バランガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリンドゥケ、ボアク、マイボでの市庁舎。

バランガイ英語:barangay, タガログ語:baranggay)は、フィリピン都市(cities)と(Municipalities)を構成する最小の地方自治単位であり、村、地区または区を表す独自のフィリピン語である。また、バリオ(barrio)という旧名でも知られる。バランガイは地名においてしばしば「Brgy」または「Bgy」と略される。2006年12月31日現在、フィリピンには合計41,995のバランガイがある[1]

現代の行政におけるバランガイという語とその構造は、フェルディナンド・マルコス大統領の統治期間に古いバリオから交換して考案された。そしてバランガイは、1991年の地方自治体規約の下で成文化された。

2013年の選挙[編集]

2013年10月28日実施、即日開票。国内計42,028バランガイの議長と議員が決定。投票絡みの暴力事件や事故でが7人が死亡、7人が負傷[2]

脚注[編集]

  1. ^ Philippine Standard Geographic Code Summary. Accessed on March 22, 2007.
  2. ^ “【投票】 バランガイ選挙 不正は多いものの、平穏で終わる”. フィリピン・インサイド・ニュース (フィリピン・インサイド・ニュース). (2012年9月12日). http://www.ph-inside.com/news/board.php?board=news01&command=body&no=303& 2012年9月13日閲覧。 

外部リンク[編集]