ナマケグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナマケグマ
ナマケグマ
ナマケグマ Melursus ursinus
保全状況評価[a 1][a 2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: クマ科 Ursidae
亜科 : クマ亜科 Ursinae
: ナマケグマ属
Melursus Meyer, 1793
: ナマケグマ M. ursinus
学名
Melursus ursinus (Shaw, 1791)
和名
ナマケグマ
英名
Sloth bear

ナマケグマMelursus ursinus)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科ナマケグマ属に分類されるクマ。本種のみでナマケグマ属を構成する。

分布[編集]

M. u. ursinus
インドネパールバングラデシュブータン[1][2][3][4]
M. u. inornatus
スリランカ[2][4]

形態[編集]

体長140-190センチメートル[2][3][4]。尾長10-12.5センチメートル[4]。肩高60-92センチメートル[2][3]体重オス80-145キログラム、メス55-90キログラム[4]。頭部は大型[3]。全身は長い体毛で被われる[2][3]。毛衣は黒いが、褐色や灰色の体毛が混じったり赤褐色の個体もいる[1][2]。胸部にアルファベットの「U」や「Y」字状の白や黄色、赤褐色などの斑紋が入る[2][3]

眼や耳介は小型[3]。鼻孔は閉じる事ができる[1][2]。鼻面は長い[1][3]。唇は突出し体毛がなく、吻端も含めて可動性は大きい[2]。上顎の門歯は左右に2本ずつで上顎中央部に門歯がなく、これによりシロアリを吸いこむのに適している[1][2][3][4]。前肢は内側へ向かい、後肢は短い[3]。指趾には湾曲した白く長い爪が生える[3]

分類[編集]

  • Melursus ursinus ursinus (Shaw, 1791)
  • Melursus ursinus inornatus Pucheran, 1855

生態[編集]

草原、有刺植物からなる低木林、湿度の高い常緑樹林などに生息する[3]夜行性[2][3]。湾曲した爪を使い木にぶら下がることも可能で[1][2]、その姿がナマケモノを連想させることが名前の由来[3]

食性は雑食で、主にシロアリを食べるが昆虫鳥類の卵、動物の死骸、果実蜂蜜なども食べる[2][3][4]。シロアリは唇と舌をすぼめてゴミを吹き飛ばしてから、吸いこんで食べる[1][2][3]

繁殖形態は胎生。繁殖期はインド北部の個体群は7月だが、インド南部の個体群は周年繁殖する[1][3]。妊娠期間は6-7か月[2]。地中の巣穴で1回に1-3頭(通常2頭)の幼獣を産む[1][2][3]。幼獣は生後3か月は母親と一緒に巣穴にひきこもる[1][3]。幼獣は生後1年6か月-3年は母親と一緒に生活し[2]、幼獣は母親の背中につかまって移動する[3][4]

人間との関係[編集]

胆嚢が薬用になると信じられている[3][5]。インドではオスの性器が媚薬に、骨や歯、爪が魔除けになると信じられている[5]。大道芸用に幼獣が罠で捕られることもある[5]

農作物に被害をもたらし、人を襲うこともある[5]。オリッサ州では1990-1995年度に66人が、マディヤ・プラデーシュ州では1989-1994年度に607人が本種によって死亡している[5]。他方で、人里に降りてきて人間になつきペット化した例も報告されている。

農地開発、放牧、木材および果実や蜂蜜などの採取、単一種の植林による生息地の破壊、乱獲により生息数は減少している[3][5]。インドでは法的に保護の対象とされ、自己防衛や防除目的以外の狩猟、部位の取引および輸出が禁止されている[5]

日本では1965年野毛山動物園が飼育下繁殖に成功した(1960年および1963年にも繁殖例があるが幼獣は生後4か月以内に死亡)[2]。現在は、札幌市円山動物園で飼育されている個体(メス)が日本に唯一存在する個体である。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、108-109頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、75-76、200-201頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、26-27、146頁。
  4. ^ a b c d e f g h Netrapal Singh Chauh, Shyamala Ratnayeke「ナマケグマ」『アジアのクマ達 -その現状と未来-』、日本クマネットワーク、2007年、iv頁。
  5. ^ a b c d e f g Netrapal Singh Chauh「インドのナマケグマの現状」『アジアのクマ達 -その現状と未来-』、日本クマネットワーク、2007年、26-32頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Garshelis, D.L., Ratnayeke S. & Chauhan, N.P.S. 2008. Melursus ursinus. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.