ミマロパ地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ph locator region 4b.png

ミマロパ地方MIMAROPA, Region IV-B)は、フィリピン西部の地方である。

名称[編集]

ミマロパとは、ミンドロ・マリンドゥク・ロンブロン・パラワンそれぞれのの頭文字をとってこう呼ばれている。

歴史[編集]

第二次世界大戦[編集]

エドゥサ革命後[編集]

カラバルソン地方CALABARZON, Region IV-A)とともに南タガログ地方(Southern Tagalog, Region IV)と呼ばれていたが、2002年5月17日、2つに分割された。因みに北タガログ地方(Northern Tagalog)は現在の中部ルソン地方Central Luzon, Region III)とマニラ首都圏National Capital Region, NCR)である。

2005年5月23日、さらにパラワン州西ヴィサヤ地方Western Visayas, Region VI)に移動するという大統領令が出された。パラワン州のプエルト・プリンセサPuerto Princesa)が移動するため、ミマロパ地方の都市東ミンドロ州(オリエンタル・ミンドロ州)のカラパン英語版Calapan)1つしかなくなる予定になっている。たが、パラワンの住民の間には事前の協議が不十分な決定に不満が残っている。大統領令の実行は遅らされており、パラワン州もプエルト・プリンセサもミマロパ地方にとどまったままになっている。

[編集]