バターン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バターン州
フィリピン内におけるバターン州の位置
フィリピン内におけるバターン州の位置
地方 中部ルソン地方 (Region III)
州都 バランガ
地方自治体  
 - 独立市 0
 - 構成市 1
 - 11
 - バランガイ 237
 - 選挙区 バターン州第一、第二選挙区
人口
 - 2007年調査 662,153 (40位)
独立市含む:
662,153 (43位)
 - 人口密度 482.27/km² (8位)
独立市含む:
482.27/km² (9位)
面積
 - 総計 1,372.98 km² (72位)
独立市含む:
1,372.98 km² (72位)
設立 1754年
言語 パンパンガ語スペイン語タガログ語英語
知事 Enrique T. Garcia jr.

バターン州Province of Bataan)(タガログ語の発音で母音が続く場合は長音にならず二番目の母音は改めて発音するためバタアンが原語の発音に近い)は、フィリピン北部ルソン島の西側にあるバターン半島全体を占めるである。この州は中部ルソン地方Central Luzon, Region III)に属している。面積は1,373km²、人口は557,669人(2000年)、州都はバランガBalanga)である。東にマニラ湾、西に南シナ海、南にノース海峡、北にサンバレス州パンパンガ州に接している。州内には2つのがあり、高い方はバターン山Mt. Bataan)の1,388mである。

関連項目[編集]