フットワークインターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フットワークインターナショナル株式会社(英文名称:Footwork International Corporation)は、「うまいもの便」などの通信販売を主力事業とする日本の小売業者である。

概要[編集]

同社は、宅配荷物照会コールセンターや運送タイムテーブル作成などを行うための、運送グループの企画開発会社として1981年2月に設立された。

1970代後半、規制緩和により運送業界は路線便主体の商業物流から、宅配便への参入が相次いだ。国内をくまなく戸口宅配するためには、日本全国を網羅した自社エリアが必要であり、日本で初めて宅配便を行った三八五貨物(現在の三八五流通)も配達エリアは限定されていた。日本通運ヤマト運輸などは地方の中小運送会社を買収など、自社によるエリア拡大を図った。

東海道 - 山陽道、九州・四国地区の営業免許を持っていた兵庫県にある日本運送(現在のトールエクスプレスジャパン)は、北海道、東北、北関東、四国、九州を地盤とする地方運送会社と提携して、共通の宅配ブランドを作り、日本で初めて全国を網羅した宅配グループを形成した。そのブランド名が「フットワーク」であり、各社の共同出資により設立されたのが同社である。創業時の出資企業は下記のとおり。

  • 大栄運輸興業(改フットワークエクスプレス北海道 2009年自己破産申請)
  • 仙台運送
  • 東海急便(途中脱退、西濃運輸グループへ)
  • 新日本運輸(本社 兵庫県豊岡市、近畿地方を中心に関東など全国各地に支店を持っていた。1992年に会社更生法の適用を申請し、フットワークエクスプレス傘下で再建を目指したが、同社の経営破綻により頓挫し、2002年に破産宣告を受け、自主廃業)
  • 福井貨物自動車
  • 日本運送(→フットワークエクスプレス→トールエクスプレスジャパン)
  • 四国運輸
  • 協栄便

フットワーク宅配グループは、全国での営業活動、樹木希林岸部一徳が演じたTVCF効果、愛らしいダックスフントのイラストをシンボルに採用したコーポレートアイデンティティ戦略などにより、宅配便業界への参入は後発ながら業界3位に躍進した。しかしコンビニエンスストアでの受付契約や新サービス(時間指定便、クール便)等で遅れをとり、貨物の需要創造戦略をとる。その一翼が産地直送「うまいもの便」で、第一弾商材は北海道・夕張市夕張メロンが選ばれた。

夕張メロンは熟度進行が早く、道内以外では一般家庭で食すことはできなかった。フットワークは、収穫から選果、農協から千歳空港までのトラック輸送、航空便、東京(羽田空港)・大阪(伊丹空港)・福岡空港からトラックターミナル(ハブ)、荷物の仕分け、翌日の宅配までのタイムテーブルを検証。不可能といわれていた夕張メロンの全国流通を成功させる。

その後、うまいもの便は低塩新巻鮭サクランボ、活毛がに松茸、活ホタテマンゴーなどを次々に商品化し、産地直送便を大成功させた。 更にアメリカの通販会社と提携し、カタログ通信販売事業を開始するなど「創造物流」を展開した。

1990年には社名をフットワークインターナショナル株式会社に変更し、本格的に海外展開に乗り出すが、海外企業の買収、不動産関連事業など本業以外への事業の多角化また、F1への投資などがことごとく失敗に終わった上、バブル景気崩壊の余波や乱脈経営の結果2001年に倒産、民事再生法申請に至った。2002年には旧首脳陣が、粉飾決算などにより証券取引法違反で逮捕されている。その後、在籍社員の出資により再生を行い現在はアートコーポレーション傘下企業となる。

現在の代表取締役社長は、今西 和雄(アートコーポレーション専務取締役)。

沿革[編集]

  • 1981年2月 全日本流通株式会社として設立「宅配便事業」開始
  • 1981年5月 東京支社開設
  • 1982年5月 産地直送「うまいもの便」開始
  • 1982年7月 荷物追跡システム導入、全国オンライン化
  • 1983年3月 カード会社と提携、会員制カードサービス開始
  • 1984年4月 社名をフットワーク株式会社に変更
  • 1984年4月 海外宅配「ワールド便」開始
  • 1984年8月 水産会社と提携、北海道に「えりも水産加工工場」開設
  • 1985年6月 北海道支社開設
  • 1986年8月 米国通販会社の総代理店契約、カタログ通販事業開始 
  • 1986年11月 フットワークUSAを米国に設立(貿易業) 
  • 1986年12月 大阪証券取引所(現・東京証券取引所)第2部特別指定銘柄に上場
  • 1987年6月 フットワーク香港を香港に設立
  • 1987年7月 デリカショップを米国サンフランシスコに開店
  • 1987年12月 シーフードレストランを米国ハワイに開店
  • 1988年4月 コーリアンフットワークを韓国に設立(貿易)
  • 1988年6月 複合商業店舗を大阪に開店、レストラン・アパレル事業開始
  • 1988年7月 フットワークパシフィックを米国に設立(商業)
  • 1988年10月 フットワークリカーを設立、酒類販売開始
  • 1988年12月 フットワークプロダクション設立(映画制作・広告芸能事業)
  • 1988年12月 フットワークUKを英国に設立(商業)
  • 1989年4月 フットワークフーズを設立、アイスクリーム製造販売開始
  • 1990年3月 F1チームのアロウズを買収
  • 1990年3月 フットワークグランプリインターナショナルLtdを英国に設立
  • 1990年3月 フットワークレーシングを設立
  • 1990年3月 フットワークのチーム名でF1参戦を開始
  • 1990年3月 フットワークオセアニアをオーストラリアに設立(不動産事業)  
  • 1990年4月 社名をフットワークインターナショナル株式会社に変更
  • 1990年5月 フットワーク出版を設立、出版事業開始
  • 1990年7月 フットワークリアルティを米国に設立、不動産開発事業開始
  • 1990年8月 フットワークヨーロッパホールディングをオランダに設立
  • 1990年8月 フットワークネザーランドをオランダに設立
  • 1990年10月 長野県斑尾高原ヒルサイドホテルを買収
  • 1990年11月 ドイツのホテル「シュタイゲンベルガー・ベルリン」を買収
  • 1991年3月 フットワークセールスを設立、食品卸売業開始
  • 1991年9月 大阪証券取引所第2部に指定(証券コード:8210)
  • 1991年9月 英国の宝飾品メーカー、デビットモーリスを買収
  • 1991年10月 フットワークF1チームのドライバーに鈴木亜久里の起用と無限-ホンダエンジンの獲得を発表しオールジャパン体制を構築
  • 1991年11月 ドイツの運輸大手「ハマハーグループ」買収
  • 1992年6月 フットワークイサーナを設立、水の宅配、弁当宅配事業開始
  • 1994年1月 フットワークF1チーム運営からの撤退を発表
  • 1995年5月 名古屋支社開設、アロウズを売却しF1から完全に撤退
  • 2001年3月 経営破綻、大阪地方裁判所に民事再生法申請。宅配便事業撤退
  • 2005年10月 民事再生手続きの終結決定
  • 2006年1月 全発行済み株式をアートコーポレーションへ売却

かつてフットワークプロダクションに所属していたタレント[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]