スルタン・クダラット州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スルタン・クダラット州の位置

スルタン・クダラット州Province of Sultan Kudarat)は、フィリピン南部ミンダナオ島にあるで、ソクサージェン地方SOCCSKSARGEN, Region XII)に属している。面積は4,714.8km²、人口は586,505人(2000年)。州都はイスラン英語版Isulan)である。

名称[編集]

州名は17世紀にミンダナオ全島を支配しムスリム国家・マギンダナオ王国に全盛期をもたらしたスルタン・クダラット英語版(Qudarat)の名で親しまれているムハンマド・ディパトゥアン・クドラトゥッラー・ナシルッディーン英語版Muhammad Dipatuan Qudratullah Nasiruddin)にちなんでいる。

歴史[編集]

もともとはコタバト州の一部であったが、地方の再編により新設された。

地理[編集]

南に南コタバト州、北東にコタバト州、北にイスラム教徒ミンダナオ自治地域マギンダナオ州、東にダバオ地方ダバオ・デル・スル州と接し、西はモロ湾とそれに続くセレベス海が広がっている。

住民[編集]

民族・宗教[編集]

かつては山地の先住民のほかムスリムが多かったが、20世紀の移民政策でヴィサヤ諸島ルソン島などからの移民が流入し、キリスト教徒が多数派となるに至った。

言語[編集]

言語はイロンゴ語が主流で、イロカノ語セブアノ語も話されている。もともとの地元の言葉、マギンダナオ語はムスリムが使用している。

産業[編集]

産業は適した気候と環境を生かしての農業、および日本などに輸出するマグロ漁業である。