バンテアイ・サムレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンテアイ・サムレの中央祠堂部

バンテアイ・サムレ (Banteay Samré) は、カンボジアアンコール遺跡群における寺院遺跡の1つであり、東バライの東側に位置する。12世紀中頃にスーリヤヴァルマン2世のもとで造られたアンコール・ワット様式のヒンドゥー教寺院である[1]。小アンコール・ワットともいわれ、二重の周壁の内側に、円錐状の塔をもつ中央祠堂と、連子窓(れんじまど)の見られる回廊、2棟の経蔵などを備える[2][3]

ラテライトで造られた周壁がほぼ正方形に囲んでおり、外・内周壁の東西南北それぞれの側面に塔門 (gopura) を持つ[1]。外周壁は 83 × 77 m であり、通常、ラテライトのテラスから続く東門より入場する[1]。内周壁は44 × 38 m[1]

寺院の東西に参道があり、東参道は延長200m、境界石が両端に認められる西参道は350mにおよび東バライの東端に至る[3]

インドシナ半島の古代民族サムレ (Samré) にちなんで名づけられ、寺院はバンテアイ・スレイと同じ材料を用いている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Rooney, Dawn F. (2011). Angkor: Cambodia's Wondrous Khmer Temples (6th ed.). Odissey. pp. 335-338. ISBN 978-962-217-802-1. 
  2. ^ 石澤良昭 『アンコール・ワット - 大伽藍と文明の謎』 講談社〈講談社現代新書〉、1996年、89頁。ISBN 4-06-149295-0
  3. ^ a b 波田野直樹 『アンコール遺跡を楽しむ』 連合出版、2007年、改訂版、177-178頁。ISBN 978-4-89772-224-5

関連項目[編集]

座標: 北緯13度26分32秒 東経103度57分32秒 / 北緯13.44222度 東経103.95889度 / 13.44222; 103.95889