年も開催が計画されていたが、制作会社から同規模でも契約金を1.5倍とすることを要求し、交渉が難航したことから2013年10月7日に中止が発表された。今後は2,3年ごとの開催も視野に入れて交渉を継続するとされている[2]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 通常、クラシック音楽の公演では未就学児の入場は拒否されことが多い。
  2. ^ 2010年は東京国際フォーラムで有料公演が170公演、無料公演が91公演、丸の内・周辺エリアで92公演、東京芸術劇場で1公演、合計358公演。出演者総数1327人。東京国際フォーラムのチケット販売数13万9030枚。
  3. ^ ナントの本家同様に「タイタンたち」(リストブラームスマーラーリヒャルト・シュトラウスシェーンベルク) というテーマの予定だったが、東日本大震災によって東京国際フォーラムのAホール、B5、B7ホールが使用不能になったこと、一部の海外演奏家が福島第一原子力発電所事故の影響で来日しなくなったことなどを受けて変更された[1]。ただし、演奏された曲目は当初のテーマで取り上げる予定だった上述の作曲家達の作品が中心となっている。

出典[編集]

  1. ^ 【謹告】ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2011の開催内容変更のお知らせ”. ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2011公式サイト (2011年4月18日). 2014年5月6日閲覧。
  2. ^ “ラ・フォル・ジュルネ、来年度開催は見送り”. 佐賀新聞. (2013年10月7日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2561104.article.html 2014年5月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]