象のテラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
象のテラス

象のテラスクメール語: ព្រះលានជល់ដំរី英語: Terrace of the Elephants)は、カンボジアにある廃墟となった寺院複合体であるアンコール・トムの城壁を巡らした都の一部である。テラスは、アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世により12世紀末に築かれ[1]、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われた。それはほんのわずかに残る遺跡のなかのピミアナカスの宮殿に取り付けられていた。元来の建造物はほとんどが有機素材で造られており、はるか以前に消失した。残っているもののほとんどは複合体の土台の基壇である。象のテラスは、その東面にあるゾウの彫刻にちなんで名付けられた。

延長300mを超える象のテラスは[2]、公的儀式の巨大な閲兵席として使用され、また王の壮大な接見所の基壇としての役目を果した。テラスは、中央の正方形に向けて広がる5つの外塁をもち、中心に3つとそれぞれの端に1つある。擁壁(ようへき)の中間部分は等身大のガルーダシンハで装飾され、両端近くには、クメールの象使いによるゾウの行進の2つの部分がある。

脚注[編集]

  1. ^ ブリュノ・ダジャンス 『アンコール・ワット』 石澤良昭(監修)、中島節子訳、創元社1995年、195頁。ISBN 4-422-21098-X
  2. ^ Rooney, Dawn F. (2011). Angkor: Cambodia's Wondrous Khmer Temples (6th ed.). Odissey. pp. 195-196. ISBN 978-962-217-802-1. 

関連項目[編集]

座標: 北緯13度26分45秒 東経103度51分31秒 / 北緯13.44583度 東経103.85861度 / 13.44583; 103.85861