スマーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スマーフ英語Smurf)あるいはシュトロンフフランス語Schtroumpf)は、ベルギー漫画家ピエール・クリフォールの漫画に登場する架空の種族である。ヨーロッパのどこかの森の中に住んでいるという設定で、青色の肌をした小さな体をしている。英語圏では主にハンナ・バーベラ・プロダクションのアニメ番組を通して知られている。

歴史[編集]

誕生[編集]

1958年10月23日、ピエールが雑誌『スピルー』で連載していたバンド・デシネ漫画)『Johan & Pirlouit』(ジョアンとピルルイ)で、初めて登場した。

オリジナルにおけるスマーフの名称「Schtroumpf」は、ピエールによる造語である。ピエールへのインタビューによれば、友人と昼食を取っていた時に、塩を回してくれるように頼もうとして咄嗟に口走った言葉「passe-moi le schtroumpf」(シュトルンフを取ってくれ)から生まれた。後にこの名前は、30か国語以上に翻訳されることになる。オランダ語を含む多くの言語では、この単語は「Smurf」と訳されている。スマーフが登場する『ジョアンとピルルイ』は、フランスドイツでも出版された。この小さな青色の種族は人気を博し、すぐにスマーフ自身の漫画シリーズが開始された。このシリーズは大規模な成功を呼び起こした。

ピエールはインタビューで、彼自身のお気に入りの作品は『ジョアンとピルルイ』であり、スマーフの行き過ぎた成功にはしばしば不快感をつのらせていたと答えている。

漫画[編集]

スマーフの漫画はヨーロッパ、特にフランス語圏ではバンド・デシネの古典と考えられている。16巻以降は、ペヨの死後に別作者により執筆されており現在もシリーズは続いている。

日本では、1985年セーラー出版より『スマーフ物語』(訳・村松定史/編・小川悦子)全15巻として刊行された。日本語版は原書12巻分(各60ページ前後)までを40ページ前後に再構成したものである。図書館などへの売り込みには成功したものの、書店での売れ行き不振により1990年までに絶版[1]。キャラクター商品などによって人気が高まったことで2002年に新装版で復刊されたが[1]、その後再び絶版になる。

後述の映画版の公開に合わせて、2011年8月末に小峰書店より『スマーフ』として第1巻〜第3巻が復刊された。第4巻以後も順次復刊される。

  • 1: Les Schtroumpfs noirs (セーラー出版版:第1巻『黒いスマーフ』 / 小峰書店版:第1巻『スマーフ危機いっぱつ!』) - 1963年
  • 2: Le Schtroumpfissime (第2巻『キングスマーフ』 / 第2巻『キングスマーフ』) - 1965年
  • 3: La Schtroumpfette (第3巻『恋人スマーフェット』 / 第3巻『いとしのスマーフェット』) - 1967年
  • 4: L'oeuf et les Schtroumpfs (第4巻『スマーフと不思議なタマゴ』) - 1967年
  • 5: Les Schtroumpfs et le Cracoucass (第7巻『怪鳥クラッカラス』) - 1969年
  • 6: Le Cosmoschtroumpf (第9巻『コスモスマーフ』 / 第4巻『コスモスマーフ』) - 1970年
  • 7: L'apprenti Schtroumpf (第10巻『見習いスマーフ』 / 第6巻『見習いスマーフ』) - 1971年
  • 8: Histoires de Schtroumpfs (第11巻『スマーフコント集』、※アンソロジー集) - 1972年
  • 9: Schtroumpf vert et vert Schtroumpf (第12巻『スマーフ語戦争』) - 1973年
  • 10: La soupe aux Schtroumpfs (第13巻『スマーフスープと大男』) - 1976年
  • 11: Les Schtroumpfs olympiques (第14巻『オリンピックスマーフ』) - 1983年
  • 12: Le bébé Schtroumpf (第15巻『ベビースマーフ』 / 第5巻『ベビースマーフ』) - 1984年
  • 13: Les p'tits Schtroumpfs - 1988年
  • 14: L'aéroschtroumpf - 1990年
  • 15: L'étrange réveil du schtroumpf paresseux - 1991年
  • 16: Le Schtroumpf financier - 1992年
  • 17: Le Schtroumpfeur de bijoux - 1994年
  • 18: Docteur Schtroumpf - 1996年
  • 19: Le Schtroumpf sauvage - 1998年
  • 20: La menace schtroumpfs - 2000年
  • 21: On ne schtroumpfe pas le progrès - 2002年
  • 22: Le schtroumpf reporter - 2003年
  • 23: Les Schtroumpfs Joueurs - 2005年
  • 24: Salade de Schtroumpfs - 2006年
  • 25: Un enfant chez les schtroumpfs - 2007年
  • 26: Les schtroumpfs et le livre qui dit tout - 2008年
  • 27: Schtroumpf les bains - 2009年
  • 28: La Grande Schtroumpfette - 2010年
  • 29: Les schtroumpfs et l'arbre d'or - 2011年

アニメーション[編集]

1965年に90分の白黒アニメーション映画『Aventures des Schtroumpfs』が制作されたが、この作品はほとんど注目されず、現在もほとんど知られていない。

1976年に、『ジョアンとピルルイ』の映画化である『La Flûte à six schtroumpfs』(六つの穴のフルート)がベルギーのベルヴィジョン・スタジオで製作され長編作として公開された。

1970年代後半に、カリフォルニア州のWallace Berrie社から発売されたスマーフ関連商品は、アメリカで大ブームを巻き起こした。NBCの社長フレッド・シルバーマンは、土曜朝のラインナップにスマーフの番組を加えることを思い付き、1980年にハンナ・バーベラ・プロダクションの制作による『The Smurfs』がNBCで放映された。この番組は大規模な成功を収め、毎年のようにスピンオフ特番が制作され続けた。『The Smurfs』はデイタイム・エミー賞の子供向け番組賞を通算2回受賞し、また子供向けアニメ賞に通算5回ノミネートされている。

『The Smurfs』は1985年10月14日から1986年3月31日まで、『小さな森の精 あいあむ!スマーフ』の題で日本で放映された。放送時間は月曜19:30 - 20:00(JST)だが、1985年12月30日放送分と最終回は19:30 - 20:54にプロレス中継が編成されたため、19:00 - 19:30に繰り上げて放送した。

のちに『森のスマーフ』という題でも放映された。

テレビ東京 月曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
月曜テレビジョン
(19:03 - 20:54)
小さな森の精
あいあむ!スマーフ
世界のプロレス
(第2期)
(19:00 - 19:54)
HOTテレビ
(19:54 - 20:00)

映画[編集]

2011年ソニー・ピクチャーズ アニメーション製作・コロンビア映画配給で映画版が公開された。実写とCGIを合わせた作品であり、3D映画として公開された。2013年に続編『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』が公開された。

楽曲[編集]

オランダ人ミュージシャン・音楽プロデューサーのファーザー・エイブラハム(Father Abraham。Pierre Kartnerの変名)が、『The Smurf Song』(1977年発表)をはじめとしたスマーフ関連のレコード・CDを発表し、大ヒットした。

スマーフの世界[編集]

スマーフ[編集]

大半のスマーフは非常によく似た顔立ちをしている。具体的には男性の姿をしており、ちょうどリンゴ3個分の背丈しかなく、青い肌を持ち、短い尻尾を通すための穴を空けた白いズボンに、白い帽子と、各々を見分けるためのアクセサリー(例えばハンディスマーフは、普通のズボンの代わりにオーバーオール)を身に着けている。歩いたり走ったりするほかに、両足で飛び跳ねて移動することもある。好物はサルサパリラという葉である。ちなみにこの葉はとても苦く、人間の口には合わない。

レイジースマーフ(怠け者スマーフ)、グルーチースマーフ(気むずかし屋スマーフ)、ブレイニースマーフ(聡明スマーフ)などの、人間の各典型を満たすメンバーから構成される。スマーフは全員100歳であると言われており、通常は100人いる。この数字は新しいスマーフの登場により増加することもある。

以下の3人のスマーフは、他のスマーフとは顔立ちが異なる。

  • パパスマーフ - 542歳で白いあごひげをたくわえ、赤い帽子とズボンを愛用している。もっとも年長かつ賢いスマーフとして、パパスマーフは村の長老を務めている。
  • スマーフェット - 唯一の女性のスマーフ。他の男性のスマーフより繊細である。魔法使いガーガメルにより、わがままで硬い黒髪を持つスマーフとして作られた。パパスマーフの呪文により、白いドレスとハイヒールに、長く波打った金髪を持つ姿に生まれ変わった。
  • ベビースマーフ - コウノトリによってスマーフ村に持ち込まれた赤ん坊スマーフ。スマーフ村の人口を101人に増加させた。

スマーフ語[編集]

スマーフ語の特徴は、単語「スマーフ」の多用とその意味の様々な派生にある。日常会話では、会話がほとんど理解不能になるまでに、名詞や動詞が「スマーフ」に置換される。

「すばらしいね!」→「スマーフだね!」など

スマーフ村[編集]

スマーフは深い森の奥のどこかで、キノコで作られた家か、キノコのような形の家に住んでいる。後者は多くの場合石作りである。

スマーフの一覧[編集]

Papa Smurf(パパスマーフ)
声 -
Gargamel(ガーガメル)
声 -
Smurfette(スマーフェット)
声 -
Brainy Smurf(ブレイニー)
声 -
Hefty Smurf(ヘフティ)
声 -
Clumsy Smurf(クラムジー)
声 -
Painter Smurf(ペインター)
声 -
Jokey Smurf(ジョーキー)
声 -
Greedy Smurf(グリーディ)
声 -
Grouchy Smurf(グラウチー)
声 -
Lazy Smurf(レジー)
声 -
Handy Smurf(ハンディ)
声 -
Harmony Smurf(ハーモニー)
声 -
Vanity Smurf(バニティ)
声 -
Farmer Smurf(ファーマー)
声 -
Dreamy Smurf(ドリーミー)
声 -
Poet Smurf(ポエット)
声 -
Tailor Smurf(テイラー)
声 -
The Smurflings
声 -
Grandpa Smurf
声 -
Azrael(アズレール)
声 -

その他のメディア[編集]

スマーフのコスプレ

公共広告[編集]

2005年に、スマーフの村が軍用機により焼き払われる反戦広告がベルギーで放映された[2]。この広告はピエールの遺族の承認のもと、ユニセフにより制作され、夜9時以降に25秒間の公共広告として放送された。広告は蝶の舞う平和なスマーフ村が爆撃を受け、残された赤ん坊スマーフが地面に倒れ伏した両親の間で泣いている場面で終わる。最後のフレームでは、「戦争に子供を巻き込んではならない」とのメッセージが表示される。この広告はユニセフのベルギー支部が、ブルンジコンゴ民主共和国の元少年兵更生教育のための、70,000ポンドの資金を稼ぎ出すキャンペーンの要だった。この広告は論議を巻き起こし、複数の子供の親や市民を動揺させた。ユニセフのスポークスマンのフィリップ・エノンは、反応の70パーセントが好意的なものだったと述べている。

イメージキャラクター[編集]

日本では1979年雪印乳業のボール型チーズ「チーズキャッチ」のイメージキャラクターに起用された。これが日本におけるスマーフの初登場とされる[1]。CMでは「おやつだチーズだ! チーズキャッチ…」のフレーズでお茶の間に登場して以来、10年以上商品のパッケージに使われていた。

キャラクター商品[編集]

日本では、現在アパレル、バッグ、文具、雑貨など幅広いスマーフグッズが出ている。 キディランド原宿店やPLAZAなどで販売されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「スマーフ集めは止まらない──マイクインターナショナル、藤井龍幸氏(ブームを語る)」『日経MJ』2005年11月23日付、20頁。
  2. ^ UNICEF Anti-War Commercial Blows Up Smurfs - Adrants

外部リンク[編集]