マリー=クリスティーヌ・バロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー=クリスティーヌ・バロー
Marie-Christine Barrault
生年月日 1944年3月21日(70歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1966年 -
配偶者 ダニエル・トスカン・ドゥ・プランティエ( ? - ? )※離婚
ロジェ・ヴァディム(1990年 - 2000年)

マリー=クリスティーヌ・バロー(Marie-Christine Barrault, 1944年3月21日 - )は、フランス女優

略歴[編集]

パリ生まれ。フランスの男優ジャン=ルイ・バローと、その妻で女優のマドレーヌ・ルノーの姪にあたる。映画監督ロジェ・ヴァディムの最後の妻でもある。 フランス国立高等演劇学校にて演劇を学んだ。

1975年の『さよならの微笑』はアメリカでも高く評価され、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。『さよならの微笑』はのちにハリウッドでもイザベラ・ロッセリーニテッド・ダンソン主演の『今ひとたび』としてリメイクされた。

最初の夫でプロデューサーのダニエル・トスカン・ドゥ・プランティエとの間に2子(デヴィッド、アリアン)あり[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • モード家の一夜 Ma nuit chez Maud (1969年)
  • Le Distrait (1970年)
  • 危険な来訪者 Les intrus (1971年)
  • Femme entre chiens et loups (1974年)
  • さよならの微笑 Cousin, cousine (1975年)
  • Perceval le Gallois (1978年)
  • 恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ La Grande Menace (1978年) - 日本未公開
  • スターダスト・メモリー Stardust Memories (1980年)
  • L'Amour trop fort (1981年)
  • 5人のテーブル Table for Five (1982年)
  • ドイツの恋 Un amour en Allemagne (1983年)
  • 愛の翼/マ・シェリ Ma cherie (1983年)
  • スワンの恋 Un amour de Swann (1984年)
  • 背徳の女/地獄を見た女たち Le junon rouge (1987年) - 日本未公開
  • 檻の中の熱い吐息 Prisonnieres (1988年) - 日本未公開
  • 黒の過程 L'Œuvre au noir (1988年)
  • 欲望のトライアングル Sanguines (1988年) - 日本未公開
  • Jésus de Montréal (1989年)
  • 宮廷円舞曲 Dames galantes (1990年)
  • Bonsoir (1994年)
  • Azzurro (2000年)
  • La Disparue de Deauville (2006年)

参考文献[編集]

  1. ^ Marie-Christine Barrault - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]