ミヤマカラスシジミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマカラスシジミ
Eurema hacabe
吸蜜するミヤマカラスシジミ(伊吹山
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鱗翅目 Lepidoptera
: シジミチョウ科 Lycaenidae
亜科 : ミドリシジミ亜科 Theclinae
: Strymonidia
: ミヤマカラスシジミ S. mera
学名
Strymonidia mera Janson
シノニム

本文記載

和名
ミヤマカラスシジミ
(深山鴉小灰蝶)
英名
The Mera Black Hairstreak

ミヤマカラスシジミ(深山鴉小灰蝶 Strymonidia mera)は、チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ミドリシジミ亜科に属するチョウの一種。

概要[編集]

近縁種のカラスシジミはユーラシア大陸などに広く分布するが、本種は日本特産。カラスシジミよりやや森林との結びつきが強いわりに活発性に欠け、翅先が丸みを帯びる。

分布[編集]

北海道本州四国九州に分布する日本固有種[1]。西日本では冷温帯の高地帯に生息している[2]琉球大学の風樹館で、1838年7月22日に長野県松原湖で採取された標本が所蔵されている[3]

特徴[編集]

長は18 mm[4]。成虫は年1回発生し、7-8月頃に見られる[1]。幼虫はクロウメモドキ科クロウメモドキ、クロツバラなどを食草とする。卵の状態で越冬する[1]。生息域はカラスシジミとそれほど違わないが、本種は北海道では少ない。翅の裏面の色調などの地域変異が見られる[5]。オスの前翅の表面に楕円形の性標があるがメスにはない[5]

種の保全状況評価[編集]

日本の各都道府県で、以下のレッドリストの指定を受けている[6]環境省としての、レッドリストの指定はない[7]

シノニム[編集]

  • Fixsenia mera Janson、カラスシジミ属(Fixsenia[10]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 蝶 (2006)、156頁
  2. ^ ミヤマカラスシジミ (PDF)”. 岡山県. 2011年12月8日閲覧。
  3. ^ ミヤマカラスシジミ”. 風樹館. 2011年12月8日閲覧。
  4. ^ a b ミヤマカラスシジミ Strymonidia mera (Janson) (PDF)”. 愛知県. 2011年12月8日閲覧。
  5. ^ a b 蝶 (2006)、43頁
  6. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ミヤマカラスシジミ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年12月8日閲覧。
  7. ^ 植物絶滅危惧種情報検索(ミヤマカラスシジミ)”. 生物多様性情報システム (2007年8月3日). 2011年12月8日閲覧。
  8. ^ レッドデータとちぎ・ミヤマカラスシジミ”. 栃木県. 2011年12月8日閲覧。
  9. ^ ミヤマカラスシジミ”. 岐阜県. 2011年12月8日閲覧。
  10. ^ 日本産蝶類和名学名便覧”. 日本昆虫学会. 2011年12月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 猪又敏男(編・解説)、松本克臣(写真) 『蝶』 山と溪谷社〈新装版山溪フィールドブックス〉、2006年6月。ISBN 4-635-06062-4
  • 白水隆 『日本産蝶類標準図鑑』 学習研究社、2006年8月、130-131頁。ISBN 4052022963
  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2

関連項目[編集]