ベンメリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンメリア 崩壊が著しく原形をとどめない。

ベンメリアクメール語: ប្រាសាទបឹងមាលា 英 Beng Mealea、蓮池の意味)は、カンボジアアンコール・ワットの約40km東のの中にある寺院世界遺産であるアンコール遺跡群のひとつ。崩壊が激しい。全貌が明らかになればアンコール・ワットを凌ぐといわれるほどの規模を持つと推測されている。

概要[編集]

ベンメリア正門付近
ベンメリア全体図。赤で示されたエリアが探勝できる地帯。

アンコールワットから東へ直線距離で約40km東方に位置し、現在も修復が施されないままに放置され、密森の中にひっそりと眠り静かな佇まいを見せる平面展開型の巨大寺院。原形をとどめないほど崩壊がひどく、苔むし、ほとんどが瓦礫の山のと化し廃墟の感を強く漂わせる。アンコール・ワット建造前の11世紀末-12世紀初頭の造営と推測されている。環濠幅約45m、周囲4.2kmと規模はやや小さいものの、アンコール・ワットとの類似点が多く「東のアンコール・ワット」とも称される。アンコール・ワットに先立ち、そのモデルとして計画されたといわれている。ヒンズー教寺院として建造されたが、仏教のモチーフをあしらった彫刻が多く確認できる。材質は主に砂岩である。

ベンメリアのナーガは建物に比し保存状態がよい

本寺院とアンコール・ワット、コンボン・スヴァイのプリヤ・カーンの3つの寺院は一直線上にあり、往年にはこの東西に位置する2つの寺院をはじめに北西にあるクーレン山、北東のコー・ケーへの交通の要所として栄えた。クーレン山南東には良質な砂岩を産出する石切り場があり、ここで切り出された石で造られ、三重の回廊、十字型の中庭などを持つ伽藍配置をとり、に向かって建つ。


第二回廊北側の一部にが天井に近い場所に設けられているためにほとんど光が差し込まない一角があり、会議用であるという説もあるが、用途や意図などが判明していない。また、ベンメリアのナーガは保存状態がよいものが多いが、特に東門テラス欄干の5つ頭のナーガは細部まで確認できる。

ポル・ポト派の支配が終わり、地雷の撤去が進み比較的近年に人が入れるようになった。発見後に、遺跡があることは知られていたが30年にも及ぶ内乱が続いたため放置されてきた。遺跡内は安全の確保のため、足場が築かれているが、指定されたコースから外れると危険である。遺跡が発掘された時に、どのような形で見つかるのか、植物がどう繁茂するかなどが分かる貴重な遺跡である。

宮崎駿監督作品のアニメ天空の城ラピュタ』のモデルのひとつとも言われる。樹木が繁茂し昼なおほの暗く、重厚隠微な雰囲気が漂い、探検気分を味わうことができる。

荒廃の美を漂わせるベンメリア。発見当時のままの雰囲気を探検気分で味わえる。

入場[編集]

ゲート前にレストランがあるほかは周囲はジャングル地帯。

崩壊が激しいため、歩行範囲が限られる。毒ヘビに注意。周辺道路では強盗の危険性あり。また、遺跡周辺では今なお地雷が残り、撤去中である。

交通[編集]

ギャラリー[編集]

ベンメリアの環濠、周囲4.2kmの規模を持つ。 
参道。 
寺院内から参道を見る。 
ベンメリア 崩壊が著しく廃墟感を強く放散する。 
発見当時の雰囲気を色濃く残す遺跡。 
ガジュマルに呑み込まれた遺跡の一部。 
寺院建屋内部回廊。 
回廊突当たりより天井付近を見る。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]