ジェームス・E・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・エドワード・ムーア
James Edward Moore
James Edward Moore.JPG
生誕 1902年11月19日
マサチューセッツ州ニューベッドフォード
死没 1986年1月28日(満83歳没)
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1924 - 1963
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

ジェームス・エドワード・ムーアJames Edward Moore, 1902年11月19日 - 1986年1月28日)は、アメリカ軍人1957年7月4日から1958年4月30日まで琉球列島高等弁務官を務めた。マサチューセッツ州ニューベッドフォード出身。

経歴[編集]

1902年11月19日生まれ。1924年陸軍士官学校を卒業した。

第二次世界大戦中はヨーロッパ戦線に従軍し、ノルマンディー上陸作戦にも参加した。その後、ハワイ南部地区司令官などを歴任した後、1955年に琉球列島高等弁務官の前身である琉球列島民政副長官に就任した。

1957年の高等弁務官制導入により、初代高等弁務官に就任する。当時は軍用地の接収が問題となり、島ぐるみ闘争へと発展していた。そのため、これらの運動を煽動したとして沖縄人民党を弾圧する反共政策を推し進めた。例えば、沖縄人民党幹部で那覇市長の瀬長亀次郎を布令改正によって追放(人民党事件での前科を欠格事項とした)などを行った。

1986年1月28日に彼は亡くなり、アーリントン国立墓地に埋葬された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ライマン・レムニッツァー
(民政長官)
アメリカ合衆国の旗 琉球列島高等弁務官
初代:1958 - 1961
次代:
ドナルド・P・ブース