ハタヤテツヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハタヤ テツヤ
Tetsuya Hataya
基本情報
出生名 幡谷 哲也
出生 1975年4月14日(39歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
血液型 O型
ジャンル ジャズ
エレクトロニカ
アンビエント
ミニマルミュージック
職業 演奏家作曲家
担当楽器 ピアノ
シンセサイザー
活動期間 2000年 -
公式サイト Pandora!s Box

{{{Influences}}}

ハタヤテツヤ(はたや てつや Hataya Tetsuya1975年4月14日 - )は日本の音楽家ピアニスト。本名、幡谷哲也。

来歴[編集]

1975年京都北山に生まれる。父は哲学者作家有機農業の先駆者でもある筧次郎(本名、幡谷憲二)。

幼少の頃よりクラシックピアノを始める。京都教育大学附属高等学校在学時に聴いたキース・ジャレットザ・ケルン・コンサート」に衝撃を受けジャズに傾倒。大阪音楽大学にてピアノハンク・ジョーンズに師事する。

卒業後上京し、EGO-WRAPPIN'のピアニスト/キーボーディストとしてキャリアをスタートさせる。

2004年インストゥルメンタル・ジャムバンド「grooveline」に加入、ビクターエンタテインメントよりデビュー。「one minute」「the missing key」の2作品をリリースする。

2006年同バンド脱退後はピアニストキーボーディスト作曲家編曲家として現在までに様々なレコーディングツアーに参加。

2011年より「Cuebach(キューバッハ)」名義でのソロ活動を開始。ピアノエレクトロニカサウンドインスタレーションの可能性を追求している。

レコーディング・サポートなどに関わった主なアーティスト[編集]

その他の活動[編集]

外部リンク[編集]