マシュー・リッジウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシュー・B・リッジウェイ
Matthew Bunker Ridgway
Matthew Ridgway.jpg
マシュー・B・リッジウェイ
生誕 1895年3月3日
バージニア州 フォートモンロー
死没 1993年7月26日(満98歳没)
ペンシルベニア州 フォックスチャペル
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1917 - 1955
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示
第2代の連合国軍最高司令官として着任のため羽田に降り立ったリッジウェイ、世界通信より

マシュー・バンカー・リッジウェイMatthew Bunker Ridgway, 1895年3月3日 - 1993年7月26日)は、アメリカ陸軍軍人ダグラス・マッカーサーの後任として1951年4月より1952年4月まで第2代連合国軍最高司令官 として日本の占領統治に当たった。また、彼はいくつかの有名な作戦を指揮したが、特に朝鮮戦争で窮地に陥った国連軍を救い出したことで有名である。

生い立ちと初期の経歴[編集]

リッジウェイはバージニア州フォート・モンローで生まれる。1917年米陸軍士官学校(ウェストポイント)を卒業し、少尉に任官。卒業後、スペイン語教官として陸軍士官学校に戻ることとなる。その後、ジョージア州フォート・ベニングの歩兵学校で士官養成課程を修了し、第15歩兵連隊の指揮官となる。続いてニカラグアへ配属され、ここでは1927年の自由選挙の監督を支援した。

1930年にはフィリピン総督の軍事技術顧問となる。その数年後、カンザス州フォート・レヴンワース指揮幕僚大学に学び、同時期(1930年代中頃)に第6軍団の副参謀長となる。その後、第2軍の副参謀長、第4軍の副参謀長を歴任した。ジョージ・マーシャル参謀総長はその功績を認め、第二次世界大戦が勃発するとリッジウェイを戦争計画局に配属した。

第二次世界大戦[編集]

1942年8月に准将に昇任、オマー・ブラッドレーが第28歩兵師団長へ転任したのをうけ、第82空挺師団の師団長となる。同師団は軍の二つの空挺師団構想の内の一つとして選ばれたが、この師団が選ばれたのはリッジウェイの教官としての能力と、同僚たちのあいだで際立っていた思考の柔軟性によるところが大きい。当時空挺師団構想はアメリカ陸軍にとって実験的試みであった。

リッジウェイは1943年ハスキー作戦を支援した。1944年にはオーバーロード作戦での空挺降下計画を支援した。ノルマンディー上陸作戦時、彼は部下と共にパラシュート降下し、サン=ソーヴァー=ル=ヴィコントへの進出を目指して33日間の戦闘を経験した。1944年9月には上級の第18空挺軍団の指揮を任され、ドイツへの侵攻を指揮した。一年後彼は中将に昇進する。終戦時彼は、大尉時代にウェストポイントで仕えたダグラス・マッカーサー元帥のもとで新たな任務につくため、機上にあった。

リッジウェイは1945年、暫くの間ルソン島で指揮を行い、続いて地中海での連合軍副最高司令官に就任した。1940年代末にはカリブ海でのアメリカ軍の指揮を行い、後に陸軍参謀総長J・ロートン・コリンズの下で副参謀長に就任した。

朝鮮戦争[編集]

リッジウェイの最も重要な転機は、朝鮮戦争中の1950年12月、中華人民共和国の参戦で国連軍が敗走する中、第8軍 (アメリカ軍)司令官ウォルトン・ウォーカー中将が交通事故死したことで生じた。彼はウォーカーの後任として第8軍司令官に就任した。国連軍総司令官(アメリカ極東軍総司令官)ダグラス・マッカーサー元帥は、リッジウェイに、ウォーカーには与えなかった第10軍団(司令官は、マッカ-サ-お気に入りのア-モンド陸軍少将)の指揮権も与えた。リッジウェイは中国人民志願軍の攻勢を押し止め、1951年春から反転攻撃に出た。

1951年4月にマッカーサー元帥が、トルーマン大統領によって最高司令官を解任されると、リッジウェイがその後任となり、大将に昇進し、朝鮮半島での国連軍の指揮と連合国軍最高司令官として占領下日本占領行政を行った。

壊滅寸前であった国連軍は、リッジウェイによって態勢を立て直して反撃に転ずることができた。軍事歴史家は圧倒的多数の中国人民志願軍が停止し、結局韓国から38度線の向こうに撃退することができたのはリッジウェイが第8軍を立て直すことができたからだとする。この期間に、リッジウェイ個人のリーダーシップの例は、基本的な軍事活動における原則についての彼の完全な知識と同様に、アメリカ陸軍史上でほとんど一致することができなかったリーダーシップの標準として定められることとなった。

もう一つの重要な任務は、連合国軍最高司令官として、連合国の占領下にあった日本を独立させて西側陣営の一員に加えることであった。吉田茂首相との協調によってこの課題を達成し、1952年4月にサンフランシスコ講和条約が発効して日本の占領が解除された。

1952年5月に、リッジウェイはドワイト・D・アイゼンハワーの後任としてNATO軍最高司令官に就任する。しかしながら周りのスタッフを自らの部下で固めようとしたため他ヨーロッパ諸国の軍指揮官の反発を受ける。彼はコリンズ将軍の後任としてアメリカ陸軍参謀総長に就任するため、1953年にアメリカに帰国した。

リッジウェイは2年間、陸軍参謀総長の職にあった事で、ベトナム戦争へのアメリカの介入を遅らせたと歴史家に見なされる。当時のアイゼンハワー大統領はアメリカ軍がフランス軍と合同で介入することに関して彼の判断を求めた。これに対してリッジウェイは介入を行わないよう大統領に述べた。しかしながらその経験は、リッジウェイがアイゼンハワーと第二次世界大戦中に保った良好な関係を試される事となった。1955年に陸軍を退役し、後任にはかつて第82空挺師団で副官であったマクスウェル・D・テイラーが就任した。

後年[編集]

リッジウェイは自分が考えていたよりも早期の退役を強いられた。しかし彼自身は自らの能力が及ぶ限り、国に奉仕したと確信していた。数年後彼は自叙伝『The Memoirs of Matthew B. Ridgway』を出版した。一部の日本語訳がある。『朝鮮戦争』(熊谷正巳・秦恒彦訳、恒文社)

リッジウェイは軍に於いて成功したが、個人的生活では幸福ではなかった。なお、リッジウェイは3度結婚している。軍を退いた後はペンシルベニア州ピッツバーグのメロン産業調査研究所の取締役会長を1960年まで務めた。リッジウェイの友人および同僚によると、1971年に息子が交通事故死した後は以前と違ってますます元気が無く不機嫌になったという。

死去[編集]

リッジウェイはピッツバーグ郊外のフォックス・チャペルの自宅で1993年7月、98歳で死去した。アーリントン国立墓地に埋葬されている。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BILLY A. ARTHUR (1993年8月10日). “Obituary: General Matthew Ridgway” (英語). 2010年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
ダグラス・マッカーサー
連合軍最高司令官(SCAP)
第2代:1950 - 1952
次代:
(日本占領終了)
先代:
ドワイト・D・アイゼンハワー
NATO軍最高司令官
1952 - 1953
次代:
アルフレッド・グルーエンサー
先代:
J・ロートン・コリンズ
アメリカ陸軍参謀総長
第19代:1953 - 1955
次代:
マクスウェル・テイラー