白象 (動物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白象(しろぞう、はくぞう、びゃくぞう)は、特に東南アジアで神聖視される白いゾウのことである。必ずしもアルビノ白変種である必要はなく、体表に色の薄い箇所が複数あり、定められた判定基準を満たしたものが白象として認められる。

主にタイ国における白象の扱い[編集]

19世紀の絵に描かれた白象

タイにおいてはかなり昔から神聖視されており、タイの王はこれを発見すると大切に飼い、官位欽錫名が与えられ一般のゾウと区別したという。アユタヤー王朝の王の一人・チャックラパットが白象をかり集め白象王と呼ばれた。後にビルマの王はこの白象を要求し、チャックラパットがこれを頑なに拒んだことは、王の威厳と白象の所有が強く結びついていることを示す非常に興味深い出来事である。

現タイ国王で、戦後上野動物園にゾウを贈ったことで知られるプーミポン王は、7頭のゾウの所有者でも知られる。タイの象学によれば3頭の白象を集めれば上出来とされ、7頭もの所有は偉業ということになる。これらの象はプーミポン王の住むチットラダー宮殿で飼われている。

ゾウは古代インドから研究が盛んに行われており、ヒンドゥー教の文献・『マハーバーラタ』にも象学というゾウに関する学問があったということを示す個所がある。この象学はタイにも伝わっておりこれによって、タイではゾウの飼育・品評などが行われた。それによれば白象は全身が白くなくてよく、象を耳、足、鼻の付け根など部分に分け、その部分のうち白い部分の数がある一定数を満たしているときに白象と認められる。こうして白象と認められた象には、4種の属性が与えられる。

現在では、象法という法律がタイにはあり、これによれば白象と認められた象は国王に献上することになっている。国王に白象を献上した飼い主は、王と面会することが出来、多額の報償と名誉が与えられる。このいい例がスリンという人物の話である。昔スリンという男がラーマ1世に白象を贈ったがラーマ1世は以降彼を寵愛し、彼の名を県の名前にしたという(スリン県)。

「白い象」はなぜ厄介か?[編集]

英語における「白い象(white elephant)」というのは、「(維持費のかかる)わずらわしい物、無用の長物」を意味する[1]。これは、一種の昔話に由来する。

タイの王は昔、自分の嫌いな家来に白い象を贈った。贈られたほうは、白い象なんて珍しいもので、しかも王様から贈られたものだからまさか捨ててしまうわけにもいかない。すなわち、森の中に逃がしたり、あるいは殺したりは絶対にできない。ところが象だから大食らいであり、物を踏みつぶすので、家の中が目茶苦茶になるが、それでも捨てることもできずにその家来はほとほと困ってしまうという[2]

この white elephant が原子力発電所にも使われることがある。欧州緑の党・欧州自由連盟The Greens–European Free Alliance)がウェブ上で発表している Nuclear power will not save our climate: 40 facts and arguments (2007年) によると、フィリピンでは海外から莫大な借金をして原子力発電所(Bataan plant)を建設しておきながら、この20年間いまだ稼働していない状態であるという。そして、このような原子力発電所は、発展途上国にとって white elephant になりこそすれ、経済発展のための起爆剤にはならない、としている[3]

象徴として用いられる白象[編集]

タイの国旗(1855年-1916年)

歴史上の白象[編集]

レオ10世の白象「アノーネ」

参考文献[編集]

  1. ^ 大修館書店ジーニアス英和辞典
  2. ^ 語学春秋社「早わかり 英熟語」110頁 初版1996年 宮崎尊
  3. ^ Z会「話題別英単語 ACADEMIC [中級] 02 自然科学編」236頁 2009年 中澤幸夫

関連項目[編集]