メガネグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メガネグマ
メガネグマ
メガネグマ Tremarctos ornatus
保全状況評価[a 1][a 2]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: クマ科 Ursidae
亜科 : メガネグマ亜科 Tremarctinae
: メガネグマ属
Tremarctos Gervais, 1855
: メガネグマ T. ornatus
学名
Tremarctos ornatus (F. Cuvier, 1825)
和名
メガネグマ
英名
Spectacled bear
Tremarctos ornatus distribution.svg
生息域

メガネグマTremarctos ornatus)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科メガネグマ属に分類されるクマ。現生種では本種のみでメガネグマ属を構成する。

分布[編集]

エクアドルコロンビアペルーベネズエラ西部、ボリビア[1][2][3]

形態[編集]

体長120-200センチメートル[3]。尾長5-7.5センチメートル[2]。肩高70-80センチメートル[2][3]体重オス130-200キログラム、メス35-65キログラム[2]。毛衣は黒や暗褐色[2]。目の周囲や喉に白や黄白色の斑紋が入り、個体によってはメガネのように見えることが和名の由来[1][2][3]。種小名ornatusは「装飾された」の意。斑紋は個体変異が大きい[3]。斑紋が入らない個体もいる[1][2]

咬筋が付着する下顎骨の窪み(咬筋窩)の数は2[2]上腕骨下部の内側に、神経や動脈が通る孔(内側上髁孔)があるとされる[2]

乳頭の数は4[2]

生態[編集]

主に標高1,800-3,300メートルにある雲霧林に生息するが、草原、砂漠や乾燥林にも生息する[2][3]夜行性で、昼間は大木の下や樹洞、樹上に木の枝を組み合わせた巣などで休む[1][3]

食性は植物食の強い雑食で、主に果実を食べるが木のアナナス類、ヤシ類)、樹皮昆虫、小型哺乳類なども食べる[3]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は160-225日[3]。1回に1-3頭の幼獣を産む[2][3]。オスは平均で生後5年、メスは生後4-7年で性成熟する[2]。飼育下では36年5か月の生存記録がある[3]

人間との関係[編集]

農地開発や道路建設による生息地の減少、毛皮目的や娯楽としての狩猟、害獣としての駆除などにより生息数は減少している[3]。生息地では法的に保護の対象とされている[3]。ペルー北部での1977-1979年における生息数は約850頭と推定されている[2]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、69、238頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、15-16、76頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、26-27、159頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Goldstein, I., Velez-Liendo, X., Paisley, S. & Garshelis, D.L. (IUCN SSC Bear Specialist Group) 2008. Tremarctos ornatus. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.