スプリンクラー設備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラスバルブ式スプリンクラーヘッド

スプリンクラー設備英語:fire sprinkler)は、消防用設備の一つであり、 火災発生時に大量の散水で消火を図ることによる初期消火を主な目的とする設備である。一部の設備を除き自動的に作動する。

設備のコストは最も高いが、現在の所建物の火災時の安全を図るには良い設備といえる[1] [2]

火災で莫大な経済的損失を被るおそれのある大倉庫・工場や、火災が発生すれば消火が困難な高層建築物や地下街、特に福祉施設、病院ホテル百貨店等一旦火災が発生すれば大量の人命に関わる事態が懸念される場所で使用される。

歴史[編集]

自動的な消火装置のアイデアは古くからあるが、現在見る形になったのは全米防火協会英語版(NFPA)が規格を指定した19世紀末であろう。日本では明治期に紡績機械と共に輸入されたと言われているが、実際の普及は戦後、建築物の大型化が進んでからである。昭和30年代まではスプリンクラーヘッドはNFPA規格で消防用設備一般の規格自体殆どが損害保険料率算定会のものであった。これは米国同様、協会の指定する設備を設けた場合、火災保険料の大幅な値下げが得られたからである。算定会の規定は厳しく、かえって普及の妨げになる場合もあり、後に現在の消防法規格の設備が一般的になる。

現在でも、海外資本の場合、FMグローバル英語版(FM) NFPA規格等の外資民間損保規格による設備を要求される場合もある。この場合、日本の消防法で義務でない消火設備を任意で設置する。法の義務設置でなく規格も異なる為消防法に基づく検査は通常無いが施主の契約保険会社の厳しい検査がある。

外資でなくても、老舗百貨店等は日本損害保険協会仕様の消防法より厳しい基準のスプリンクラー設備を設置している。

設備が高額なので普及はすすまなかったが、病院・福祉施設・ホテル等でたび重なる火災により大量の死者が発生し暫時消防法が改正され設置義務範囲も拡大してきた。

構造[編集]

水源と加圧送水装置、配管、制御弁、流水検知装置(アラーム弁)、スプリンクラーヘッドからなる。

加圧送水装置としては、水源を兼ねた高架水槽や圧力水槽が使われる場合もあるが、制約が大きいので殆どが電動モータータービンポンプを採用している。電源には非常電源設備の付置が必要である。非常電源の代替として、ガソリンエンジンディーゼルエンジン駆動のポンプが用いられる場合もある。

古くは工場等でボイラ設備のある場合、蒸気駆動のウオシントンポンプが用いられた時代もある。

欧米では公設水道をそのままスプリンクラー設備に結合する場合も多いが、国内では水道法の制約が大きいため、住宅用の簡易なスプリンクラーにしか用いられず、普及の足枷ともなっている。

加圧送水装置以降の設備については数種の方式がある。

湿式[編集]

最も広く採用されている方式。

スプリンクラーヘッドは、火災時の熱により容易に溶ける合金(ヒュージブルリンク)や火災の熱で破裂する揮発性の液体(エーテル、アルコール等)を満たしたガラス球(グラスバルブ)で封じられている、閉鎖式スプリンクラーヘッドが用いられる。

一般的なスプリンクラーポンプは圧力タンクを付置して配管内に水圧を与えており、配管は制御弁と流水検知装置を経由してスプリンクラーヘッドに繋がっている。火災時、ヘッドが開いて流水が始まると流水検知装置が動作し、同時に圧力タンクの水圧が下がる。この二つの信号のいずれかにより、スプリンクラーポンプが起動し散水を継続させる。

流水検知装置はアラーム弁が多い。アラーム弁はその名の通り、流水が始まると圧力スイッチにより信号を発する他に、現在では損保仕様の場合のみに多いが、ウォーターモーターゴングへ送水しゴングの鳴動により火災の発生を知らせる役目を持つ。

スプリンクラーヘッドは火災が鎮火しても自動的に水は止まらない。放水を停止するためには、鎮火を確認したのちに、アラーム弁と同じ場所にある制御弁を人が閉じる必要がある。

スプリンクラーヘッドの問題点として、ぶつかり等による外部衝撃に弱く、それによって火災時以外に放水される水損事故が発生する場合がある。阪神淡路大震災能登半島地震ではスプリンクラー設備の破損による水損が多発した。また、高層マンションへのスプリンクラーの設置が義務づけられるようになり、設置数も増加している。そのため、それらの損害を防ぐスプリンクラーヘッドの技術開発が続けられており、「全周リング保持方式」や「ボール式耐衝撃型スプリンクラーヘッド」などが開発・販売されている。スプリンクラーヘッドの不慮の水損をバックアップするシステムとして「湿式予作動」がある。

乾式[編集]

寒冷地等で、凍結により散水不能や配管の破損のおそれのある場所で採用される。配管に圧縮空気を封入しておき、火災時ヘッドが開くことによって内圧が低下し、それにより乾式流水検知装置が作動し、引き続いて放水する構造になっているものである。

予作動式[編集]

電算室等、不慮の散水により莫大な損失を被るおそれのある場所で用いられる。自動火災報知設備等からの信号とスプリンクラーヘッドの開放の二つの動作がなければ散水しない構造である。したがって、単なるヘッドの破損等のみでは動作しない。

但し、設備が複雑なため設置費用が高額になるのが難点である。また、放水開始のタイムラグなど、装置の複雑化によるファクターの増大もある。

現在は、上記の放水遅れを解消した予作動湿式スプリンクラーも開発されている。この予作動湿式タイプのスプリンクラー設備は、一部のフロアーだけを予作動式にして、他のフロアは従来の湿式スプリンクラー設備とする構成も可能である。また、既存の湿式スプリンクラー設備において、流水検知装置など一部の部品を交換することで予作動湿式タイプに改修することも可能である。そのため、設備コストが大きく跳ね上がることもなく、重要なフロアーのみに、より安全で安心な消火設備を構築することが出来る[3][4]

開放式[編集]

舞台等で、閉鎖式スプリンクラーヘッドでは感知が遅くなり有効でない場合に、感熱部の無い開放型スプリンクラーヘッドと配管を配置し、火災時、人の手や火災報知設備等で起動させ、一定の範囲のスプリンクラーヘッドから一斉に散水し消火を図る設備である。舞台上の散水区画は数箇所に分けている。各バルブがどの位置に散水するバルブか判りやすいよう表示する必要がある。

放水型[編集]

ドーム・アトリウムや吹き抜け等の大空間では、開放式スプリンクラーさえ不適当な場合もある。このような場合は放水型ヘッドを用いたスプリンクラー設備が使われる。

放水型ヘッドには固定式のものと可動式のものがあり、大型の可動式ヘッドは、スプリンクラーというよりも放水銃に近いものである。放水型ヘッドを用いるスプリンクラー設備でも、システムの構成は開放式とほぼ同じだが、可動式のヘッドを利用するシステムでは、センサーで火災現場を特定し、放水銃の照準を合わせ放水したり、鎮火を確認したら自動的に放水を停止するなどの、より進んだ制御が行われることもある。また、大型のヘッドを用いるシステムでは、より効果的な放水のため、水流に圧搾空気を混入させることもある。

ただし、センサーが誤作動した時(例えば落雷電流等による作動)には甚大な水損が発生してしまう[5][6]

類似の設備[編集]

システム構成はスプリンクラー設備とほぼ同じだが、初期消火だけではなく延焼防止や輻射熱低下などの目的でも利用される設備である。消防法施行規則においては、スプリンクラー設備とは別に技術規準が定められている。

ドレンチャー設備[編集]

水幕防火設備の名称もある。システムの構成は開放式と酷似しているが、ドレンチャー設備は延焼の阻止を目的に設置される設備で、防火壁等の代替となり得る設備である。また、散水にもドレンチャーヘッドと呼ばれる専用の物が設置される。手動で起動する物が多い。大規模な木造の社寺仏閣等に良く用いられる。

水噴霧消火設備[編集]

機構は開放式スプリンクラーとほぼ同じであるが、こちらは放射水圧を高め、ヘッドも専用のものを使用して水を霧状に放射するものである。通常のスプリンクラー設備と異なり、消火だけではなく延焼防止や輻射熱低下などの目的で使用されることもある。主に可燃性液体をはじめとした危険物用であり、道路トンネル、駐車場、指定可燃物の貯蔵施設などに使用される[7]

付属設備[編集]

スプリンクラー用連結送水口、左側

スプリンクラーヘッドの配置の不要な階段・浴室・トイレ等にも散水できるように2号消火栓設備同様の消火用散水栓(補助散水栓)が設けられる場合がある。

また、水がなくなっても散水を続けられるように、消防隊からの水の供給を受ける為のスプリンクラー用連結送水口を置くのが一般的である。

規格[編集]

スプリンクラーヘッドは水圧0.1 MPa以上毎分80リットルの散水が可能な物である。近年は小区画型と称するヘッドもあり、これは水圧0.1 MPa以上毎分50リットルの規格である。毎分80リットルの標準型のヘッドは感熱部の鋭敏さで在来の物を二種、感度の鋭敏な物を一種としている。その他、ラック式倉庫用に毎分114リットルの散水をする特殊な物や、住宅用として設計され、水道管に直結して用いるものには毎分30リットルというものもある。

同時に開口し散水するスプリンクラーヘッドは普通の場合、二種のヘッドでは10個以上である。多い物では同時開口数40個以上の義務があるものもある。小区画型ヘッドや一種のヘッドは同時開口数が軽減される。

保有水量は消防法規格の場合、同時開口数×20分である。

実際の火災では1から3個程度で制圧される場合が多い。

ヘッドやアラーム弁は日本消防検定協会の検定機器、フレキ・ハウジング型継手やバタフライ弁類は日本消防設備安全センターの評定機器を使う必要がある。

FM規格の場合はFM Approvedの機器、NFPA規格の場合はUL Listed(アメリカ保険業者安全試験所認証)の機器を使う必要がある。

設計や設置業務(工事)を行うには消防設備士甲種1類の資格が必要である。また同資格者による工事着工前の工事整備対象設備等着工届出書(着工届)、設置後の消防用設備等(特殊消防用設備等)設置届出書(設置届)を、所轄消防署に提出するのが通例である。提出後、所轄消防署の消防検査があり、検査に合格すると検査済書が交付され建物使用開始が認められる。

建物使用開始後も有資格者による定期点検(通常年2回)を行い 維持管理する必要があり、所轄消防署に消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書を提出しなければならない。

特例[編集]

実際の火災ではスプリンクラーヘッド数個程度で火災が制圧される場合が圧倒的であるが、消防法では信頼性の面から厳しい規格を定めている。しかし、火災死者が減少せず、高齢化も進んだ事もあって、相当小規模な建築物にあってもスプリンクラー設備が必要と認識されるようになってきた。しかし、基本的に大規模の建築物のみを前提としたこれらの規格をそのまま小規模な建築物に適応するのは不可能でもある。

従って、グループホーム等の六項のロに含まれる小規模福祉施設で従来の如く専用の水源・加圧送水装置を設けずに毎分30リットル(準不燃材以上の内装仕上げの場合は毎分15リットル)の小区画型ヘッドを公設水道に直結可能として良い旨の消防規則に改定された。また、住宅用の水道直結スプリンクラーにあっても、作動時のみにスプリンクラー配管に給水する装置も開発された経緯もあるが、従前より停滞水対策が緩和され設備が簡易になる傾向にある。

欧米にあっては住宅用スプリンクラー設備は公設水道に直結するのが普通だが、日本の消防法は公設水道を消防用設備に用いると言う考え方がこれまでは全くと言っていいほど無く、また、水道事業者も消防設備用としては積極的な姿勢が見られなかった。

水道管直結については、現在の公設水道は殆どの場合スプリンクラーを動作させるに足る能力を持つが、水道管直結では水道契約上の口径に能力が支配されるし断水時には作動できない。

独自の水源を持ち、停電時と言えど大量のヘッドから同時に散水可能な旧来の基準の設備の方が散水能力・確実性が優れている事に違いは無い。

管理上の注意[編集]

もっとも信頼性の高い設備ではあるが、万一バルブが閉鎖されていたり、ポンプが動かなかったりすると全く機能しないので、送水停止には特に注意を払う必要がある。また、スプリンクラーヘッドのそばに間仕切りをしたり、物を置いたりすると、有効に散水できない可能性がある。有効に作動しないおそれがあるので、スプリンクラーヘッドには塗装をしてはならない。

水は自動的に止まらないため、状況によっては火災による被害よりも散水による被害のほうが上回る可能性がある。よって、スプリンクラー設備のある建物ではあらかじめ制御弁の場所を把握しておき、鎮火後は速やかに散水を止める必要がある。

製造メーカー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 室崎益輝、大西一嘉、中嶋久枝「535 建築物の防火コストとその効果に関する研究 : 自動火災報知設備、スプリンクラー設備、屋内消火栓設備、防火扉、防火シャッターによる評価モデル(建築計画)」、『日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系』第35号、社団法人日本建築学会、1995年6月13日、 389-392頁、 NAID 110007037586
  2. ^ 松山賢、池田憲一、山口純一、栗岡均、大宮喜文、若松孝旺「3057 室火災における燃焼抑制効果に関する研究 : その 1 スプリンクラー設備を対象とした実大規模実験の解析」、『学術講演梗概集. 構造系』第2号、社団法人日本建築学会、2002年8月2日、 133-134頁、 NAID 110003740083
  3. ^ 「予作動式(湿式)流水検知装置」株式会社 立売堀製作所
  4. ^ 「予作動式(湿式)システムへ改修のご提案」株式会社ニチボウ
  5. ^ 「放水型ヘッド等を用いるスプリンクラー設備」ホーチキ株式会社 Webカタログ
  6. ^ 長谷川晃一、佐々木元得、岩田安弘「新しい消火設備(2)水系消火設備」 空気調和・衛生工学, 第75巻, 7月号, p.595, 2001年
  7. ^ 「水噴霧消火設備とは」社団法人 東京消防設備保守協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]