ベニザケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニザケ
Oncorhynchus nerka 2.jpg
産卵期の雌(上)と雄(下)
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: サケ目 Salmoniformes
: サケ科 Salmonidae
亜科 : サケ亜科 Salmoninae
: タイヘイヨウサケ属
Oncorhynchus
: ベニザケ(ヒメマス O. nerka
学名
Oncorhynchus nerka
Walbaum, 1792
和名
ベニザケ
紅鮭
英名
Sockeye salmon
Red salmon

ベニザケ紅鮭、学名:Oncorhynchus nerka: Sockeye salmon)は、サケ目サケ科に属する。英読みのままソッカイともよばれる。一生を淡水で過ごす湖沼残留型(陸封型)の個体はヒメマスと呼ばれる。尚、学名のnerkaは、ロシア語での呼称нерка(ニェールカ)に由来している。

特徴[編集]

体長は50 cm 程度(大きな個体では70 cm 以上に達する)。体色は、海洋生活期は銀白色で腹は白みがかっている。成熟するにつれ、オス・メスともに、頭部を除く全身に婚姻色である紅色が発現し、遡上前後の個体は鮮やかな紅色に染まり、この色が名前の起源となっている。メスはやや退色することが多い。尾びれに黒色点や銀色放射条がない。また、産卵期のオスは、背部がラクダのコブのように盛り上がり、カラフトマスに近い体形となる。産卵後は全ての個体が死ぬ。

生態[編集]

自然分布する降海型の個体は千島列島カムチャツカ半島からカリフォルニア州コロンビア川以北の北緯40度以北の北太平洋ベーリング海オホーツク海に棲息する。水温が低下する冬期は南部に移動し、水温が上昇する時期は北部に移動する。千島列島側では択捉島ウルモベツ(得茂別湖)湖が降海の生息南限とされる[1]日本では北海道阿寒湖チミケップ湖にベニザケの湖沼残留型(陸封型)であるヒメマスが天然分布し、択捉島を除き降海型のベニザケは分布していない。海洋での生息適水温は約3℃から13℃で、上限塩分濃度は33.46psuと狭い[2]。遺伝的には、3グループに分けられる[3]。択捉島のトウロ沼(ロシア名:ソポチノエ湖)産と支笏湖産では遺伝的類似性が乏しい。

水族館でのベニザケ

自然の状態での降河はシロサケとは異なり、孵化・浮上した年には降海しない。ギンザケマスノスケの様に河川の上流で生まれた個体は途中のなどで1年から数年ほど過ごし、8cm - 15cmに成長し春にスモルト化した個体が降海するが、早熟なオスでは短期間(1年未満)の淡水生活の後降海するものや、河川或いは河口域に留まる個体もいる。そのため、産卵・繁殖するための河川には途中に湖沼がある場合が多い。生まれた河川に戻る母川回帰性はサケ類中でも強く、生まれた支流まで正確に突き止めて遡上する。成熟にかかる期間は1 - 4年ほどで、7月 - 12月に産卵のため生まれ育った河川へと遡上する。海洋での回遊範囲は広い、主な餌は動物プランクトンで、特にコペポーダオキアミ類などのプランクトン性の甲殻類を中心に摂食するが、アラスカ湾ではヒメドスイカBerryteuthis anonychus)などのマイクロ・ネクトンもよく摂餌する。サケ類の中ではプランクトンを漉し取る鰓耙の数は突出して多い。

日本での繁殖放流事業[編集]

択捉島のウルモベツ湖或いは阿寒湖産を種苗魚として1893年の北海道内の支笏湖を最初の例として本州十和田湖中禅寺湖などいくつもの湖にも移植されている[4]。北海道の安平川水系美々川などでは国産のベニザケを回帰させようと1960年代から試験的な放流が行われ、最高で約5,000尾が回帰した[5]。回帰率は、概ね0.5%である(シロザケは一般に3%とされる)。 河川回帰と遡上を目的として、ウトナイ湖に注ぐ美々川や安平川静内川釧路川西別川で放流が行われる。研究の結果、0歳魚の8月と1歳魚の5-6月にスモルト化する事が明らかとなった[6]事から、0歳魚を長日条件下で飼育し11月に約12cmに成長したスモルト化個体を放流している。

安平川では回帰した個体の遡上が確認されている[7]。また、湖沼残留型(陸封型)のヒメマスとしての養殖放流事業も行われている。

食用用途[編集]

本種は他のサケ類同様、重要な水産資源とされる。 1930年以前は択捉島ウルモベツが最大の産地だったが[1]、北海道の沿岸での漁獲はほとんど無く、現在の日本市場に並ぶ個体は、主にロシアアラスカなどからの輸入物が中心となっている。主な加工法は塩鮭、ルイベ燻製スモークサーモン)。特に塩蔵品はサケ類の中でも屈指の美味と言われている。

保全状態評価[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]