東バライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左:西バライ、中央:アンコール・トム、右:東バライ
東バライ (: Baray Oriental
東メボン: Mebon Oriental

東バライ英語: East Barayクメール語: បារាយណ៍ខាងកើត)は、カンボジアアンコール地域にある、現在は干上がったバライすなわち人工水域であった場所である。東西に延び、城壁を巡らした都市アンコール・トムのすぐ東に位置する。

東バライは西暦900年頃、王ヤショヴァルマン1世の統治時代(9世紀末-10世紀初頭)に造られた[1]。クーレン丘陵から流れるシェムリアップ川英語版によって供給され、アンコール地域で2番目に大きいバライであり、およそ東西7,150メートル、南北1,740メートルにおよび、約5,000万立方メートルの水を保持していた。雨季には6,000万立方メートル、乾期にも3,600万立方メートルの貯水量があったとされる[2]。貯水池としての表面積は1,210ヘクタールにおよび、面積は前王インドラヴァルマン1世が築いたインドラタターカ(「インドラヴァルマンの池」の意[3])の約4倍であり[2]、その堤防の建設には、約800万立方メートルの盛り土が必要とされた。

バライの建設を示す銘石碑が、4つすべての角で見つかっている。東バライはその築造者である王ヤショヴァルマン1世より、初期にはヤショダラタターカ(「ヤショヴァルマン王の池」の意)と呼ばれていた[2]

学者は、東バライや他のバライの目的に関して意見が分かれている。いくつかの学説によると、それらは灌漑用水を保持したとする。東バライの灌漑面積は6-7万ヘクタールであったと推定されているが[2]、碑文には全くバライのそのような機能について言及するようなものは見つかっていない。他の学説では、バライは主としてクメールの信仰生活における、ヒンドゥー教の神の住む須弥山(メル山)を囲む天地創造の海を表す、象徴的な役割を果たしたという。

東バライは今日、水をたたえておらず、その底面では農業者が刈り耕している。しかし、その遺構の輪郭は衛星写真においてはっきりと見える。バライの中心には、高所に置かれた東メボン寺院があり、バライが水をたたえた時代には島であった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯13度26分51秒 東経103度55分19秒 / 北緯13.44756度 東経103.9219093度 / 13.44756; 103.9219093