ジャン=ルイ・バロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jean-Louis Barrault
ジャン=ルイ・バロー
ジャン=ルイ・バロー
(1952)
本名 ジャン=ルイ・バロー
Jean-Louis Barrault
生年月日 1910年9月8日
没年月日 1994年1月22日(満83歳没)
出生地 イヴリーヌ県、ル・ヴェジネ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 俳優、演出家、劇團主
活動内容 演劇・映画
配偶者 マドレーヌ・ルノー
主な作品
繻子の靴、天井桟敷の人々

ジャン=ルイ・バローJean-Louis Barrault1910年9月8日 - 1994年1月22日)はフランス俳優演出家、劇団主宰者。日本には、映画『天井桟敷の人々』のバチスト役、および、1960年、1977年、1979年の来日公演などにより、知られた。女優マドレーヌ・ルノーを妻とした。姪に女優のマリー=クリスティーヌ・バローがいる。

生涯[編集]

パリ西郊、イヴリーヌ県ル・ヴェジネ(Le Vésinet)の、薬剤師の家に生まれた。パリのシャプタル高等中学校(Lycée Chaptal)を卒業し、父の希望に背き、店員や中学校の自習監督係などを経て、1931年、シャルル・デュラン一座に入り、ベン・ジョンソン作、シュテファン・ツヴァイク および ジュール・ロマン脚色の『ヴォルポーヌ』の端役で、初舞台を踏んだ。

貧窮の中で、1935年から2年間、アトリエ座俳優学校のエティエンヌ・ドクルー(Étienne Decroux)に、パントマイムも学んだ。マルセル・マルソーがいた。1936年、ウィリアム・フォークナーの『母をめぐって』をアトリエ座で演出し、名を上げ、デュランの友人ルイ・ジューヴェにも、認められた。

1932年から1936年までジャック・プレヴェールポール・グリモークロード・オータン=ララらが組織したアジプロ劇団『10月グループ』(Groupe Octobre)の、メンバーでもあった。[1]

マドレーヌ・ルノーと(1952)

1939年(29歳)、第二次世界大戦に召集されて還り、1940年、臨時支配人ジャック・コポーに招かれ、コメディ・フランセーズに入座した。1943年正座員となりクローデルの『繻子の靴』を演出・上演したことは、ナチスによる被占領期の快挙として、記録されている。この頃、同座の女優マドレーヌ・ルノーと結婚した。1943年から1944年にかけて、『天井桟敷の人々』の撮影にかかわった。

1946年、改革の政令を不服として、ルノーと共にコメディ・フランセーズを去って『ルノー=バロー劇団』 (la compagnie Renaud-Barrault)を組織し、マリニー劇場(Théâtre Marigny)に10年契約を結んだ。

契約が切れた1956年以降、一座は地方都市や外国へ、旅興行を続けた。

1959年、時の文化相アンドレ・マルローが、オデオン座をコメディ・フランセーズから分離し、フランス劇場(Théâtre de France)と名付け、『ルノー=バロー劇団』に預けた。バローはそこで自らの演劇活動を行うかたわら、『諸国民演劇祭』(Théâtre des nations)をもよおし、アメリカの『リヴィング・シアター』(The Living Theatre)を招くなど、世界の演劇に門を開いた。

1968年、五月革命の学生らに劇場の占拠を許したかどで、劇団はオデオン座を追われ、その暮から翌春まで、闘技小屋のエリゼ・モンマルトル(Élysée Montmartre)、1974年から1980年までオルセー駅内の仮設小屋などで興業したのち、1981年、時の文化相ジャン=フィリップ・ルカ(Jean-Philippe Lecat)の斡旋で、ロン・ポワン劇場(Théâtre du Rond-Point)に落着いた。

ルノー=バロー劇団は、1960年、1977年、1979年の3回、来日した。[2]

1994年1月、心臓発作により、パリに没した。同年9月に後を追ったマドレーヌ・ルノーと、パッシー墓地に眠っている。

50本近い映画に出演した。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

再演は記さない。

アトリエ座時代

  • 1935年:フォークナー、『母をめぐって』、演出
  • 1937年:セルバンテス、『ヌマンシアの包囲』、演出
  • 1939年:クヌート・ハムスン、『飢え』、演出

コメディ・フランセーズ時代

マリニー劇場時代

オデオン座時代

  • 1959年:クローデル、『黄金の頭』
  • 1960年:イオネスコ、『犀』
  • 1961年:ジロドゥ、『ユディット』
  • 1961年:フェイドー、『晴には君と歩けない』(Mais, n'te promène donc pas toute nue)
  • 1961年:ジョルジュ・シェアデ(Georges Schéhadé)、『旅』 (Le Voyage)
  • 1961年:オベイ、『リュクレースの凌辱』(Le Viol de Lucrèce)
  • 1962年:ラシーヌ、『アンドロマック』
  • 1963年:イオネスコ、『空中歩行者』
  • 1963年:サミュエル・ベケット、『幸福な日々』 (Oh les beaux jours)、ブラン(Roger Blin)演出
  • 1964年:フランソワ・ビエドゥー(François Billetdoux)、『曇の中を通るべし』 (Il faut passer par les nuages)
  • 1965年:デュラス(Marguerite Duras)、『木立の中の日々』
  • 1966年:ジャン・ジュネ、『屏風』、ブラン演出
  • 1966年:シェイクスピア、『ヘンリー4世』
  • 1967年:フローベル、『聖アントワーヌの誘惑』、ベジャール演出
  • 1967年:エドワード・オールビー、『微妙なバランス』
  • 1967年:ナタリー・サロート、『静寂』 (Le Silence)
  • 1967年:ナタリー・サロート、『嘘』 (le Mensonge)

仮住まい時代

  • 1968年:ジャン=ルイ・バロー、『ラブレー』 (Rabelais)、エリゼ・モンマルトル、演出
  • 1970年:ジャン=ルイ・バロー、『丘の上のジャリ』 (Jarry sur la butte)エリゼ・モンマルトル、演出
  • 1973年:モリエール、『町人貴族』、コメディ・フランセーズ、演出
  • 1974年:ニーチェ、『ツァラトゥストラはかく語りき』、オルセー駅内仮設劇場
  • 1976年:三島由紀夫、『サド侯爵夫人』オルセー駅内仮設劇場
  • 1977年:ヴィリエ・ド・リラダン、『新世界』、オルセー駅内仮設劇場
  • 1978年:『千夜一夜物語』、オルセー駅内仮設劇場(大魔法サーカス團と共演)

ロン・ポワン劇場時代

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1935 みどりの園
Les beaux jours
レネ
1936 ジェニイの家
Jenny
美しき青春
Hélène
ピエール
楽聖ベートーヴェン
Un grand amour de Beethoven
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
1942 幻想交響楽
La symphonie fantastique
エクトル・ベルリオーズ
1944 泣きぬれた天使
L'ange de la nuit
ジャック
1945 天井桟敷の人々
Les enfants du paradis
ジャン・バチスト/ガスパール・ドビュロー
しのび泣き
La part de l'ombre
Michel Kremer
1950 輪舞
La ronde
ロベルト(詩人)
1959 コルドリエ博士の遺言
Le testament du Docteur Cordelier
コルドリエ博士 テレビ映画
1962 史上最大の作戦
The Longest Day
ルイ・ルーラン神父
1966 チャパクア
Chappaqua
ブノワ博士

参考文献[編集]

日本語訳された著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]