シュールストレミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュールストレミングの缶を開けたもの

シュールストレミングスウェーデン語: surströmming [sʉ̌ːʂtrœmːɪŋ] スーシュトレンミング)は、主にスウェーデンで生産・消費される、塩漬けのニシンの缶詰。その強烈な臭いから、「世界一臭い食べ物」と評されることもある。

スウェーデン語で「スール (sur)」は「酸っぱい」を、「ストレンミング (strömming)」は「バルト海産のニシン」を意味する。フィンランド語のhapansilakkaも同じ意味で、hapankalaは「酸っぱい魚」を意味する。

概要[編集]

中世ヨーロッパでは肉の替わりに、塩漬けの魚(タラ、ニシン)が盛んに流通していたが、保存にはが必要だった。 北欧に位置するスウェーデンではニシンは豊富に獲れたが、製塩に必要な日射もも乏しく、塩は貴重品だった。 このため、樽で薄い塩水に漬ける保存方法が用いられたが、固形の塩と層状に詰め込む塩蔵保存に比べ、腐敗は防げても、発酵は止められなかった。 しかし、貴重な塩を節約して(通常では耐え難いほどの臭気を発する水準まで極度に発酵するが)ニシンを保存出来ることは、14世紀頃にはすでに広まり、17世紀には王軍の主要な糧食とされるに至った。

製造には、バルト海で4月から5月に獲れた産卵期直前のニシンを材料とする(これはかつて、勅令で定められていた)。 90kg入りの中に、頭とワタを除いたニシンを薄い塩水に漬け、12~18℃で10~12週間発酵させる。販売の解禁日は、8月の第3木曜日とされている。 発酵食品のため食べ頃があり、発酵が進みすぎると液状化する。商品によって切り身のままのもの、頭や腸も使っているもの、カズノコが一緒に入っているものなどがあるが、カズノコは食べるべきでないとされている。

缶詰[編集]

19世紀に缶詰が実用化されて以降、缶の中で発酵を継続させる形式のシュールストレーミングが出現してきた。缶詰は7月に製造され、9月に食べ頃となる。

通常、缶詰は保存食として製造されるため、内容物は滅菌される。しかしシュールストレミングは、日本の漬け物の様に発酵状態を保ったまま缶詰にされ、缶の中で発酵が進行する。 密封状態で発酵させるため、発生したガス二酸化炭素など)圧によって丸く膨らむ。こうした状態の缶はスウェーデン各地のスーパーマーケットでよく見られる。

開封する際は、そのガスによって汁が噴出すると臭いが広範囲に拡散するため、屋外で開けることが推奨されている[1]。 噴出を抑える手段として、水中で開封する事も行われるなど開け方はいくつかあるが、缶を傾け内部にガスだまりを作ってそこに缶切りを突き立てる方法が最も一般的である。

後発酵食品なので、保管環境により匂いや味が大きく異なり、インターネット上で行われている「試食会」等のレポートでは、その反応にかなりの差が見られる。

2014年2月、ノルウェーにて25年間に渡り放置された缶詰が小屋から発見され、爆発物処理班と缶詰の専門家が出動して処理にあたった。中身は具材の原型を留めず液体状で臭気も酷く食用に堪えられなかった[2]

入手方法[編集]

多くの航空会社では、飛行中の気圧低下により内圧の高いシュールストレミングの缶が破裂して周辺の荷物に悪臭が染み付く恐れがあるとして、航空機内への持込みを禁じている[3]。このため気圧変化が少ない船舶輸送以外では輸入できなくなった。ヨーロッパから日本までの船舶輸送には最短37日から2ヶ月近くかかり、また北欧の低い気温での保存を前提とする本品は、冷蔵せずに熱帯を通過して輸送されると日本では固形部分が残っていないことがある。

2011年現在、上記の空輸禁止措置と日本政府によるニシンのIQ(輸入割当制度)による輸入量制限などで日本国内では川口貿易のみ輸入しているが、それ以外にインターネット通信販売でも購入が可能である。

なお、殺菌を行わないことから日本では缶詰の定義から外れ、JAS法などに基づき「缶詰」と標記できない。

臭い[編集]

気密性が高い缶の中で二次発酵を進めているのは、Haloanaerobiumと呼ばれる嫌気性細菌の1種である。この細菌が醗酵の過程で、強い悪臭を生成している。悪臭物質として、刺激臭のプロピオン酸、腐ったのような硫化水素、腐ったバターのような酪酸、酸っぱいにおいのする酢酸などである。

その強烈な臭いは、魚が腐った臭い、または生ゴミを直射日光の下で数日間放置したような臭いともいわれる。臭気指数計ではくさやの6倍以上 (8070 Au) の値を示す[4]

シュールストレミング 8070
ホンオフェ 6230
エピキュアーチーズ(缶詰チーズ) 1870
キビヤック 1370
くさや(焼きたて) 1267
鮒寿司 486
納豆 452
くさや(加熱前の干物) 447
沢庵漬け(古漬け) 430
臭豆腐 420

数字はアラバスター単位 (Au) による測定。

食べ方[編集]

トゥンブロード(薄いパン)を、シュールストレミング、ジャガイモ、タマネギと食べる。

塩気が強いので、ジャガイモニラポテトサラダトマト赤すぐり赤カブを付け合わせにするか、スライスしたタマネギブラーナヤギ乳のバタークリームシナモンを加えたもの)とともにクリスプ(堅パンまたはクラッカー)に載せて食べる。

室内で食べると臭気がなかなか消えないので、屋外で食べることが多い。場合によっては食べる前にウォッカなどの酒類、または牛乳などで洗うこともあり、アクアビット(北欧の蒸留酒)で洗うと3~4割臭みが減る[5]という。

主にスウェーデン北部で食べられ、南部などそれ以外の地域での消費量は少ない。

効果[編集]

目に良いとされており、白内障や緑内障防止になると言われている。民間療法ではあるが実際に効果があったという声は数多い。しかし医学界では未だに認められていない。

公式Tシャツ[編集]

2012年4月、株式会社スペースアイランドが一般公募による「シュールストレミング公式Tシャツデザインコンテストの開催を発表。シュールストレミングの日本唯一の正規輸入代理店である川口貿易が公認するTシャツとして、本コンテストでグランプリに輝いた作品が商品化された[6]。 シュールストレミングの体験者のみが購入できるという条件があり、「買ったことがある」「食べたことがある」「においを嗅いだことがある」のいずれかを満たすことが必要。

参照[編集]

[ヘルプ]
  • 塩の世界史(上)、第八章 北方の夢(マーク・カーランスキー 著、山本光伸 訳、中央公論新社、2014年)

外部リンク[編集]