スーリヤヴァルマン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーリヤヴァルマン2世

スーリヤヴァルマン2世(Suryavarman II)はクメール王朝(現在のカンボジア付近)のアンコール・ワットを建設したことで有名。副王(ウッパラージャ)時代には現在のタイ王国にあるピマーイ遺跡も建設している。

先代:
ジャヤーヴァルマン6世
クメール王朝
1113年 - 1150年
次代:
ダーラニンドラヴァルマン2世